【恐怖を克服】仕事に自信がない…働くのが怖い…→2つの打開策で【科学データを基に解決】

【仕事が怖い】自信がない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

はぁ…仕事に行くのが怖い…。

明日もまた、業務でミスして上司に怒鳴られるかなぁ…怒られたくて、出勤してるわけじゃないのに。。

毎日まいにち、仕事で失敗して罵声を浴びせられるだけの日々…ストレスが限界、、もうウンザリ。。

いっそ、会社を辞めたほうがいいのかも…でも、生活のこともあるし、踏ん切りがつかない。。

じぶんに自信を持ちたい…もっと勇気が欲しい。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【断言】仕事に自信が持てないとき→『心配のスケジュール化』で【克服せよ⁉︎】
▶︎科学的な「2つの克服法」で【完璧に解決】※事の後半にて解説

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【恐怖を克服】仕事に自信がない…働くのが怖い…→2つの打開策で【科学データを基に解決】

【断言】仕事が怖い…→自分に自信が持てないときは『心配のスケジュール化』で【克服せよ⁉︎】

 

【注意】本記事では、科学的なデータ・根拠をもとに、仕事の悩みを解決する方法について発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの苦しみは、絶対に解消できますから。

 

わたしと一緒に克服していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事に行くのが怖い…またミスしたら…」を克服するカギは、『心配ごとのスケジュール化』にアリ

 

かんたんにいうと、前もって「ネガティブ感情に向き合う時間」を決めておくことが、仕事への恐怖心が解消するはず。

 

専門的には『心配スケジューリング』と呼ばれるテクニックですね。

 

その証拠に、心理学の研究によると、あらかじめマイナス感情に向き合う時間を決めた人ほど、↓以下のメリットを受けやすい傾向に。

 

・心配性が改善
・恐怖心、不安感が改善
・ストレス抵抗力がアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、事前に「不安ごとについて考える時間」を作るほうが、ストレスに強く、メンタルが安定しやすくなるのです!

 

たとえるなら、時間にメリハリをつけずに考え込むことは、校長 先生の話をダラダラと聞き続けるようなもの。
正直、、苦痛ですよね。

 

なので、↓以下を参考例として、あなただけの「仕事の怖さに向き合う時間」を設けるのがオススメ。

 

▶︎「朝食を食べてから10〜15分だけは、仕事のストレスについて考えよう」
▶︎「職場で昼ごはんを食べたあと、10分だけ仕事のグチ・不満について書き出す時間を作ろう

 

【厳禁】「マイナス思考の反復」を回避せよ!

 

…と、ここで1つ質問させてください。

 

ここ最近、朝から晩まで仕事について考え込んでいませんか?

 

時間が許すかぎり、「またミスしたらどうしよう…」と苦しみ続けていないでしょうか?

 

もっとも避けるべきは、時間を区切ることなく、ズルズルと仕事について悩み続けること。

 

ネガティブ思考をリセットすることなく、脳内が「仕事が怖い…」で支配され続けるのが “最悪” なのです。

 

↓以下のイメージですね。

 

仕事 “” 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

新しい業務を割り振られたけど、またミスするかもしれない…うまくできないかもしれない。。どうしよう…どうすればいいんだ。。

↓ ↓

仕事 “” 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

やっと1日が終わった。。…けど、明日もまた新しい仕事がある。。失敗したらどうしよう…上司に怒られるの怖いよぉ。。どうやって解決すれば。。

 

その証拠に、心理学の研究によると、頭の中でマイナス思考が くり返されがちほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・幸福度がダウン
・社交力がダウン
・睡眠の質が悪化
・対人 関係が悪化
・抑うつ気分が悪化
・不安、焦燥感が悪化
・仕事 満足度がダウン
・問題 解決力がダウン
・ストレス抵抗力がダウン
・自尊心(自信)がダウン
・学習、仕事 成績がダウン
・人生のコントロール感がダウン…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』

 

にゅー
にゅー

つまり、際限なく「働くのが怖い…」と考え込むことで、メンタルの状態が悪化し、仕事 成果まで上がりづらくなることに。。

 

なので、仕事への自信を失くしているときこそ、あなたが感じている「恐怖心」や「不安感」をスケジュール化すべきですよ。

 

【科学的な対処法】「最悪の未来」を想定せよ⁉︎

 

あるいは、↓以下のように「最悪の未来+対応策」を想定しておくのも吉です。

 

▶︎最悪の未来
「仕事のミスが続いたら、いまの会社を辞めないとダメなのかなぁ…?」
「業務に自信が持てないままだと、窓際 会社員に追いやられるかも…?」

↓ ↓

▶︎対応策
「もし会社をクビになったら、バイトでも始めて生活費に困らない状況を作ればOK!
「いまの職場に居づらくなったら、転職 or 退職も視野に入れて行動しよう!

 

専門的には『防衛的ペシミズム(悲観的な思考)』と呼ばれる技法ですね。

 

その証拠に、心理学の研究によると、積極的に「最悪の将来」を考えた人のほうが、失敗や挫折に強くなる傾向に。

(参考サイト:将来への不安の【効率的な消し方】

 

むしろ、あいまいなイメージのままネガティブ思考になる人ほど、ミスを連発しやすいことが分かっています。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

あなたが考える「最悪の仕事ケース」は、どんな未来でしょうか?

 

あなたがイメージする「人生の末路」は、どんな方法なら対処できると思いますか?

 

仕事が怖くて自分のスキルに自信が持てないときこそ、より具体的に「最悪の未来」を想像するのが良しですよ。

 

だいじょうぶ。

 

あなたが感じている不安や恐怖は、かならず「前に進むチカラ」に変えられますから。

 

そこで、このさきでは「仕事が怖い…自信が喪失ぎみ…」を解消すべく、科学データに基づいた「2つの打開策」を紹介

 

▶︎セルフ  コンパッション
▶︎複数の選択肢をもつ

 

にゅー
にゅー

「仕事に行くのが怖い…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【働くのが怖い】仕事に自信が持てない…ツラい…→科学的な2つの打開策で【完全に解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『セルフ  コンパッション』というテクニックについて。

 

直訳すると「じぶんへの思いやり」「みずからを受け入れる心」といった意味ですね。

 

じつは、仕事への恐れや自信の無さなどの原因は、ほとんどが「自分 自身を受け入れられてないこと」にアリ。

 

その証拠に、心理学の研究によると、自分を受け入れられてない人ほど、おなじミスを何度も くり返す傾向にあるのだそう。

 

また他にも、セルフ コンパッションができてない人は、↓以下のデメリットを受けやすいことが分かっています。

 

・自制心が悪化
・共感性が悪化
・衝動性が悪化
・やる気がダウン
・抑うつ気分が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・自己コントロール感がダウン
・「成長に繋がる努力」を放棄しがち
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りやすくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自罰的になりがちな人のほうが、メンタルが悪化しやすく、むしろ仕事の失敗・ミスも増える傾向に。。

 

とくに「他人との比較」は、メンタルを悪化させる “最悪の手段” だと確認されています。

デキる社員と比べてたら、心が落ち着くはずもナシなので。

 

わが国には「じぶんに厳しくすべき!」「他人に甘えるなんてNG!」といった常識がありますが、、科学的には “間違い“ 。

 

現代の心理学では、もっとも仕事のミスや恐怖を克服できるのは、「じぶんに優しくできる人」だと証明されています。

 

なので、働くのがツラいときこそ、あなた自身を「思いやる」べき。

「受け入れる」べき。

 

あるいは、親しい友人や家族に相談するなどして、積極的に助けを求めるのが吉ですよ。

 

くわしくは↓以下の記事で解説していますので、ぜひ ご参考くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【克服法】複数の解決策=メンタルの安定化

 

さて、さいごは『複数の選択肢を持つ』について。

 

…さぁ、ここからがメインテーマ

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事に行くのが怖い…」を脱却できない人は みんな、1つの “失敗パターン” に陥りがち。。

 

それは、「自分が選べる解決策は、世の中に数多くある」という事実に気付いていないこと。

 

「仕事が恐ろしい…」「ミスするのが怖くて…」といった恐怖心に囚われ、視野が狭くなっているのですね。

 

…厳しい意見で すみません。

でも、事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレスを受けているときほど、問題 解決スキルが低下しやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる現象です。

 

反対に、ほかの心理学の研究によると、いくつもの選択肢を検討できる人ほど、問題 解決力がアップする傾向に。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』)

 

専門的には「クリティカル シンキング(批判的な考え)」と呼ばれる思考法ですね。

 

そこで、↓以下のような方法で「複数の解決策を持つ」のも一手。

 

・キャリア系の本を読む
・職種、業界について研究
・就職、転職イベントに参加
・職業カウンセリングを試す
・上司にフィードバックをもらう
・自信がつくまで勉強に打ち込む
・資格 取得やスキル アップに没頭
・転職 支援サービスを利用してみる…など

 

【3分で未来を変える】無料サービスを活用し倒せ⁉︎

 

わたしが強くイチオシするのは、「大手 支援サービスの活用」

 

というのも、ひとり孤独に「仕事がツラい…」「働くのに疲れた…」と苦しみ続けるのは、、あまりにも苦痛すぎる。

 

たとえるなら、右も左も分からないまま、砂漠に1人ポツンと放り込まれるようなものですから。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

現代は「寿命100年」とも言われる時代。

 

このさき40〜50年にわたり、「仕事が怖い…」と苦しみ続けるには、、あまりにも時間が長すぎる。。

 

ストレスから解放されたい。

仕事の恐怖や不安を払拭したい。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、大手の転職サービスを利用することで、1,000名 以上も専属スタッフたちを “味方” に引き込むのが吉

 

専門的な教育を受けたスタッフたちを、あなただけの “支援者” として使い倒しちゃいましょう。

 

一方で「でも、、営業トークに乗せられそうで怖いし…下手なエージェントに当たるのも ちょっと…」と懸念するかもですね。

 

しかし、どうかご安心を

大丈夫ですよ

 

万が一にでもサービス内容に満足できなければ、ささっとスマホを2〜3タップして「利用 停止」でOK

 

30秒もかからずスパッと完了です。

 

それに、サービス登録 “だけ” しておけば、いつでもあなたの好きなタイミングで利用が可能に

 

支援サービスを活用すれば、 “非” 公開 求人をコアに情報 収集できるので、適職を見つけられる確率もアップするはず。

 

ほかにも、↓以下すべてのが0円で利用できるので、あなたのキャリア選択の“活路” になること確実ですよ。

 

▶︎ブラック企業を除外した求人だけを紹介
▶︎書類 添削、相談サービスなどで迅速に対応
▶︎専門スタッフによる現実的なアドバイスあり
▶︎面接の日程 調整、労働 条件の交渉などを代行…など

 

そして、支援サービス8社 以上を比較・テストした結果、わたしの結論は“大手が最適解”

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2つのいずれかを利用するとき、どちらが安全に使えそうだと感じますか?

 

▶︎実績もサービス内容も不明な会社
→求人数は数百〜数千 件くらい
▶︎知名度、サービスの充実度すべて保証 済みの大手 企業
→ “非” 公開 求人を含めて6万〜11万 件の求人数

 

きっと、信頼性が確保された大手サービスのほうが、どこぞの知らん会社よりも安心して利用できるはず。

 

…そう思いませんか?

 

そして、登録はカンタン

 

当記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけ。

 

とてもシンプルかつスピーディー

 

かかる時間は3分でOKですから、あなたの貴重な時間・お金を節約できるのも魅力の1つ。

 

正直いうと、以上のメリットがある無料サービスを使わないなんて、、もったいなさ過ぎる

あまりにも、もったいない

 

にゅー
にゅー

ここだけの話、、わたしが「会社に行くのが怖い…」と苦しんでいたときは、転職サービスを “起死 回生の一手” にしていました!

 

いうまでもなく、支援サービスのメリットを実感できるのは、じっさいに登録してみた人にしか分からないこと。

 

ぜひ、あなたにも大手 転職サービスの信頼+安定を体感して欲しい

 

心から、そう強く思います。

 

にゅー
にゅー

「仕事が怖い…自信が持てない…」と感じるいまこそ、科学的な方法を参考に動いていきましょう!

 

【結論】仕事が怖い…→「自信が持てない」を克服する唯一の方法とは?【行動だけが正義】

 

さて、今回は以上です。

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「先延ばしのデメリット」について。

 

研究データによると「行動を先送りにしがちな人ほど、仕事キャリアに失敗しやすく、年収もダウンしやすい傾向」に。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

…さぁ、頭の中に思い浮かべてみてください。

 

すぐに行動できなければ、キャリア選択の“あらゆる可能性” が、いま この瞬間から閉ざされることに。。

 

決断を後回しにしたさきにある ”末路“ は、失業や低年収、それから対人 関係の軋轢(あつれき)といった ”暗い未来“ かも。。

 

…そんな人生よりも、もっと “明るい景色” を見たいと思いませんか?

 

あなたを苦境から救い出してくれるのは、『あなた自身の行動』だけ

 

将来のキャリアを明るくできるのは、唯一あなた自身だけなのです。

 

ここまで、わたしの話を聞きすすめるという『行動』を起こせた あなたなら、きっとできるはずですよ。

 

にゅー
にゅー

望む未来を手にすべく、いますぐ動き出しましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました