【楽だけど退屈】仕事がつまらな過ぎて、毎日が苦痛…→対策2選で【科学データありで解決】

【楽だけど退屈】仕事がつまらないUncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

はぁ…仕事は楽だけど、毎日がつまらない…。

安定して給料がもらえるのはいいけど…このさき40年 以上も、退屈さにガマンしなきゃなんて。。

やりがいも情熱も感じられないし、なんのために働いてるのか…どんどん自信が失くなるわ。。

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

いまの会社に居続けたら、自分がダメ人間になりそう…スキルも身につかないし、将来が不安。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【真実】仕事がつまらない…→解決策は『スキルアップの可否』⁉︎
▶︎科学的な「2つの改善策」で【完璧に克服】詳細は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【楽だけど退屈】仕事がつまらな過ぎて、毎日が苦痛…→対策2選で【科学データありで解決】

【真実】退屈でつまらないけど、楽な仕事を続けるべき?→解決策は『スキルアップの可否』⁉︎

 

【注意】当記事では、あなたのキャリアの悩みを解消すべく、科学的なデータをもとに、改善策を発信していきます。

 

ぜったいに、大丈夫。
あなたの苦しみは、きっと解決できますよ

 

わたしと一緒に、克服していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「事務的なルーティン ワークで、仕事が退屈…」を解決するカギは、『スキル アップの可否』

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

いまの仕事を続けたさきに、あなたの将来に前向きなキャリアが描けますか?

 

5年後、10年後の自分像が、シッカリと具体的にイメージできるでしょうか?

 

…反対に、 “不明確なキャリア像” しか思い描けず、将来に 漠然 ばくぜんとした不安を抱えていませんか。

 

じつは、心理学の研究によると、現在の自分 × 未来の自分像に不一致がある人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・衝動的な言動が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・不安、イライラ感が悪化
・借金やクレカの負債額が増加
・将来的な貯金額が“25%” もダウン
・自己コントロール力(自制心)がダウン…など

(参考 文献:『スタンフォードの自分を変える教室』『最高の体調 ACTIVE  HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、現在の “延長線上” に未来が見えない人ほど、メンタルが悪化し、経済的にも失敗しやすくなるのですね。。

 

専門的に『自己 連続性の不一致』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

なので、いまの仕事が楽だったとしても、将来的なキャリア形成がイメージできないなら、、考え直す必要アリかも。

 

さらに、現代は「寿命100年」とも言われ、就職→定年→老後の生活というライフ スタイルが困難な時代。

 

退屈でつまらない、しかもスキルも身につかないとなれば、、いざ転職 市場に放りだされたら “恐怖” でしかない。

 

…そう思いませんか?

 

たとえるなら、有用な資格・能力も持たずに年を重ねることは、小学生レベルの知能のまま大学 受験に挑むようなもの。

 

なので、断言できます。

 

「楽だけど、仕事が退屈でつまらなくて…」を打開する “第一歩” は、『スキルアップの有無』に目を向けることにアリだと。

 

【危険】「つまらない仕事」を続ける末路とは…

 

ただ一方で、↓以下のような反論もあるかもしれません。

 

ビジネスマン①
ビジネスマン①

このご時世に、楽な仕事に就けるなんて最高じゃん!

かりに退屈だとしても、安定的に給料がもらえて、定時で上がれるだけでも御の字なのに…この贅沢者!

つまらない業務にはガマンして、私生活を充実させればOKじゃない?

 

たしかに↑上記にあるとおり、現代の日本は「ブラック企業」が幅を利かせる “狂った時代” 。

 

となれば、ここは1つ「仕事=生活費を稼ぐ手段」と割り切って、退屈さはプライベートで穴埋めするのも一手かも。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、長々と つまらない仕事を続ける “リスク” もまた、、あると思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、退屈な業務に従事しがちな社員ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

▶︎心身のデメリット
・免疫力が悪化
・抑うつ気分が悪化
・問題 解決力がダウン
・集中、注意力がダウン
・モチベーションがダウン
・早死リスクが“約63%” 悪化…など

 

▶︎仕事のデメリット
・労働 生産性がダウン
・将来的な収入がダウン
・仕事の満足度がダウン
・職場での欠勤率が悪化
・昇給、昇進しにくくなる
・業務パフォーマンスがダウン…など

 

▶︎対人 関係のデメリット
・人間 関係が悪化しやすくなる
パートナーと破局、離婚しやすくなる…など

(参考 文献:『幸せな選択、不幸な選択ー行動 科学で最高の人生をデザインする』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、楽だけど実りない仕事を続ける人ほど、心身ともに悪化し、さらに人間 関係や将来のキャリアにも悪影響が。。

 

なので、つまらない職場で働き続けることは、真綿(まわた)で首を絞められるようなもの。

 

 “生かさず殺さず” で、飼い慣らしされるようなものなのです。

 

…ここで1つ、冷静に考えてみてください。

 

「楽だけど退屈な仕事」と隣り合わせなのが、スキル アップの見込めなくなること。

 

いわゆるマック ジョブ(誰でもできる業務)に近いので、共働きが当たり前の現代では、、かなりキツい選択でしょう。

 

そして、想像してみてください。

 

30才そこそこの年齢になって、転職に役立つスキルも持たないまま、労働 市場に放り出される “恐怖の未来” を。

 

低賃金・低年収へと追いやられ、友だちや家族、それから人生のパートナーにまで見放される “悲痛の末路” を。

 

「そんな生活、ぜったいに耐えられない…」。

 

「現状を打開して、明るい未来を手にしたい」。

 

…そう感じませんか?

 

そこで、このさきでは「楽だけど、仕事が退屈でつまらない…」を解消すべく、科学的な「2つの打開策」を紹介

 

▶︎価値観の見直し
▶︎複数の解決策を用意

 

にゅー
にゅー

「つまらない仕事が、もう精神的に限界…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【克服法】楽だけど、退屈でつまらない仕事に対処するには?→2つの改善策で【すべて解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の見直し』について。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたは、生涯を賭(と)して成し遂げたい「生きる目的」や「人生の目標」を持っているでしょうか?

 

あるいは「給料の安定」や「仕事の楽さ」を超えるような、人生で守り抜きたい “大切な価値観” はありますか?

 

じつは、心理学の研究によると、みずからの価値観を明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感がアップ
・社交性がアップ
・共感力がアップ
・マイナス思考が改善
・恐怖、不安感が改善
・記憶力の低下を防ぐ
・モチベーションが改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・良い対人 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力が改善
・将来的な収入がアップ
・長期的な貯蓄率がアップ
キャリア選択に成功しやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改善
・不眠になりづらくなる
・ナチュラルキラー細胞が活性化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、じぶんの生きる目標を見定めている人のほうが、メンタル・フィジカルともに健康で、経済的にも成功しやすい傾向に!

 

たとえるなら、人生のゴールを見きわめることは、ビジネスという荒波を泳ぐ “ガイド ライン” を手にするようなもの。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも利用される『ACT』という手法を参考に、あなたの価値観を再認識していきます。

 

ぜひ ご覧くださいね。

 

 

【科学が保証】『複数の解決策』を用意せよ!

 

さて、さいごに解説するのは『複数の解決策を用意』について。

 

そして、ここからがメインテーマ。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事がつまらなくて…」を克服できない人の9割 以上には、1つの“失敗パターン” が。

 

それは「じぶんに選べる解決策は、たくさん世の中にある」という事実に気づけていないこと。

 

分かりやすくいうと、いまの職場に留まること “だけ” に意識が向いてしまい、ほかの選択肢を検討できずにいる。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのですね。

 

…ストレートな指摘で、すみません。

けれど、真実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にあるときほど、問題 解決力がダウンしやすい」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』呼ばれる心理です。

 

残念なことに、、メンタルが不安定になっているときほど、かえって問題に対処できなくなってしまうのですね。。

 

反対に、ほかの研究によると「いくつもの解決策を考慮できる人ほど、課題 対処力がアップしやすくなる傾向」に。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的には『クリティカル シンキング(批判的な思考)』と呼ばれるテクニックですね。

 

そこで、↓以下のような方法で「解決策の幅を広げること」が、現状を打破する “起死回生の一手” になるかもです。

 

・キャリア関連の本を読む
・余力で副業を始めてみる
・職業カウンセリングを試す
・就職イベントで知見を広げる
・資格 取得、スキル向上に努める
・無料 支援サービスを活用してみる…など

 

にゅー
にゅー

「楽なのはいいけど、仕事が退屈でつまらない…」と感じる今こそ、科学データを参考に行動していきましょう!

 

【まとめ】楽だけど、仕事がつまらない…→退屈な毎日を解消するには?【答:あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聴いてくださった あなたに、心から感謝します。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「決断を先延ばしにするデメリット」について。

 

研究データによると、行動を後回しにしがちな人ほど、将来の年収がダウンし、キャリア選択に失敗しやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

いま思えば、わたしが「あのとき動いていて良かった…」と感じるのは、すべて『即断 即決で起こした行動』でした。

 

…さぁ、頭の中に思い浮かべてみてください。

 

現状 維持に甘んじたさきにあるのは、あなたの可能性を潰す “絶望的な未来” かも。。

 

反対に、いますぐ動き出した先で掴めるのは、行動できた自分への自信と “希望ある未来” 。

 

あなたが欲しいのは、どちらの未来でしょうか?

 

明るい未来を掴めるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択 次第』です。

 

きっと、だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話に耳を傾けてくれた聡明なあなたなら、ぜったいに前向きな運命へと変えていけるはず

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう強く信じます!

 

人生の決定権は、あなたが握っていますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました