【正直辞めたい】つまらない仕事=我慢して耐えるべき?対策2選で【科学データありで解決】

【耐えるべき?】仕事がつまらない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もうイヤだ…仕事が退屈すぎて、毎日がつまらない…。

いつになったら、この苦痛から解放されるのか…いつまでガマンして耐えるべきなのか。。

いっそ、会社を辞めたいレベル…人生を楽しむどころか、働くほど不幸になってる気が。。

…でも、少なくとも2、3年は継続できないと「忍耐力がない!」って非難されそうで怖い。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【もう無理】退屈な仕事に耐える意味とは…→突破口は『スキルアップの有無』⁉︎
▶︎科学的な「2つの克服策」で【完璧に解決】記事の後半にて詳しく解説

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【正直辞めたい】つまらない仕事=我慢して耐えるべき?対策2選で【科学データありで解決】

【もう無理】退屈でつまらない仕事に耐える意味とは…→突破口『スキルアップの有無』⁉︎

 

【必見】本サイトでは、あなたのキャリアの苦しみを解決すべく、科学データをもとに、改善策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの仕事の悩みは、きっと打開できますから

 

わたしと一緒に、克服していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「退屈な仕事でも、ガマンして耐えるべき…?」を解決するカギは、『スキル アップの有無』

 

いまの職場に留まることで、あなたの職業的なスキルにとって「プラスになるかどうか?」に目を向けるのが吉です。

 

…さぁ、ご自身について振り返ってみてください。

 

あなたが従事している仕事で、将来のキャリア アップに役立つスキルが身につくでしょうか?

 

あるいは、いまの会社の業務をこなしていった先で、あなたの「前向きなキャリア像」が描けますか?

 

…反対に、事務的なルーティン ワークに終始し、おなじことを くり返す「スキル不要&単調な作業」をしていないか。

 

ここで一度、冷静にチェックしてみてください。

 

…もしも「いまの仕事が、将来のキャリア選択に貢献するとは思えない…」と感じるなら、、要注意。

 

じつは、心理学の研究によると、現在の “延長線上” で未来をイメージできない人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・衝動的な言動が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・不安、イライラ感が悪化
・借金やクレカの負債額が増加
・将来的な貯金額が “25%” もダウン
・自己コントロール力(自制心)がダウン…など

(参考 文献:『スタンフォードの自分を変える教室』『最高の体調 ACTIVE  HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると「現在の自分 × 未来の自分像」にミスマッチがある人ほど、メンタルが悪化し、金銭的にも失敗しやすくなるのですね。。

 

専門的に『自己じこ 連続性れんぞくせい不一致ふいっち』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

反対に、↓下図のように「現在 × 未来」のイメージが一致している人ほど、以上のすべてをメリットへと転換できるのだそう。

 

【自己連続性の一致】

 

なので逆にいうと、現在の つまらない仕事が「将来的に、じぶんのキャリアに役立つ!」と思えるなら、耐える価値アリ。

 

分かりやすくいうと、いまの苦痛を乗り越えたさきに「仕事 能力が身につく!」と確信できるなら、ガマンも一手です。

 

断言できます。

 

退屈でつまらない業務に耐える or 見限るの判断 基準は、あなた自身の『スキル アップの有無』にありですよ。

 

【危険】退屈でつまらない仕事=人生の “リスク” ⁉︎

 

ただ一方で、↓以下のような意見もあるかもしれません。

 

上司
上司

たとえ、退屈でつまらない単純 作業だとしても、コツコツ努力していれば報われるはず!

仕事の不満やグチを言うまえに、まずは目の前の作業に集中して取り組むべきだ! 

 

かなりキツめの言い分ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、日本には「忍耐=美徳」と考える風潮がありますよね。

 

となれば、ここは1つ周囲と歩調を合わせて、苦痛に耐えて今後の糧(かて)とするのも、1つの方法論かも。

 

…しかし、1つだけ反論を。

 

ただ一方で、明確な目的もないまま、ただひたすらに思考 停止して耐える “リスク” もまた、、あると思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、単調で つまらない仕事に就く人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

▶︎心身のデメリット
・免疫力が悪化
・抑うつ気分が悪化
・問題 解決力がダウン
・集中、注意力がダウン
・モチベーションがダウン
・早死リスクが “約63%” 悪化…など

 

▶︎仕事のデメリット
・労働 生産性がダウン
・将来的な収入がダウン
・仕事の満足度がダウン
・職場での欠勤率が悪化
・昇給、昇進しにくくなる
・業務パフォーマンスがダウン…など

(参考 文献:『幸せな選択、不幸な選択ー行動 科学で最高の人生をデザインする』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、退屈なルーティン ワークを続けがちな人ほど、心身ともに不健康になり、経済的・キャリア的にも失敗しやすいのだそう。。

 

…ここで1つ、冷静に考えてみてください。

 

現代は「寿命100年」とも呼ばれ、わたしたち20〜30代が80才くらいまで働き続ける…と予想される時代。

 

そして、想像してみてください。

 

成長もスキル アップも期待できないまま、つまらない仕事に耐え続ける “不幸すぎる末路” を。

 

「若さ」や「時間」といった限りある資源を浪費して、好きでもない業務で働きつづける “絶望の未来” を。

 

「そんな真っ暗な人生、ぜったいに楽しくない…」。

 

「現状を打開して、もっと面白みのある仕事がしたい」。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「退屈でつまらない仕事に耐えるなんて…」を脱却すべく、科学的な「2つの克服策」を解説

 

▶︎価値観の再認識
▶︎撤退路の用意

 

にゅー
にゅー

「社会人なら、苦痛な業務にも耐えるのが当たり前…?」と悩むときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で対処】退屈でつまらない仕事に耐えるのが、もう限界…→2つの克服策で【すべて解決】

 

さて、まず初めに紹介するのは『価値観の再認識』についてです。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたには、生涯を賭(か)けて成し遂げたいと思う「人生の野望」や「強い願望」などはありますか?

 

あるいは、情熱・やりがいを持って取り組めるような「生きがい」や「生きる目標」を お持ちでしょうか?

 

というのも、心理学の研究によると、人生の目標を設計できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだとか。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感がアップ
・社交性がアップ
・共感力がアップ
・マイナス思考が改善
・恐怖、不安感が改善
・記憶力の低下を防ぐ
・モチベーションが改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・良い対人 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力が改善
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率がアップ
キャリア選択に成功しやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改善
・不眠になりづらくなる
・ナチュラルキラー細胞が活性化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、あなた自身の夢・希望を明確化することで、心身ともに安定し、金銭的・職業的な成功も収めやすくなるのですね!

 

わたしたち日本人は「不屈の努力=美徳」と捉えがちですが、まず何よりも最優先すべきは『価値観の把握』。

 

たとえるなら、あなたの生きる指針を設定することは、キャリアという荒波を泳ぐ “コンパス” を手にするようなもの。

 

仕事の不平・不満を抱えながら、それでも全力で努力して逆境を乗りきれる人たちが持つものが、 “人生の道しるべ” 。

 

そこで、↓以下の記事では認知 行動療法でも使われる『ACT』という手法を参考に、あなたの価値観に迫っていきます。

 

ぜひ ご参照くださいね。

 

 

【科学が実証】『万が一の撤退路』を用意すべし!

 

さて、さいごは『撤退路の用意』について紹介です。

 

さぁ、ここからがメインテーマ。

 

あなただけに お話しますが、、「仕事が退屈で…」を脱出できない人の96〜99%には、1つの “失敗パターン” が。。

 

それは、無料 支援サービスの利用という、 “具体的な退避ツール” を準備できていないこと。

 

いいかえると、いまの職場に留まることに囚われてしまい、ほかの会社に移るという “逃げ道” を備えられずにいる。

 

かんたんにいうと、ほかの解決策を考慮できなくなっているのですね。

 

…率直な指摘で、すみません。

しかし、確かな事実。

 

反対に、つまらない仕事から抜け出せるビジネス パーソンは みんな、じぶんだけの “撤退 手段” を確保しているもの。

 

みな口に出さないだけで、いつでも仕事を辞められるように、もしもに備えた “逃げの一手” を準備しているものです。

 

…そうでなくては、厳しいビジネスの世界で生き残るなんて、、とうてい無理な話でしょうから。

 

その証拠に、心理学の研究によると「ストレス状況への対抗策を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理ですね。

 

ちなみに、わたしは個人 事業主として働いている今でも、常に「3つ以上の転職サービス」を “次善の策” として活用。

 

というのも、いつまでも自前のビジネスで食べていける保証なんて、だれもしてくれないからです。

 

にゅー
にゅー

タダで利用できる大手サービスを “第2の刃” として確保しておくことで、万が一に備えているのですね!

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに必要なのは、不遇な環境から脱すべく「打開の一手を用意すること」なのだと。

 

にゅー
にゅー

「もう仕事 辞めたい…苦痛に耐えるのがツラすぎて…」と感じる今こそ、科学データを参考に行動していきましょう!

 

【まとめ】つまらない仕事にも耐えるべき?→退屈な毎日を打破する答えは【あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聴いてくださった あなたに、心から感謝します。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「周りの意見に合わせるデメリット」について。

 

研究データによると、周囲の考えに同調しがちな「協調性の高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・昇進、昇格率がダウン
・将来の年収が ”約100万円“ もダウン
・組織内で管理職、重役に就ける確率がダウン
・世間的な財務 信用度(クレジット・スコア)がダウン…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

 

にゅー
にゅー

まとめると、世間の常識や社会のルールに合わせがちな人ほど、仕事キャリア・金銭的に失敗しやすい傾向に。。

 

 

いま振り返ると、わたしが「あのとき行動して良かった…」と思うのは、すべて『みずからの意志で動いたこと』。

 

「じぶんの頭で考えて、成功に踏み出した経験」が、いまでも “精神的な支柱” として、わたしの心を支えてくれています。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

このまま退屈でつまらない仕事に耐えつづけ、将来に希望を見出せない “悲痛な未来” を送るのか。

 

それとも、一念 発起して行動をスタートさせ、あなた自身の “可能性ある未来” に向けて歩き出すのか。

 

あなたが望むのは、どんな人生でしょうか?

 

きっと、大丈夫。

 

ここまで、わたしの話に耳を貸してくれた賢明な あなたなら、ぜったいに前向きな運命へと変えていけるはず

 

わたしは、そう信じています。

 

にゅー
にゅー

このさきの未来を変えられるかどうかは、すべて『あなた自身の選択』にかかっていますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました