【逃げたい】仕事が怖い、会社から逃げ出したい…→2つの打開策で【科学的にすべて解決】

【逃げたい】仕事が怖い

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

もう限界…会社に行くのが怖い…。

許されるなら、いっそ仕事から逃げたい…逃げ出したい…これ以上、ストレスに耐えられない。。

毎晩、明日の出社のことを思うだけで、気分が憂うつに…また、上司から怒られるだけの時間が。。

作業中も頭が回らないし、記憶力も落ちてる気がする…恐怖のせいで、思考がまとまらない。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎仕事に行くのが怖い…→逃げたい気持ちを払拭する『懸念点の認識』とは?
▶︎科学的な「2つの突破口」で【完璧に克服】わしくは記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【逃げたい】仕事が怖い、会社から逃げ出したい…→2つの打開策で【科学的にすべて解決】

【もう限界】仕事に行くのが怖い…→逃げたい気持ちを払拭する『懸念点の認識』とは?

 

【必読】当サイトでは、あなたのキャリアの苦しみを打開すべく、科学データをもとに、解決策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの悩みは、きっと克服できますよ

 

わたしと一緒に、対策を練っていきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事に行くのが怖い…いっそ逃げ出したい…」を打開するポイントは、『懸念点の認識』

 

↓以下のようなイメージで、あなたが直面している「仕事の問題」にフォーカスすることが、さいしょの “第一歩” に。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

もう嫌だ…仕事に行くのが怖い、こわ過ぎる。。

いちばん恐怖なのは「ほかの社員とのコミュニケーション」で、無能のレッテルを貼られるのがツラ過ぎて。。

作業スピードも遅いし、担当の上司・先輩から怒鳴られてばかり…社内に「心の内を明かせる仲間」もいないし。。

 

じつは、心理学の研究によると、問題点を “より客観的に” 分析できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事が怖い理由を “より具体的に” 深掘りできる人ほど、ストレス状態が改善し、課題に対処しやすい傾向に!

 

分かりやすくいうと、わたしたちは「きちんと原因を把握できていれば、苦境を乗り越えられるようになる」。

 

たとえば、幽霊を相手にするのが恐ろしいですが、正体が「犬」や「猫」だと分かっていれば、対策が打てますよね。

 

そこで↓以下10つを参考に、あなたなりの「仕事から逃げたい理由」を見つけ出すのが吉です。

 

・長時間 労働がつづいており、心身ともに限界を感じている
・体調 不良のせいで、仕事のやる気+モチベーションともに下降ぎみ
・ミスや失敗が連続しており、自身 喪失+クレーム対応で我慢が限界
・要求される作業量をこなせず、どんどん業務的な負担が悪化している
・ストレスのせいで体力 不足が深刻化し、仕事のエネルギーが保たない
・脳の活動がにニブくなっており、指示された業務 内容が理解できない
・思考力が低下しているせいで、じぶんなりの仕事術を編み出せずにいる
・パワハラ上司からのプレッシャーが強く、職場に強い緊張が走っている
・高圧的な先輩から怒られる恐怖で、心臓がバクバクで職務に集中できない
・社内に助言 or アドバイスをもらえる人がおらず、孤独感にさいなまれている…など

 

断言できます。

 

あなたの「仕事が怖い…正直、もう逃げ出ししたい…」を脱却する “はじめの一歩” は、『現状の分析』にアリだと。

 

【危険】「仕事への恐怖」に悩み続けると…⁉︎

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

たとえば、日曜日の夕方から夜にかけて。

 

月曜日の出社のことを思い、ベッドのなかに入っても寝付けなかったり、漠然とした不安を抱えていませんか?

 

あるいは、土日・祝日といった休みの日でも、頭のなかが「仕事への恐怖心」で埋め尽くされていないでしょうか?

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、ご注意ください。

 

じつは、臨床 心理学の研究によると、脳内でマイナス思考が反復されがちなほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・幸福度が悪化
・社交スキルが悪化
・抑うつ気分が悪化
・不安や恐怖心が悪化
・問題 対処力がダウン
・仕事の満足度がダウン
・ストレス抵抗力が悪化
・自尊心(自信)が悪化
・睡眠の質が大きく悪化
・仕事(学習)成績がダウン
・対人 関係が悪くなりやすい
・自己コントロール力(自制心)が悪化…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、頭のなかでネガティブ思考が反復されるほど、メンタルの状態が悪化し、生活面・仕事面でも悪影響が。。

 

専門的には『反芻 思考(はんすう しこう)』とか『反復 思考』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

…さぁ、ご自身の “本当の気持ち” に耳を傾けてみてください。

 

こころの底では、すでに「職場の人間 関係から、開放されたい…」と願っていませんか?

 

あるいは、できるなら「ほかの環境に逃げ込みたい…」と望んでいないでしょうか?

 

ちなみに、脳科学・心理学の研究によると、本心を抑え込みがちな人ほど、かえってミスや失敗を悪化しやすい傾向に。

(参考 文献:『脳はどこまでコントロールできるのか?』)

 

なので、科学的には「過度なガマン=NG」。

 

このさきに “将来のキャリア像” が描けないなら、べつの会社に移動するという「逃げ道」を用意するのも一手ですよ。

 

【悲報】劣悪な「合わない会社」に居続ける末路とは?

 

とはいえ、↓以下のような考えもあるかもしれませんね。

 

上司
上司

仕事が怖いからって「逃げ出したい」だなんて、、甘ったれにも程がある! 泣き言をいうな!

会社にメイワクをかけてる自覚があるなら、ほかの人の “倍 以上” も努力して、現状を打開すべき!

嫌なこと・ツライことを避けてばかりいると、キャリア選択で “逃げグセ” がついて大変だぞ!

 

かなりキツめの意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、苦しいことから逃げてばかりだと、成長も見込めないもの。

 

となれば、ここは1つ「逆境・人生の試練を乗り越えるチャンス」だと割りきって、今後の糧(かて)にするのも一手。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、劣悪な職場 環境に耐えつづけ、合わない仕事・会社にガマンする “リスク” もまた…あると思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、向いてない仕事 環境に居続ける人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・無気力感が悪化
・マイナス思考が悪化
・人生の絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・労働パフォーマンスが悪化
・仕事のモチベーションが悪化
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、会社とのミスマッチを放置しがちな社員ほど、ストレス状態が悪化し、成果も上げにくくなることに。。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

このさき40〜45年 以上にわたり、逃げ出せない袋小路に追い込まれ、恐怖にさいなまれ続ける “暗い未来” を。

 

1日じゅう「仕事の出来・不出来」を責められ、低スキル・低賃金へと追い込まれていく “不幸すぎる末路” を。

 

…そんなキャリア人生、あんまりだと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「会社に行くのが怖い…もう逃げ出したい…」を脱出すべく、科学的な「2つの突破口」を解説

 

▶︎ネガティブ感情の吐露
▶︎退却策の確保

 

にゅー
にゅー

「仕事が怖い…許されるなら、もう逃げたい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【恐怖を克服】仕事が怖い、逃げたい…→「逃げ出したい」を解消する【2つの突破口とは?】

 

さて、1つ目に紹介するのは『ネガティブ感情の吐露』についてです。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

職場で感じたストレスや恐怖心・不安感などを、毎日きちんと吐き出せているでしょうか?

 

あるいは、仕事のグチ・悩みなどを、親しい友人や信頼できる家族に打ち明けられていますか?

 

…反対に、しっかした休みも取れないまま、メンタル的・身体的な負担を抱え込んでいないでしょうか。

 

じつは、心理学の研究によると、定期的にマイナス感情を暴露できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・不安や焦りが減少
・ネガティブ思考が減少
・イライラしにくくなる
・モチベーションがアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・ポジティブ気分がアップ
・感情コントロール力がアップ
・再 就職率が “27.3%→68.4%” に改善

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『サーチ・インサイド・ユアセルフー仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法『後悔しない超 選択術』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、習慣的に仕事ストレスを発散できる人ほど、精神的に安定しやすく、転職 成功率も “約2.5倍” アップする傾向に!

 

専門的には『エモーショナル ディスクロージャー』と呼ばれ、心理カウンセリングでも利用される手法の1つですね。

 

たとえるなら、えんえんと心のモヤモヤを溜め込むことは、コップから溢れるまで水を注ぎつづけるようなもの。

 

↓以下の記事では、1日8分でOKな『エクスプレッシブ ライティング』というテクニックについて、くわしく解説。

 

くわえて、あなたの “人生の道しるべ” となる『価値観の再設計』という対策法についても、あわせて お話しています。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

【科学が証明】『もしもの退却策』を確保すべし!

 

さて、さいごは『退却策の確保』についてです。

 

そして、ここからがメインテーマ。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事が怖い…」を克服できない人の97〜99%には、1つの “失敗パターン” が。。

 

それは、無料 支援サービスの活用という、 “現実的な撤退ツール” を準備できていないこと。

 

いいかえると、いまの職場に残るという “1つの手段” しか持てず、ほかの解決策・打開策を考慮できずにいる。

 

分かりやすくいうと、視野が狭まっているのですね。

 

…かなり直球で、すみません。

しかし、たしかな事実。

 

…ここで1つ、ご自身について思い返してみてください。

 

「どうせ、ほかの職場に移っても “ダメ人間” として扱われるだけ…」と、悲観的になっていないかと。

 

「こんな自分を採用してくれる会社なんて、どこにも無いだろうし…」と、絶望にさいなまれていないかと。

 

じつは、臨床 心理学の研究によると「マイナス思考に囚われがちな人ほど、問題 対処力が低下しやすくなる傾向」に。

(参考 文献:『後悔しない超 選択術』『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』とか『視野 狭窄(しや きょうさく)』などと呼ばれる心理ですね。

 

残念なことに、、わたしたちは強いストレスを受けているときほど、目のまえの課題に対処できなくなってしまう。。

 

反対に、仕事の恐怖・不安から逃れられるビジネス パーソンほど、つねに転職 or 退職という “逃げ道” を持っているもの。

 

みんな口にしないだけで、いつでも職場を変えられるように、じぶんだけの “退路” を備えているものなのです。

 

その証拠に、心理学の研究によると「ネガティブ状況への対処法を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに欠かせないのは、不遇な仕事 環境から脱するべく「万が一の退避ルートを用意すること」なのだと。

 

にゅー
にゅー

「いっそ逃げたい…仕事に行くのが怖い…」と感じるいまこそ、科学データを参照しつつ動き出しましょう!

 

【まとめ】仕事から逃げたい…→「会社が怖いとき」の唯一の改善策とは?【答:あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「行動を後回しにするデメリット」について。

 

研究 結果によると、決断を先送りにしがちな「優柔 不断な人」ほど、キャリア選択に失敗し、年収がダウンする傾向に。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

いま振り返ると、わたしが「あのとき動いて正解だった…」と感じるのは、すべて『みずからの意志で起こした行動』。

 

なにも考えずに即断 即決で起こした行動だけが、キャリアの未来を切り拓く ”起死 回生の一手“ だったと実感しています。

 

…さぁ、頭のなかに思い浮かべてみてください。

 

このまま現状 維持に留まり、あなた自身の未来と将来のキャリアに絶望する “苦痛の毎日” を。

 

反対に、ツライ現状から抜け出し、行動によって将来を切りひらく “可能性ある未来” を。

 

あなたが欲しいのは、どちらの人生ですか?

 

このさきの運命を変えられるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択しだい』です。

 

あなたを窮地から救い出してくれるのは、たった1つ『あなた自身の行動だけ』なのです。

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話に耳を傾けてくれた懸命な あなたなら、きっと明るい未来を掴んでいけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう強く信じています!

 

人生の決定権は、あなたが握っていますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました