【新卒の恐怖】仕事に行くのが怖い…→恐怖心を克服する対処2選で【科学データをもとに解決】

【新卒】仕事が怖いUncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

もう無理…いっそ会社 辞めたい…。

入社したばかりの新卒 社員だけど、すでに仕事に行くのが怖い…ストレスのせいで、朝も起きれない。。

上司に怒られてばかりの毎日で、メンタル的に限界…先輩にも人格 攻撃されるし、もうイヤだ。。

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

…でも、あまり貯金もないから、働かないわけにもいかない…それに、転職できる保証もないし。。

どうすればいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【辞めたい】仕事が怖い…→苦痛を乗り切る『原因の明確化』とは?
▶︎科学的な「2つの突破口」で【すべて解決】詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【新卒の苦悩】仕事に行くのが怖い…→恐怖心を克服する対処2選で【科学データをもとに解決】

【辞めたい】仕事が怖い、働くのが恐怖…→新卒時の苦痛を乗り切る『原因の明確化』とは?

 

【必読】当サイトでは、あなたのキャリアの悩みを解決すべく、科学的なデータをもとに、打開策を発信していきます。

 

だいじょうぶ。
あなたの苦しみは、きっと解消できますから。

 

わたしと一緒に、克服していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「新卒1年目だけど、仕事に行くのが怖い…」を解決するポイントは、『原因の明確化』

 

↓以下のような感じで、あなたが直面する「職場の懸念点」に目を向けることが、問題を解決する “さいしょの一歩” に。

 

「仕事が怖いと感じる理由は、なんだろう?
恐怖心の原因は、どこにあるんだろうか?」

 

というのも、心理学の研究によると、理由を明確に分析できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ストレス抵抗力がアップ
・問題 解決スキルがアップ
・不安感、イライラ感が改善
・ネガティブ、マイナス思考が改善…など

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、問題点を “より具体的に” 認識できるほど、メンタルが安定し、困難に対処しやすくなるのですね!

 

たとえるなら、怖さの原因も把握できないまま仕事するのは、姿の見えない亡霊・お化けを相手にするようなもの。

 

 “幽霊の正体みたり、枯れ尾花” とも言うように、わたしたちは「姿が見える相手」となら、まっとうに戦えるものです。

 

…だれだって、まっ暗闇のなかに放り込まれたら、恐怖で足がすくんでしまいますよね。

 

そこで、↓以下の5点を参考にしつつ、あなただけの「仕事の問題点」にフォーカスするのが吉です。

 

・休日や休みの時間が少ないせいか、体調に悪影響が出始めている
・小さな失敗やケアレスミスが連発し、職場での評価が下がりぎみ
・日々の業務に忙殺されてしまい、心の余裕を持つ時間に欠けている
・社内に頼れる先輩 社員がおらず、他人に甘えることができずにいる
・学生の頃とのギャップに打ちのめされ、じぶんへの自信を失っている…など

 

あるいは、さらに深掘りして↓以下5つを参照するのも一手ですね。

 

・お局さまの嫌がらせや陰口が苦痛で、会社に行くのが精神的にキツい
・長時間 労働やサービス残業が慢性化し、心身ともに疲労しきっている
・まだ仕事の全体像を把握できず、コントロール不全の状態に陥っている
・新しい人間 関係に馴染めず、昼食時もボッチ飯を強(し)いられている
・研修のときに怒鳴られた上司が教育 担当になり、緊張の毎日を送っている…など

 

とくに、高圧的な上司に怒鳴られたり、業務ミスによるストレスが重なれば、仕事への恐怖心が悪化するのも止むなし。

 

…さぁ、ご自身について振り返ってみてください。

 

あなたは、どんなときに「仕事が怖い」「働くのが恐怖すぎて…」と感じるでしょうか?

 

断言できます。

 

「新卒だけど、会社に行くのが怖い…」を解決するファースト ステップは、『理由の明確化』にアリですよ。

 

【警告】「給料=ガマン料」と割り切るリスクとは…⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような言い分もあるかもしれませんね。

 

上司
上司

新卒で入ったばかりなのに「会社に行きたくない」だなんて、、甘ったれるんじゃない!

社会に出たら、みんなツラい思いしながら生きるために働いてるんだ! 忍耐力が無さすぎるぞ!

退職 or 転職を考えるまえに、いまの会社で! 辞めたいなんて10年はやい!

 

かなりキツめの意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、新卒 入社した会社を辞めるリスクもありますよね。

 

たとえば、世間的には「せっかく入った会社を早期に辞めるなんて、もったいない」と思われがち。

 

あるいは、いざ転職するときにも、採用先から「またすぐ辞めるんじゃ…?」と勘ぐられる可能性もアリ。

 

となれば、ここは1つ「仕事=生活費を得るためのガマン代」と割り切って、いまの会社に残るのも一手かも。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、ツラい仕事・キツい職務に耐えつづける “リスク” もまた、、あるように思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると「給料=ガマン料」と考えがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・幸福度がダウン
・労働 生産性が悪化
・目標の達成率が悪化
・モチベーションが悪化
・業務パフォーマンスが悪化…など

(参考 文献:『その科学があなたを変える』『「幸せをお金で買う」5つの授業』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事の苦痛から目を背けがちな人ほど、業務 成果も上がりづらく、人生の幸福度が低下しやすくなるのですね。。

 

…ここで1つ、立ち止まって考えてみてください。

 

現代は “寿命100年” とも言われ、わたしたち20・30代が「80才くらいまで働くだろう」と予想される時代。

 

そして、想像してみてください。

 

このさき、45〜50年 以上も「仕事への恐怖心」を抱えつづけるには、さすがに時間が長すぎると思いませんか?

 

「甘え」や「忍耐」といった精神論で耐えつづけるには、あまりにもキツ過ぎると感じないでしょうか?

 

そこで、このさきでは「仕事が怖い…毎日、怒られるのがツラい…」を打開すべく、科学的な「2つの突破口」を紹介

 

▶︎セルフ コンパッション
▶︎退却路の用意

 

にゅー
にゅー

「新卒 入社したばかりだけど、働くのが怖い…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学で克服】会社の仕事が怖い…→「新卒入社の苦痛」から逃れるには?【2つの突破口で解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『セルフ コンパッション』について。

 

意味としては「じぶんへの思いやり」とか「自己 受容」といった感じですね。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

仕事でミスしたとき、無意識に「じぶんは無能なダメ人間で…」と、自己 嫌悪に陥っていませんか?

 

あるいは、こっぴどく上司から叱られたとき、必要 以上に自己 肯定感(自信)を失っていないでしょうか?

 

じつは、心理学の研究によると、過度に自己 否定してしまいがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎職業的なデメリット
・社内の生産性が悪化
キャリア選択に失敗しやすくなる
・昇進、昇給の機会を逃しやすくなる
・職場で「無能」だと誤解されがちになる…など

 

▶︎メンタル的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・早死にリスクが悪化
・ネガティブ思考が悪化
・不安感や恐怖心が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・自暴 自棄になりやすくなる
・完璧 主義に陥りやすくなる
・自己 批判や自己 嫌悪が悪化…など

 

▶︎対人 関係のデメリット
・家庭が壊れやすくなる
・恋人との破局リスクが悪化
・友人 関係が崩壊しやすくなる
・ほかの人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自尊心(自信)を失いやすい人ほど、人間 関係・仕事キャリア・心身の健康すべてに悪影響が出る傾向に。。

 

たとえるなら、じぶんへの思いやりを欠くことは、愛するペットへの “エサやり” を怠(おこた)るようなもの。

 

研究データに照らしてみると、自信という “肥料” がなければ、わたしたちは本来のチカラを発揮できないのだそう。

 

なので、ここは1つ「思いっきり羽を伸ばす時間」や「仕事から離れる日」を作り、リラックス タイムを設けるのも吉。

 

↓以下の記事では、80万件 以上の論文に裏打ちされ、自尊心の回復に効果アリな『セルフ コンパッション』を深掘り。

 

また、転職 成功率を“3.7倍” もアップさせる『マイナス感情の吐き出し』についても、あわせて解説していきます。

 

ぜひ ご参照くださいね。

 

 

【科学が証明】『万が一の退却路』の用意すべし!

 

さて、さいごに お話するのは『退却路の用意』についてです。

 

そして、ここからさきがメインテーマ。

 

あなただけにコッソリ打ち明けますが、、「仕事が怖くて…」を克服できない人の8割 以上には、1つの “共通点” が。

 

それは、無料 支援サービスの活用という“現実的な回避ツール” を、まったく準備できずにいること。

 

…ここで1つ、ご自身の言動を思い返してみてください。

 

「新卒で早期 退職したら、ほかに行く宛が無くなるし…」と、みずから可能性を狭めていないだろうかと。

 

「いまの会社でやっていけなかったら、他の企業でも通用しないはず…」と、マイナス思考に陥っていないかと。

 

じつは、心理学の研究によると「ネガティブ思考に囚われがちな人ほど、問題 解決力ががダウンしやすくなる傾向」に。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』とか『視野 狭窄(しや きょうさく)』などと呼ばれる心理です。

 

かんたんにいうと、後ろ向きな考えをしがちな人ほど、かえって困難に立ち向かえなくなってしまうということ。。

 

でも、だいじょうぶ。

 

というのも、臨床 心理学の研究によると「複数の選択肢を検討できる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

分かりやすくいうと、より多くの解決策を手にできる人ほど、仕事の苦痛から逃れやすくなるということ。

 

ちなみに、わたしは個人ビジネスをしている今でも、つねに「3つの無料サービス」を “逃げ道” として使っています。

 

というのも、いつまでも自分の仕事で食っていけるなんて、だれも保証してくれないからです。

 

にゅー
にゅー

タダで活用できる大手サービスを “第2の刃” として備えておくことで、あらかじめリスクを回避しているわけですね!

 

ことわざにもあるとおり、 “備えあれば憂い無し” 。

 

…さぁ、頭のなかに思い浮かべてみてください。

 

恐怖心を断ち切る “打開の一手” を手にした あなたが、会社の苦しい束縛から解放される「自由な未来」を。

 

にゅー
にゅー

「仕事が怖い…正直、いまの会社で働きたくない…」と悩む今こそ、科学データ味方に行動していきましょう!

 

【まとめ】仕事場に行くのが怖い…→「新卒社員の恐怖」を打開する解決策とは?【行動こそ正義】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝を。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、性格 心理学の研究から「周りに流されるデメリット」について。

 

研究データによると、周囲の考えに合わせがちな「協調性の高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・昇進、昇格率が悪化
・将来的な収入が”約100万円“ もダウン
・会社 組織で管理職、重役に就ける確率がダウン
・社会的な財務 信用度(クレジット・スコア)がダウン…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、他人の意見に同調しがちな人ほど、将来の年収がダウンし、キャリア選択に失敗しやすくなるのですね。

 

なので、世間体や家族の反応を気にして、決断を先送りにしがちなほど、キャリアの可能性が閉ざされることに。。

 

逆にいうと、社内での立場が弱い「新卒」という今に決断することが、明るい人生を送れるかどうかの ”分かれ道“ に。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

あなたが望むのは、低スキルのまま社会から阻害され、低賃金・低年収におびえる ”暗い未来“ ですか?

 

それとも、勇気と行動を武器して、みずからキャリアを切りひらく ”可能性ある未来“ でしょうか?

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしと一緒に理解をすすめてきた懸命な あなたなら、きっと前向きな人生へと変えていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう強く信じます!

 

明るい未来を掴めるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択しだい』

 

人生の決定権は、あなた自身が握っていますよ。

 

コメント