【もう飽きた】仕事が退屈でつまらない…辞めるが吉?→対策2選で【科学データをもとに解決】

【つまらない】仕事に飽きたUncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

もう限界…変化がなさすぎて、仕事に飽きた…。

毎日、つまらない作業を くり返すだけの日々…まるで “奴隷 労働” を強制されてるみたい。。

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

モチベーションが湧かないから、成長できる見込みも立たないし…このままじゃ、将来が心配。。

新しい刺激がない環境が、こんな苦痛だなんて…あまりに単調すぎて、頭がおかしくなりそう。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【辞めたい】もう仕事に飽きた…→突破口は『向き・不向きの再認識』⁉︎
▶︎科学的な「2つの克服法」で【完璧に解決】詳細は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【もう飽きた】仕事が退屈でつまらない…辞めるが吉?→対策2選で【科学データをもとに解決】

【辞めたい】仕事に飽きたせいで、毎日がつまらない…→突破口は『向き・不向きの再認識』⁉︎

 

【必読】当サイトでは、あなたのキャリアの悩みを解決すべく、科学的なデータをもとに、打開策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの苦しみは、きっと克服できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「もう仕事に飽きた…業務がつまらない…」を解決するカギは、『向き・不向きの再認識』

 

あなたの心理 傾向を “より客観的に” 把握し、変化を好む「飽きっぽい性格」かどうかを理解することが、第一歩。

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

毎日おなじ作業を くり返すことは、あなたにとって脳が焼き切れそうになるほどツラいことでしょうか?

 

あるいは、事務的なルーティン ワークをすることで、発狂しそうなほど苦しんだ経験はありませんでしたか?

 

じつは、性格 心理学の研究によると『開放性(好奇心)』が高い人ほど、単純 労働を苦痛に感じやすいのだそう。

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

にゅー
にゅー

ちなみに、わたしは上位5%の「好奇心が強いタイプ」だそうで、単純 作業を強いられるアルバイトを、半日で辞めた経験アリです!

 

なので、わたしたちのような飽きやすい人間にとって、変化に乏(とぼ)しい職場に居続けることは “拷問” に等しい。

 

たとえるなら、ミスマッチな環境に居続けることは、バレー選手が野球のグラウンドで活躍しようとするようなもの。

 

バレーのアスリートは、コートの上でこそ輝けるもの…ですよね?

 

そして、あなたと私に向いているのは「IT業界」や「芸術・デザイン系」のほか、頭を使う「研究系の仕事」など。

 

ともかく、わたしたちのように「もう仕事に飽きた…」と感じやすいタイプは、変化のある環境に身を置くのが吉。

 

むしろ、工場 勤務や経理・事務といった単調な職種に就くと、将来の成長やキャリア アップが阻まれるリスク“大”

 

ですので、断言できます。

 

「仕事がつまらない…さすがにもう飽きた…」を打開する “さいしょの一歩” は、『向き・不向きの把握』にアリですよ。

 

【朗報】20〜30代の転職=将来のキャリア アップ⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような考えもあるかもしれません。

 

上司
上司

いくら仕事に飽きたからといって、会社を辞めるなんて言語 道断

忍耐力が身につかないと、どこに職場でも やっていけないぞ!

「石のうえにも3年」の精神で、退屈な業務にも耐えるべし!

 

かなりキビシイ意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、どこの会社でも求められるのが「継続力」や「ガマン強さ」。

 

となれば、ここは1つ退屈な仕事を「ゲーム化」して、つまらない作業を乗り切るべく工夫してみるのも一手かも。

 

…しかし、です。

 

20〜30代といった「若い時期の転職」が、後のキャリア選択にプラスになるという可能性も、、あると思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、↓以下のデータが証明されています。

 

「キャリア早期にジョブ ホッピング(職を転々とすること)を経験することは、↓以下のメリットに影響しやすいと分かった」
・将来的な年収がアップ
・管理職、経営 役員に就ける確率が“約9倍” アップ…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、若いころに複数の転職をする人ほど、将来の収入がアップし、職業的にも成功しやすくなるのですね!

 

理由としては「キャリア早期に転職を重ねる=チャレンジ回数が増える」ということで、職業的に成功しやすくなるのだそう。

 

世間では「ジョブ ホッピング=人生オワコン」と脅してきますが、、科学的には むしろ “キャリア転換のチャンス” 。

 

ちなみに、脳科学の研究によると、わたしたち人間の脳みそは「公私を分けて、区別することができない」のだそう。

(参考 文献:『進化心理学から考えるホモサピエンス 一万年変化しない価値観』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

つまり、一般的に言われる「会社 業務に飽きたなら、私生活を充実させて〜…」という意見は、科学的に “不可能” 。

 

おなじように、休日は会社のことを忘れてリフレッシュ…という考えも、科学データに照らしてみると ”意味ナシ“ 。

 

脳は仕事とプライベートを2つに分けて考えられないので、業務の退屈さは「人生 全般」に悪影響してしまうのです。

 

なので、いっそ「仕事に飽きた」ことを逆手に取って、今後の将来に活かす…という選択もアリですね。

 

【悲劇】「給料=退屈さのガマン料」と考えると…

 

お気をつけください。

 

退屈でつまらない仕事に耐え続けることは、あなたのキャリア選択にとって “汚点” となる危険アリですので。

 

…おどすような言い方で、すみません。

けれど、確かな真実。

 

というのも、心理学の研究によると「給料=苦痛のガマン代」と捉えがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・人生の幸福度がダウン
・目標の達成率がダウン
・モチベーションがダウン
・業務パフォーマンスがダウン…など

(参考 文献:『その科学があなたを変える』『「幸せをお金で買う」5つの授業』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、義務感でイヤイヤ働く社員のほうが、モチベーションが上がらず、成果も出せなくなることに。。

 

なので、一般的に言われがちな「お金もらってるんだから、ガマンすべき!」という意見は、全力スルーが吉です。

 

さらに、ほかの研究データによると、ヒマで単調な仕事を続けがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心身のデメリット
・免疫力が悪化
・抑うつ気分が悪化
・問題 解決力がダウン
・集中、注意力がダウン
・モチベーションがダウン
・早死リスクが“約63%” 悪化…など

 

▶︎仕事のデメリット
・労働 生産性がダウン
・将来的な収入がダウン
・仕事の満足度がダウン
・職場での欠勤率が悪化
・昇給、昇進しにくくなる
・業務パフォーマンスがダウン…など

(参考 文献:『幸せな選択、不幸な選択ー行動 科学で最高の人生をデザインする』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、つまらない業務にガマンしがちな社員のほうが、メンタルが悪化し、経済的・キャリア的に失敗しやすい傾向に。。

 

ただ一方で「来月まで30万くらい貯金したいから、いまだけはガマンする!」と、短期的に割り切るのはアリかも。

 

「目的を持った貯蓄」や「投資 資金の準備」のために働くのは、つまらない仕事を乗り切るエネルギーになるはず。

 

…しかし、世間でありがちな「給与=ガマン料」という考え方は、長期的なキャリア形成という点ではマイナス。

 

さぁ、イメージしてみてください。

 

このさき40〜50年 以上にわたり、飽きてしまった仕事とともに沈んでいく “絶望の未来” を。

 

将来の成長も期待できないまま、低スキル・低賃金に怯えつづける “不幸すぎる末路” を。

 

「そんな生き方、ぜったい楽しくない…」。

 

「現状を切り抜けて、面白みのある人生にしたい」。

 

…そう感じませんか?

 

そこで、このさきでは「もう仕事に飽きた…働くのがツラい…」を打開すべく、科学的な「2つの克服法」を解説です。

 

▶︎価値観の見極め
▶︎撤退 手段の用意

 

にゅー
にゅー

「いまの職場で働くことに、心底 飽きた…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学で対処】仕事に飽きたせいで、毎日が退屈でつまらない…→2つの克服法で【すべて解決】

 

さて、1つ目に お話するのは『価値観の見極め』について。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたには、生涯を賭(と)してチャレンジしたいと思える「人生の目標」や「生きる目的」がありますか?

 

あるいは、こころから情熱・やりがいが湧くような「生きがい」や「大切な価値観」を お持ちでしょうか?

 

というのも、心理学の研究によると、人生のゴールを明確化できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだとか。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感が改善
・共感スキルが改善
・社交スキルが改善
・不安、恐怖感が改善
・ネガティブ思考が改善
・モチベーションが改善
・ストレス抵抗力が改善
・良い対人 関係を築きやすくなる…など

 

▶︎職業的なメリット
・注意、集中力がアップ
・将来的な年収がアップ
・長期的な貯蓄率が改善
仕事キャリアで成功しやすくなる…など

 

▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改良
・睡眠の質が良くなる
・ナチュラルキラー細胞が活発化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、生きる目標を再認識できている人のほうが、心身ともに健康で、キャリア選択でも成功しやすくなる傾向に!

 

たとえるなら、あなた自身の価値観を見きわめることは、ビジネスという海を泳ぐ “案内図” を手にするようなもの。

 

「もう仕事に飽きた…毎日がつまらない…」と感じるときこそ、あなたが大切にしている “人生の目印” を見直すのが吉。

 

↓以下の記事では、心理カウンセリングでも使われる『ACT』という方法を参考に、あなたの価値観を再設計していきます。

 

ぜひ ご参照くださいね。

 

 

【科学が実証】『撤退 手段』を用意すべし!

 

さて、さいごは『撤退 手段の用意』について解説します。

 

そして、ここから先が本題。

 

あなただけにコッソリお話しますが、、「毎日が退屈で…」を脱却できない人の95〜98%には、1つの“共通点” が。

 

それは、無料 転職サービスの活用という、“万が一の脱出ツール” を確保できていないこと。

 

いいかえると、すでに飽きてしまった仕事をスパッと捨てきれず、ほかの打開策に目を向けられなくなっているのです。

 

…キツい言い方で、すみません。

しかし、事実です。

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

「キミ、もう明日からウチの会社に来ないでいいよ」。

 

責任者から↑上記のように宣告されたとき、仕事から解放されたという気持ちと同時に、強い恐怖感を覚えませんか?

 

「いきなりクビを言い渡されたら、明日からの生活に困るんだけど…」と、不安に思わないでしょうか?

 

…そう。

 

いま、あなたが感じているマイナス感情こそが、もしもに備えた “逃げ道” を確保できていないということ。

 

研究データでも示されているように、わたしたちは現状を打破する “退却路” を準備できないと、心身ともに悪化しやすくなる。

 

その証拠に、生理心理学の研究によると、↓以下のことが証明されています。

 

回避 不能なストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすいことが分かった」

 

▶︎メンタルへの悪影響
・不安、恐怖感が悪化
・問題 解決力がダウン
・ネガティブ思考が悪化
・モチベーションが悪化
・決断力、判断力が悪化
・記憶力、思考力が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・自信(自尊心)がダウン…など

 

▶︎フィジカルへの悪影響
・免疫力が低下
・睡眠の質が悪化
・細胞の老化が進行
・短命になりやすくなる…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』『オプティミストはなぜ成功するか』)

 

にゅー
にゅー

まとめると「どこにも逃げ場がない…」という絶望感が悪化するほど、メンタル・フィジカルともに悪影響が。。

 

…さぁ、胸に手を当てて考えてみてください。

 

「仕事がつまらない…毎日が退屈で、苦痛すぎる…」といったストレス。

 

できるなら、すぐにでも職場の問題から逃れたい。

仕事の悩みから解放されて、もっと明るい人生を歩みたい。

 

…そう思いませんか?

 

にゅー
にゅー

「もう、いまの会社で働くことに飽きた…」と感じるいまこそ、科学データを参照しつつ動き出しましょう!

 

【まとめ】毎日が退屈でつまらない…→仕事に飽きたときの対処法とは?【答:行動だけが正解】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「現状維持に甘んじるデメリット」について。

 

研究 結果によると、決断を先送りにしがちな人ほど、将来の年収がダウンし、キャリア選択に失敗しやすくなる傾向に。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

思えば、わたし自身が「あのとき動いていて良かった…」と感じるのは、すべて『みずからの意思で起こした行動』。

 

大病を患(わずら)って人生に絶望したときも、 “即断 即決” で動いたことだけが、わたしを苦痛から救ってくれた。

 

…さぁ、頭のなかに思い浮かべてみてください。

 

行動を後回しにしたさきにあるのは、あなた自身のキャリアを後悔する “不幸すぎる未来” 。

 

反対に、勇気を出して一歩 踏み出したさきには、苦境から抜け出せる “可能性ある未来” が。

 

あなたが望むのは、どちらの未来でしょうか?

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話を傾聴してくださった賢明なあなたなら、きっと前向きな人生とへ変えていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう強く信じます!

 

このさきの運命を変えられるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択しだい』ですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました