【恐怖】仕事で怒られるのが怖い…→新入社員の2つのミス克服法で【科学データをもとに解決】

【仕事で怒られるのが怖い】Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう無理…会社に行きたくない…。

上司に怒られてばかりで、これ以上メンタル的に耐えられない…仕事に行くのが怖いよぉ。。

…でも、入社したての新人だから「いますぐ転職!」ってわけにもいかないし…毎日がツラい。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

「叱られるのは、新入 社員だから仕方ない」のかもだけど…

ストレスのせいで朝は起きれないし、夜は眠れない…心臓がバクバクして、もう精神的に限界。。

どうすればいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【仕事が怖い】怒られる恐怖から抜け出すには?→『事実の認識』で克服⁉︎
▶︎科学的な「2つの改善策」で【すべて解決】くわしくは記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【恐怖】仕事で怒られるのが怖い…→新入社員の2つのミス克服法で【科学データをもとに解決】

【仕事が怖い】新入社員が「怒られる恐怖」から抜け出すには?→『事実の認識』で克服⁉︎

 

【必読】本サイトでは、あなたの仕事の悩みを解決すべく、科学的なエビデンスをもとに、克服策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫。
あなたの苦しみは、かならず解消できますから。

 

わたしと一緒に、対策を練っていきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「新入 社員だけど、仕事で怒られるのが怖い…」を解決するポイントは、『事実の認識』

 

↓以下のようなイメージで、上司から叱責された内容・事実「だけ」に目を向けることが、問題を解決する “第一歩” に。

 

「先輩から呼び出されて、仕事のミスについて怒鳴られた…このままだと、会社をクビになるかもしれない…」
▶︎事実①
→先輩から呼び出された
▶︎事実②
→業務ミスを指摘された
▶︎事実③
→法的に解雇される可能性は低い…など

 

じつは、心理学の研究によると、客観的な事実 “だけ” にフォーカスできる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・マイナス思考が改善
・問題 解決スキルが改善
・不安、イライラ感が改善
・ストレス抵抗力がアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、ものごとを第3者 視点で分析できる人ほど、メンタルが安定し、困難に対処しやすいのですね!

 

たとえるなら、ことばの暴力に真正面から立ち向かうことは、戦車に対してナイフで立ち向かうようなもの。

 

なので、上司の「上から目線」や「見下した物言い」は、できるだけ受け流す or スルーするのが吉ですよ。

 

もちろん、しっかりとミスの原因を反省して、対策していくことも必要でしょう。

 

…しかし、です。

 

そもそも論で恐縮ですが、、会社は「上司が部下を怒るところ」でなく、組織人として「利益・成果を上げる場所」。

 

となれば、パワハラまがいの先輩は「私情を挟みすぎ」ですし、あまりにも「感情的になりすぎ」だと解釈するのが吉。

 

ちなみに、産業 心理学の研究によると、仕事のミスが許されない職場ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・労働 生産性がダウン
・問題 解決力がダウン
・ストレス抵抗力がダウン
・仕事(学習)成績がダウン
・社員の自己 肯定感(自信)がダウン
・セールスの売り上げが“37〜88%” も悪化…など

(参考 文献:『幸福 優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式 最新 成功理論』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、上司に怒られる恐怖が強い仕事場では、社員の成果も上がりにくく、会社の売り上げもダウンする傾向に。。

 

なので、断言できます。

 

あなたの「仕事で怒られるのが怖い…」を打開する “さいしょの一歩” は、『事実の把握』にアリですよ。

 

【科学の真実】仕事がデキる部下は “嫌われる” ⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような考えもあるかもしれませんね。

 

上司
上司

「怒られるの怖くて仕事に行けない」なんて、、ただの甘え! 子どもじみたことを言うな!

フリーランスや経営者になったら、業績が傾いて収入が減っても「怒ってくれる人すらいない」ぞ!

原因がなんにせよ、叱られるうちが華! 失敗を糧(かて)にして、成果を上げられるよう努力すべき!

 

かなりキツめの意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、わたしのような個人 事業主は、すべてが「じぶんの責任」。

 

業務ミスや失敗をして年収がダウンしても、第3者が間違いを指摘してくれることもなければ、叱られることもない。

 

かんぜんな「自己 責任」と「実力 主義」の世界ですね。

 

それから、学生や会社員に関係なく「他人に怒られるのが怖い」と感じる人は、↓以下のような特徴を持つ傾向にアリ。

 

【原因】「叱責=恐怖」だと感じる
▶︎昔から褒められることが多く、小さい頃から優等生タイプだった
▶︎これまで、厳しい上下 関係や体育会系のノリに接する機会が少なかった
▶︎年功 序列がキツい環境にいたことが無く、目上の人にキレられるなんて前代 未聞(ありえない)…など

 

そして、新入 社員が上司や先輩から怒られがちなのは、ほかの社員に比べて「能力・経験に乏しいこと」も原因の1つ。

 

批判をおそれずにいうと、シンプルに「新人=ナメられやすい」ということ。。

 

となれば、ここは1つ「新入 社員のうちは、怒られることも仕事」と割り切って、スキル アップに注力するのも一手。

 

あるいは、上司に怒られないためにスキル アップするのでなく、まともな職場に移ることを目的に頑張るのもアリかも。

 

…しかし、です。

 

残念なことに、、組織 心理学の研究によると、仕事がデキる若い社員ほど、上司や先輩から嫌われやすくなるのだそう。

(参考 文献:『権力を握る人の法則 日本経済新聞 出版社』)

 

なので、必死に業務を覚えて作業ミスを減らしても、怒られる機会が減る可能性は、、あまり期待できないのですね。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

このさき、45〜50年 以上も「仕事への恐怖心」を抱え、働くことに怯えつづける “暗い未来” を。

 

業務 成果も上げられないまま、低賃金・低年収への追い詰められていく “苦しい毎日” を。

 

…そんなキャリア人生、あまりにも苦痛だと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「仕事に行くのが怖い…毎日が恐怖…」を解消すべく、科学的な「2つの改善策」を解説

 

▶︎セルフ コンパッション
▶︎逃げ道の確保

 

にゅー
にゅー

「毎日、会社で上司に怒られるのが怖い…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【新入社員の苦悩】仕事で怒られるのが怖い…→恐怖心を克服する【科学的な2つの改善策とは?】

 

さて、1つめに紹介するのは『セルフ コンパッション』について。

 

意味としては、ざっくり言うと「じぶんへの優しさ」「みずからを受け入れる心」といった感じですね。

 

…ここで1つ、ご自身の言動を振り返ってみてください。

 

上司に怒られたことを理由に「どうして、こんなにダメ人間なのか…」と、ご自身を責めていませんか?

 

あるいは、仕事のミスを家に持ち帰って、ひとり家で “脳内 反省会” を開いていないでしょうか?

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意。

 

じつは、心理学の研究によると、自己 否定や自己 嫌悪に陥りやすい人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎仕事面のデメリット
・離職率が悪化
・労働 生産性がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
キャリア選択に失敗しやすくなる
・昇進、昇給の機会を得られなくなる
・職場で「無能」だと誤解されやすくなる…など

 

▶︎心理的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・早死にリスクが悪化
・不安、恐怖心が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・自暴 自棄になりやすくなる
・完璧 主義になりやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りやすい…など

 

▶︎人間 関係のデメリット
・家庭が崩壊しやすくなる
・友だち関係が壊れやすくなる
・パートナーと破局しやすくなる
・他人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自責の念にとらわれやすい人ほど、キャリア選択・心身の健康・対人 関係すべてに悪影響が出る傾向に。。

 

たとえるなら、頭のなかで自分を批判しつづけることは、愛するペットを “虐待” するようなもの。

 

自信という “エサやり” をしてあげないと、どれだけ可愛らしい犬やネコでも、ストレスでボロボロになってしまうはず。。

 

そこで、です。

 

↓以下の記事では、自尊心の回復に効果アリな『セルフ コンパッション』について、科学データをもとに紹介。

 

また、転職 成功率を“3.7倍” に改善させる『マイナス感情の吐き出し』についても、あわせて解説していきます。

 

ぜひ ご覧くださいね。

 

 

【科学が実証】『万が一の逃げ道』を確保せよ!

 

さて、さいごに お話するのは『逃げ道の確保』についてです。

 

そして、ここからが本番。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事が怖い…」を抜け出せない新入 社員の9割 以上には、1つの “失敗パターン” が。

 

それは、無料 支援サービスの活用という “具体的な退避ツール” を、シッカリと準備できていないこと。

 

いいかえると「新人=1つの会社で努力すべき!」という先入観に囚われ、ほかの解決策を検討できなくなっている。

 

シンプルに、視野が狭まっているのですね。

 

…キツい言い方で、すみません。

けれど、確かな事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にある人ほど、問題 解決力が低下しやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』とか『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理ですね。

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

「明日からキミ、もう会社に来なくていいから」

 

↑上記のように上司からクビを宣告されたとき、解放されたという気持ちと同時に「どう生活していけば…」とも思いませんか?

 

「とつぜん解雇されたら、生活費がなくて路頭に迷うんだけど…」といった感じで、将来が心配にならないでしょうか?

 

…そう。

 

その感覚こそが「逃げ道がない」ということ。

 

まさに今、あなたが感じている恐怖・不安感こそが、苦境を脱する “逃げの一手” を準備できていないということの証明。

 

なので、断言できます。

 

いまのあなたに欠かせないのは、不遇な環境から抜け出すため「緊急 手段の確保」なのだと。

 

にゅー
にゅー

「新入社員だけど、もう限界…仕事がツラい…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【まとめ】仕事が怖い…→新入社員が「怒られる恐怖」から卒業するには?【答:行動だけが正義】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださった あなたに、心から感謝します。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「行動を後回しにするデメリット」について。

 

研究データによると、問題を先送りにしがちな人ほど、将来の年収が下がり、キャリア選択にも失敗しやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

いま思えば、わたしが「あのとき、勇気を出して正解だった…」と感じるのは、すべて『即断 即決で起こした行動』。

 

反対に、決断を先延ばしにしてしまった結果、新卒で入社した会社を「病理 退職した」という “ツラい過去” が。。

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

あなたが欲しいのは、現状 維持に甘んじて、将来のキャリアをフイにする ”絶望の未来“ ですか?

 

それとも、あなた自身の行動とともに、明るい未来を切りひらく ”可能性ある毎日“ でしょうか?

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、いまの会社のツラい仕事に耐えてきた懸命なあなたなら、このさきも辛抱 強く人生を変えていけるはず

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じます!

 

あなた自身の手で、望む未来を手にしていきましょう。

 

コメント