【クソつまらない】仕事が死ぬほど退屈で楽しくない…→対策2選で【科学的にすべて解決】

【死ぬほど仕事がつまらない】 Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界…死ぬほど仕事がつまらない…。

職場に行っても退屈で、時間が経つのが遅すぎ…人生をムダに生きてる感じがする。。

いっそ、可能なら退職したいレベル…これ以上、なんの面白みもない仕事を続けたくない。。

いまの会社で働くことに、1つも意義を見出せない…あと40年も、いまの生活が続くなんて。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【死ぬほど退屈】仕事がつまらない…→『向き・不向きの再確認』で脱却⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【完璧に克服】詳しくは記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【クソつまらない】仕事が死ぬほど退屈で楽しくない…→対策2選で【科学的にすべて解決】

【死ぬほど退屈】クソつまらない仕事のせいで、毎日が苦痛…→『適性の再確認』で脱却⁉︎

 

【必見】当サイトでは、あなたのキャリアの苦しみを打開すべく、科学データをもとに、解決策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの仕事の苦悩は、きっと解消できますから

 

わたしと一緒に、克服していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事が死ぬほどつまらない…毎日が退屈…」を解決するカギは、『向き・不向きの再確認』

 

あなた自身の「適性」や「性格」を再認識し、単調なルーティン ワークに向いているか否かを見直すのが、最優先。

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

いまの会社で、あなたの個性・強みを台無しにする「退屈な業務」を担当させられていないでしょうか?

 

あるいは、事務的な作業がニガテなのにも関わらず、細かい経理の仕事やデスク ワークを強(し)いられていませんか?

 

たとえるなら、あなたに合わない業務を強制されることは、サッカー選手がバレーの練習をさせられるようなもの。

 

サッカーのアスリートは、白黒のボールを蹴ってこそ輝けるもの。

 

…そう思いませんか?

 

その証拠に、産業 心理学の研究によると、適性にマッチしない仕事をする人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、価値観・考えが合わない職場に居続ける人のほうが、メンタルが悪化し、成果も上げられなくなるのですね。。

 

なので、断言できます。

 

あなたの「仕事が死ぬほどつまらなくて…」を打開するファースト ステップは、『向き・不向きの見直し』にアリだと。

 

【悲報】つまらない仕事=キャリアの “大損失” ⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような意見もあるかもしれませんね。

 

上司
上司

「働くこと=死ぬほど退屈」だ思うなら、仕事を面白くするような工夫を講じればいいだろう!

1日8時間・週5日も会社にいるんだから、じぶんで楽しみを作り出していかないダメだ!

堪え性を身につけないと、社会人としてやっていけないぞ!

 

かなり厳しめの反論ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、どこの職場でも求められるのが、ある程度の「忍耐力」。

 

となれば、ここは1つ「退屈な業務=ガマン強さを身につける機会」だと割り切って、仕事に取り組むのも一手かも。

 

…しかし、です。

 

一方で、死ぬほどつまらない仕事に耐え続けるより、楽しく作業に没頭できる人のほうが、高い生産性を出せるはず。

 

あるいは、面白みのある業務を担当できる「幸せな社員」のほうが、きっと高いモチベーションをキープできるはず。

 

…そう考えることも、可能だと思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、職場での幸福感が高い人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・病欠率が減少
・離職率が減少
・労働 生産性がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・売上をアップさせやすい
・健康レベルを維持しやすい
・良い対人 関係を築きやすい
・高収入、高賃金になりやすい
・業務パフォーマンスがアップ
・リーダー シップを発揮しやすい…など

(参考 文献ー『幸福 優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式 最新 成功理論』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事で幸せを感じられる社員のほうが、心身ともに健康で、経済的・キャリア的にも成功しやすくなるのですね!

 

専門的には『幸福 優位性(こうふく ゆういせい)』とよばれる心理 傾向ですね。

 

分かりやすくいうと、わたしたちは「楽しい仕事」に従事できるほど、心身ともに健康で高いパフォーマンスを発揮。

 

反対に、べつの研究によると、つまらない苦痛な業務をこなす社員ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだとか。

 

▶︎心身のデメリット
・免疫力がダウン
・抑うつ気分が悪化
・問題 解決力が低下
・集中、注意力が低下
・モチベーションが低下
・早死リスクが “63%” も悪化…など

 

▶︎仕事のデメリット
・仕事の生産性が悪化
・欠勤、病欠率が悪化
・昇給、昇進率がダウン
・将来的な年収がダウン
・職場への満足度がダウン
・業務パフォーマンスが悪化…など

(参考 文献:『幸せな選択、不幸な選択ー行動 科学で最高の人生をデザインする』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、死ぬほど退屈な仕事を続けてしまう人ほど、ストレス状態が悪化し、キャリア人生でも失敗する傾向に。。

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

「人生100年」と言われる現代で、熱意も幸福も奪われる仕事に就くことが、どれほどの “不幸な未来” を生むのか。

 

スキルアップも期待できず、低賃金・低年収へと落ちていくことが、どれだけ孤独と孤立を生む “悲痛な末路” となるか。

 

「そんな人生、絶望でしかない…」。

 

…そう感じませんか?

 

そこで、このさきでは「会社の仕事が死ぬほど退屈で…」を解消すべく、科学的な「2つの突破口」を紹介です。

 

▶︎価値観の見きわめ
▶︎複数の解決策を準備

 

にゅー
にゅー

「働くのがつまらない…毎日が苦痛すぎる…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で対処】死ぬほど仕事がつまらない…→退屈な日々を打開する【2つの突破口とは?】

 

さて、1つ目に お話するのは『価値観の見きわめ』について。

 

…ここで1つだけ、あなたに質問させてください。

 

あなたには、生涯を賭(か)けて追求したいと思える「人生の目標」や「達成したいこと」はあるでしょうか?

 

あるいは、情熱・やりがいを傾けられるような「生きがい」や「大事な価値観」はありますか?

 

というのも、心理学の研究によると、生きる目的を設計できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感が改善
・共感スキルが改善
・社交スキルが改善
・恐怖、不安感が減少
・ネガティブ思考が改善
・モチベーションが改善
・ストレス抵抗力が改善
・良い対人 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力がアップ
・将来的な年収がアップ
・長期的な貯蓄率が改善
仕事キャリアで成功しやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改良
・睡眠の質が良くなる
・ナチュラルキラー細胞が活発化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、人生のゴールを明確化できている人のほうが、メンタル・フィジカルともに健康で、職業的にも成功しやすい傾向に!

 

たとえるなら、あなた自身の価値観を見定めることは、キャリア選択という困難を乗りきる “道しるべ” を持つようなもの。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも使われる『ACT』という技法を参考に、あなたの価値観を再認識していきます。

 

ぜひ ご参照くださいね。

 

 

【科学が実証】『複数の解決策』を備えるべし!

 

さて、さいごは『複数の解決策を準備』について解説です。

 

そして、ここからがメイン テーマ。

 

あなただけに お話ししますが、、「仕事が死ぬほど退屈で…」を脱出できない人の95〜98%には、1つの “共通点” が。

 

それは、「じぶんに選べる解決策は、たくさん世の中にある」という真実に気づけていないこと。

 

いいかえると、つまらない職場に留まることに囚われ、ほかの選択肢に意識を向けられなくなっている。

 

シンプルに、視野が狭まってしまっているのですね。

 

…キツい言い方で、すみません。

しかし、確かな事実。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス環境にあるときほど、問題 対処力が低下しやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス(悲観的な先入観)』などと呼ばれる心理ですね。

 

最悪なことに、、仕事のせいでメンタルが不安定になっているときこそ、かえって課題を解決できなくなる傾向に。。

 

反対に、ほかの研究によると「ネガティブな状況への対抗策を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだとか。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理 傾向です。

 

分かりやすくいうと、わたしたちは万が一に備えた “逃げ道” を確保できれば、苦しい環境を打破できるようになる。

 

そこで、↓以下8つを参考に「選択の幅を広げる」のも一手ですね。

 

・キャリア関連の本を読む
・転職イベントに参加する
・職業カウンセリングを試す
・プログラミング体験にトライ
・興味がある業種、業界を研究
・在宅ワーク可の職場をリサーチ
・関心のある副業を開始してみる
・無料の支援サービスを活用してみる…など

 

にゅー
にゅー

「もう無理…死ぬほど仕事がつまらない…」と感じる今こそ、科学データを参照しつつ動いていきましょう!

 

【まとめ】死ぬほど退屈でつまらない仕事を解消するには?→たった1つの答えは【あなたの行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで、わたしの話に耳を貸してくれて、ほんとうにありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「5つの人生の後悔」について。

 

研究 結果によると、わたしたちが人生を振り返るとき、↓以下5つの「強い悔やみ」に さいなまれやすいのだそう。

 

「起業する自信を持っていたら〜…」
「もっと学校で勉強しておけば〜…」
もっと早く会社を辞めておけば〜…」
お金なんかのために仕事しなければ〜…」
「直感にしたがって正直になっておけば〜…」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

しかも「仕事キャリアの悔やみ=人生レベルでの後悔」だと証明されています。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

このまま現状 維持に甘んじることが、あなた自身の “人生の悔やみ” に影響していないかと。

 

「あのとき、思い切って動いておけば…」という “キャリアの悔やみ” が、あなたを苦しめることにならないかと。

 

あなたを苦痛から救い出してくれるのは、たった1つ『あなた自身の行動』だけ。

 

このさきの未来を変えられるかどうかは、いまこの瞬間の『あなた自身の選択しだい』なのです。

 

きっと、大丈夫。

 

ここまで、わたしの話に耳を傾けてくれた賢明な あなたなら、ぜったいに前向きな人生を歩んでいけるはずから。

 

わたしは、そう強く信じます。

 

にゅー
にゅー

明るい未来を、あなた自身の手で掴んでいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました