【恐怖】仕事のミス・失敗が怖いせいで動けない…→2つの克服法で【科学的にすべて解決】

【仕事のミス・失敗が怖い】

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界…仕事に行くのが怖いよぉ。。

また業務ミスや失敗したらと思うと、恐怖心のせいで動けない…緊張とプレッシャーで、頭が真っ白。。

明日も、上司に怒られるために出社しなきゃなんて…もう、こんな人生イヤだ…抜け出したい。。

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

さいきん、仕事ストレスのせいで夜も寝付けないし…朝も、ベッドから起き上がるのがツラい。。

胸が締め付けられるような感じもするし、かんぜんに心身に不調が出始めてる…働くのがキツい。。

どうすればいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎仕事のミスが怖い…→恐怖で動けないときは『自己 嫌悪の回避』で対処⁉︎
▶︎科学的な「2つの克服法」で【完璧に解決】くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【恐怖】仕事のミス・失敗が怖いせいで動けない…→2つの克服法で【科学的にすべて解決】

【ミスが怖い】仕事の失敗が恐怖すぎて…→不安で動けないときは『自己 嫌悪の回避】で対処⁉︎

 

【必見】本サイトでは、あなたの仕事の悩みを打開すべく、科学的な根拠にもとづいて、克服策を発信していきます。

 

だいじょうぶ。
あなたの苦しみは、きっと解消できますから。

 

わたしと一緒に、対策を練っていきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事のミスが怖い…失敗する恐怖で動けない…」を解決するカギは、『自己 嫌悪の回避』

 

↓以下のような自己 否定・自己 批判を避けることが、おなじ過(あやま)ちを くり返さないための “はじめの一歩” 。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

また業務ミスをしてしまった…上司に怒られて、毎日が憂鬱。。

どうして自分は、こんなに物覚えが悪いのか…仕事で頑張ろうと思っても、ぜんぶ空回りだし。。

どうせ、このさきも「失敗してばかりの人生」なんだろうなぁ…学習 能力の無さが、イヤになる。。

 

というのも、臨床 心理学の研究によると、自信を喪失しやすい人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎仕事面のデメリット
・離職率が悪化
・労働 生産性がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・キャリア選択に失敗しやすくなる
・昇進、昇給の機会を得られなくなる
・職場で「無能」だと誤解されやすくなる…など

 

▶︎心理的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・早死にリスクが悪化
・不安、恐怖心が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・自暴 自棄になりやすくなる
・完璧 主義が悪化しやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りやすい…など

 

▶︎人間 関係のデメリット
・家庭が崩壊しやすくなる
・友だち関係が壊れやすくなる
・パートナーと破局しやすくなる
・他人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、メンタル的に不安定になりやすい人ほど、仕事キャリア・対人 関係・精神的な問題すべてに悪影響が。。

 

たとえるなら、むやみやたらに自己 嫌悪に陥ることは、じぶんの身体をナイフや包丁などで切りきざむようなもの。

 

そんな状況では、自己 否定にエネルギーを浪費してしまい、心身ともに疲れ果てて動けなくなること必須なはず。。

 

…そう思いませんか?

 

なので、あなたに襲いかかってくるマイナス思考とは、積極的に「距離をとる」「離れる」のが吉ですよ。

 

そこで、1つオススメの対策があります。

 

自責の念をストップさせるコツとしては、いちど立ち止まって「あ、いま自己 否定しようとしてるな…」と気づくこと。

 

というのも、自信を失っているときほど、一種の 強迫 きょうはく 観念 かんねんのように「どうせ、自分はダメ人間で…!」と考えがち。

 

専門的に『否定的な自動 思考』と呼ばれる心理 傾向ですね。

(参考 文献:『マンガでやさしくわかる 認知行動療法』)

 

なので、自己 嫌悪の波がおそってきたときは、マイナス思考に「①気づく→②受け止める」のプロセスを辿るのが吉。

 

専門的には『自動 思考キャッチ・トレーニング』と呼ばれ、心理カウンセリングの場面でも使われる技法の1つ。

(参考 文献:『参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

なので、効果のほどは 折り紙つきですよ。

 

【科学が実証】失敗の恐怖は『リフレーミング』で克服⁉︎

 

そして、失敗の恐怖を克服する方法の1つとして、認知 行動療法でも活用される『リフレーミング』もオススメ。

 

かんたんにいうと、リフレーミングとは「目のまえの現実を、ポジティブに捉え直すこと」。

 

じつは、心理学の研究によると、リフレーミングを実行できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・不安や恐怖心が改善
・人生の満足度が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・仕事のモチベーションが改善
・業務パフォーマンスがアップ
・学習(仕事)成績が “17〜22%” 改善…など

(参考 文献:『後悔しない選択術』『参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事のミスをポジティブに “再” 解釈できる人ほど、ストレスに強くなり、仕事の成果も上がりやすい傾向に!

 

…ただし、1つだけ注意点が。

 

というのも、無理やり「前向きになろう!」と心に決めて、過度なポジティブ思考になるのは、、かえって逆効果。

 

そこで、↓以下のようなイメージで「①ネガティブな現実を受け止める→②ポジティブに “再” 解釈」という順番を経るのが吉。

 

ビジネスマン①
ビジネスマン①

また仕事で失敗してしまった…今週で、もう3回目の業務ミスだよ。。

…でも、捉えかたを変えれば「まだまだ自分には、成長の余地がある」と考えられなくもない、か…?

だったら、いっそ “失敗は成功の母” だと思って、もっと上手な方法を見つけるチャンスと割り切ろう!

 

断言できます。

 

「仕事のミスが怖い…」と苦しむときこそ、目のまえの失敗を受け止め、ポジティブに “再” 解釈するのがオススメです。

 

【朗報】「問題点の明確化+事前の対策」で解決⁉︎

 

ただ一方で、↓以下のような意見もあるかもしれません。

 

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

でも、、仕事で失敗してるっていう現実は変わらないし…このままだと、職場で孤立するかも。。

上司や先輩から怒られるのも怖いし…業務ミスしてばかりだと、このさきの将来も不安だし。。

それに、いちど失敗すると「またミスしちゃうかも…」と思って、行動する勇気が持てない。。

 

たしかに↑上記にあるとおり、仕事のミスを恐れる原因の1つは、頭のなかで「また失敗するかも…」と考えてしまうこと。

 

専門的には『予期 不安』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

そこで、避けられないミスを受け止めるには、あらかじめ『問題点を明確化』して、対策を準備しておくのが吉。

 

↓以下のイメージですね。

 

▶︎おなじミスを何度も くり返してしまう
→じぶんだけの「失敗メモ」を作って、間違えやすい業務を把握する
▶︎高圧的な上司に怒られるのが怖い
→失敗したときは すなおに謝罪し、信頼できる先輩にアドバイスを求める
▶︎作業スピードが遅いうえに注意力が散漫
→仕事スケジュールに「優先 順位」を付けて、マルチ タスクを避ける
▶︎チェック不足のせいでケアレスミスが多い
→ほかの社員や同僚に頼んで、ダブルチェックを お願いしてみる…など

 

“備えあれば、憂いなし” とも言われるように、あらかじめ対抗策を準備しておけば、目のまえの困難に立ち向かえること確実。

 

その証拠に、心理学の研究によると、懸念点を “より具体的に” 認識できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・不安感、イライラ感が改善
・ネガティブ、マイナス思考が改善…など

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、ミスの原因を “より客観的に” 分析できる人ほど、メンタルが安定し、困難に対処しやすくなるのですね!

 

たとえるなら、理由を明確化できないまま仕事することは、姿の見えない幽霊・お化けを相手にするようなもの。

 

実体のない亡霊と戦うのは無ゲーですが、正体が明らかな相手になら、きちんと対策できるというもの。

 

そして、このさきでは「仕事のミスが怖い…失敗する恐怖で動けない…」を解消すべく、科学的な「2つの克服法」を解説

 

▶︎ネガティブ感情の暴露
▶︎逃げの一手を準備

 

にゅー
にゅー

「会社に行くのが怖い…失敗するのが怖い…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で対処】仕事のミスが怖い…→失敗する恐怖で動けないときの対策は?【2つの克服法で解決】

 

さて、1つ目に お話するのは『ネガティブ感情の暴露』について。

 

じつは、臨床 心理学の研究によると、定期的に仕事のグチ・不満を吐き出せる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・不安や恐怖心が改善
・マイナス思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分が改善
・仕事のモチベーションが改善
・イライラ感が減りやすくなる
・感情コントロール力がアップ
・再 就職率が “27.3%→68.4%” に改善

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『サーチ・インサイド・ユアセルフー仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法』『後悔しない超 選択術』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、習慣的にマイナス思考を解消できる人ほど、ストレス状態が改善し、 “2.5倍” も転職に成功しやすくなるのだとか!

 

専門的には『エモーショナル ディスクロージャー』と呼ばれ、心理カウンセリングでも活用される手法の1つ。

 

とくに、過去のトラウマや失敗に囚われているときほど、あなた自身が抱えるネガティブ感情を吐き出すのが吉です。

 

たとえるなら、心の底に溜まったストレスを発散することは、空気が詰まった風船を “ガス抜き” するようなもの。

 

↓以下の記事では、1日8分で手軽に実践できる『エクスプレッシブ ライティング』について、くわしく解説します。

 

また、80万件 以上の研究データに裏打ちされ、自信の回復に効果アリな『セルフ コンパッション』についても紹介。

 

ぜひ ご覧くださいね。

 

 

【科学が証明】『逃げの一手』を準備すべし!

 

さて、さいごに お話するのは『逃げの一手を準備』について。

 

そして、ここからが本番。

 

ここだけの話ですが、、「仕事が怖くて…」から脱却できない人の95〜99%には、1つの “失敗パターン” アリです。

 

それは、無料 支援サービスの利用という “現実的な脱出ツール” を、きちんと準備できていないこと。

 

…ここで1つ、ご自身の言動を振りかえってみてください。

 

「働くのは怖いけど、いまの職場で頑張るしか方法がないし…」と、さいしょから選択肢を狭めていないでしょうか?

 

あるいは「どうせ、ほかに雇ってくれる会社なんて無い…」と、みずから八方ふさがりな状況に追い込んでいませんか?

 

仕事への恐怖心を払拭できない理由の1つは、ほかの解決策や打開策を考慮できなくなっていること。

 

分かりやすくいうと、いまの会社から逃げ出せないという “袋小路の状況” が、恐怖や不安を生み出す元凶になっているのです。

 

その証拠に、生理心理学の研究データによると、↓以下のことが明らかにされています。

 

回避できないストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向にあった」。

 

▶︎メンタルの問題
・抑うつ感が悪化
・無気力感が悪化
・マイナス思考が悪化
・問題 解決力がダウン
・決断力、判断力が低下
・記憶力、思考力が低下
・ストレス抵抗力が悪化
・自信(自尊心)が悪化…など

 

▶︎身体の問題
・免疫力がダウン
・細胞の老化が進行
・睡眠の質が悪くなる
・短命になる傾向が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『オプティミストはなぜ成功するか』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』)

 

にゅー
にゅー

まとめると「もう、どこにも逃げ場がない…」という閉塞感に囚われるほど、メンタル・フィジカルともに悪影響が。。

 

専門的に『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる心理 状態ですね。

 

でも、だいじょうぶ。

 

じつは、、心理学の研究によると「マイナス状況を打開できる選択肢を持てる人ほど、逆境を乗り越えられる傾向」に。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

かんたんにいうと、キャリア選択を成功に導けるのは、ストレス環境に対処する “逃げ道” を準備できる人だということ。

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

現状から抜け出す “打開の一手” を手にした あなたが、会社から受ける恐怖・束縛から解放される「自由な未来」を。

 

にゅー
にゅー

「仕事のミスが怖くて、身動きが取れない…」と感じるいまこそ、科学データを参照しつつ動き始めましょう!

 

【まとめ】仕事のミス・失敗が怖い…→恐怖で動けない日々と決別する方法とは?【答:あなたの選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

ほんとうに、ありがとう。

 

さいごに1つだけ、性格 心理学の研究から「他人の顔色をうかがうデメリット」について。

 

研究データによると、ほかの人の価値観に合わせがちな「協調性が高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・昇進、昇給率がダウン
・組織の重役になれる確率が悪化
・管理職や社長職に就く確率がダウン
・将来的な年収が “100万円 前後” もダウン…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、周りの意見や考えに同調しがちな人ほど、金銭的・経済的に失敗しやすく、キャリア選択にもミスる傾向に。。

 

なので、仕事のミスや失敗におびえ、周囲の反応を気にしてしまうほど、キャリアの可能性が閉ざされる危険 “大”

 

…さぁ、想像してみてください。

 

このまま、他人からの批判・評価に左右され、あなた自身の将来をドブに捨ててしまう “恐怖の未来” を。

 

反対に、周りの視線を気にすることなく、恥ずかしい思いを振り切って行動する “可能性ある未来” を。

 

あなたが望むのは、どちらの人生でしょうか?

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしと一緒に理解をすすめてきた聡明な あなたなら、ぜったいに明るい未来へと変えていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じます!

 

このさきの運命を変えられるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択しだい』ですよ。

 

人生の決定権は、あなたが握っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました