【最新版】仕事に行くのが怖い…→働くのが恐怖=甘え?対策2選で【科学データをもとに解決】

【仕事に行くのが怖い】

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

はぁ…もう会社に行きたくない。。

仕事に行くのが怖すぎて、夜 眠るのすら恐怖…明日、また出社しなきゃなのか。。

朝 起きると吐き気が止まらないし、訳もわからず泣きそうになるときがある。。

メンタルの状態がヤバい…もう、働くのが限界なのかも。。

このさき40年 以上も、この恐怖と向き合わなきゃだなんて…頭おかしくなりそう。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【克服策】働くのが怖い…仕事に行きたくない…→『現状の把握』で解決⁉︎
▶︎科学的な「4つの突破口」で【完璧に克服】詳細は記事の後半にて解説

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【最新版】仕事に行くのが怖い…→働くのが恐怖=甘え?対策2選で【科学データをもとに解決】

【克服策】働くことが怖い…仕事に行きたくない…→解決のカギは『現状の把握』⁉︎【科学で解説】

 

【必見】本記事では、あなたの仕事の悩みを解決すべく、科学的なデータにもとづいて、克服策を発信していきます。

 

絶対に、大丈夫
あなたの苦しみは、きっと解消できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事に行くのが怖い…働くのが恐怖すぎる…」を解決するキーワードは、『現状の把握』

 

↓以下のような感じで、出社を恐れている理由を理解することが、問題を克服する “第一歩” に。

 

「仕事に恐怖を感じているのは、なぜだろう?」
なにが原因で、出勤するのが怖いんだろうか?」

 

その証拠に、心理学の研究によると、問題点を “客観的に” 分析できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、懸念点を “具体的に” 認識できる人のほうが、メンタルが改善されるほか、問題を解決しやすいのです!

 

そこで、↓以下の例を参考にしつつ、「恐怖心の源泉」を明確化するのがオススメ。

 

【職場 環境の問題】
・サービス残業が慢性化している
・年間 休日が120日を割り込んでいる
・月の残業 時間が40時間を超えている
・過重 労働のせいで、プライベートが犠牲に
・長期 休暇が明けた直後で、うまく溶け込めるか心配…など

 

【業務 内容の問題】
・重すぎる責任を課され、重圧を感じている
・パワハラ or モラハラ傾向が常態化している
・大失敗してしまい、周囲からの非難がツラい
・休日 明けの月曜で、山積みの仕事のせいで憂鬱
・キャパシティを超えた働きを強要されてストレス…など

 

【対人 関係の問題】
・人格を否定してくるニガテな人がいる
・お局さま のイジメ、陰口が精神的にキツい
・妬みやすい同僚から、嫌がらせを受けている
・職場に信頼できる人、頼れる人がいなくて孤独
・高圧的な先輩のせいで、過剰にミスを恐れている
・社内で孤立し、コミュニケーション不全が起きている…など

 

まずは、さいしょの一歩として「問題点の把握・分析」に目を向けるのがオススメですよ。

 

【悲報】他人との比較+自信 喪失=最悪の方法⁉︎

 

とくに、仕事で大きな損失を出してしまったとき、社内の「優秀な人」と「できない自分」を比較してしまいがち。

 

…しかし、です。

 

じつは、社会 心理学の研究によると「じぶんよりも優れた人と比べると、自信を失いやすくなる」と証明されています。

(参考 文献:『新編 社会心理学 改訂版』)

 

専門的には『社会的 比較(しゃかいてき ひかく)』とか『上方(じょうほう)比較』などと呼ばれる心理ですね。

 

…さぁ、頭の中で思い浮かべてみてください。

 

職場の「デキる社員」と ご自身を比較してしまい、仕事への恐怖心や不安感を悪化させたことはありませんでしたか?

 

翌朝、出社するときに「無能でダメな じぶんが、いまの会社にいる必要は…」と、絶望を感じたことはなかったでしょうか?

 

ご注意ください

 

自責の念にとらわれることは、科学的に見て “百害あって一理ナシ” 。

 

その証拠に、心理学の研究によると、自尊心が低い(自信がない)人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・マイナス思考が悪化
・早死にリスクが悪化
・不安感、恐怖心が悪化
・ストレス レベルが悪化
・完璧 主義の傾向が悪化
・自暴 自棄になりやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪が悪化…など

 

▶︎職業的なデメリット
・職場内の生産性がダウン
・キャリア選択に失敗しやすくなる
・昇進、昇給のチャンスを逃しやすくなる…など

 

▶︎対人 関係のデメリット
・恋人と破局しやすくなる
・家庭が崩壊しやすくなる
・友人 関係を壊しやすくなる
・社内で「無能」だと誤解されがちに
・他人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、メンタル的に落ち込みやすい人のほうが、仕事キャリアに失敗しやすく、人生レベルで「大損」する傾向に。。

 

ただ一方で、自身の無さを「推進力」に変えられると、むしろポジティブ思考の人よりも良い成績を出すのだとか。

 

なので、他人との比較・仕事の失敗などは、すべて「学びのチャンス」「スキル アップの機会」と捉えるのが吉

 

他人の目や周囲からの評価が気になるなら、いっそ開きなおって「前に進むチカラ」に変えるのが、合理的な選択です。

 

【危険】マイナス思考の反復=人生の失敗

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

職務中だけでなく、休憩中やプライベートの時間にまで「仕事が怖くて…」というマイナス思考が “侵食” していないかと。

 

せっかくの晴れた休日の日。
なのに、仕事のことが忘れられず、大好きな「趣味の時間」にすら没頭できずにいないかと。

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意。

 

じつは、脳内で「悲観的な考え」がヘビロテされがちな人ほど、 “人生の失敗” を招きやすくなるのだそう。。

 

というのも、心理学の研究によると、頭のなかでネガティブ思考が反復されるほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・幸福度がダウン
・社交力がダウン
・睡眠の質が悪化
・対人 関係が悪化
・抑うつ気分が悪化
・不安、焦燥感が悪化
・仕事 満足度がダウン
・問題 解決力がダウン
・ストレス抵抗力がダウン
・自尊心(自信)がダウン
・学習、仕事 成績がダウン
・人生のコントロール感がダウン…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』

 

にゅー
にゅー

つまり、公私 問わず「仕事への恐怖心」が くり返されることで、ストレスに弱く、メンタルが悪化しやすくなるのですね。。

 

専門的には『反芻(はんすう)思考』とか『反復 思考』などと呼ばれる心理 状態ですね。

 

なので、昼夜 関係なく「明日の出勤が怖い…」が何度もリピートされるようなら、すでに “限界の一歩 手前” かも。。

 

お気をつけください

 

私生活にも「働くことへの恐怖心」が持ち込まれているなら、、脳と心が発する “危険 信号” だと解釈すべきですよ。

 

【科学的な真実】「失敗の許容」が成功のコツ!

 

ここで一度、振り返ってみてください。

 

あなたの職場には、業務的な判断を間違えたときに「失敗を許容する文化」がありますか?

 

あるいは、大きなミスを社員みんなでカバーし合えるような「協力的な社風」が、きちんと築かれているでしょうか?

 

じつは、過剰に仕事のミスを責められる職場ほど、かえって仕事の大失敗を引き起こしやくなることが分かっています。

 

専門的には『努力 逆転の法則』『エミール・クーエの法則』と呼ばれる現象ですね。

 

反対に、心理学の研究によると、ミスや失敗が許容される雰囲気がある職場ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・学習(仕事)成績がアップ
・自己 肯定感(自信)がアップ
・セールスの売り上げが “37〜88%” アップ…など

(参考 文献ー『幸福 優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式 最新 成功理論』)

 

にゅー
にゅー

まとめると「失敗してOK。どんどん試してガンガン学ぼう!」という風土があるほうが、社員のメンタルが安定し、成果も上がりやすいのです!

 

専門的には『再起力』とか『失敗 許容力』などと呼ばれる心理ですね。

 

そこで、オススメの方法としては、社内で「あなたの存在を “まるごと” 認めてくれる人」を見つけること

 

間違っても、批判的な人・攻撃的な人の意見ばかりを聞きすぎないこと。

「叱責」や「罵倒」に耳を傾けても、メリットは皆無。

 

あなたの仕事を粗探しするような、ネチネチ系の上司・先輩の意見は、全力スルーでOK。

科学的に見ても、です。

 

なので、多少の失敗やミスを許し、あなたを勇気づけてくれる “メンター(精神的な支柱)” を探し出すのが吉ですよ。

 

【警告】「ネガティブな思い込み」に囚われると…

 

さいごに1つだけ、あなたに注意してほしいことがあります。

 

それは、いまの仕事で感じている恐怖心を、ほかの環境に持ち込んではいけないということ。

 

というのも、わたしたち人間は、強烈にネガティブなことが1つあると、他のことにもマイナス思考を広げがちなのだそう。

 

たとえば、↓以下のイメージですね。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

毎日、出社するのが怖い…仕事に行くのが恐怖すぎる。。…でも、どうせ他の職場に行っても同じなんだろうな…オレの人生に、逃げ道なんて無いはずだから。。

 

専門的には『過度の一般化』とか『ネガティビティ バイアス(悲観的な先入観)』と呼ばれる心理 状態ですね。

(参考 文献:『無理なく限界を突破するための心理学 突破力』『マンガでやさしくわかる認知 行動療法』)

 

恐ろしいことに、いちど「仕事への恐怖心」が作られてしまうと、ビジネスに関わること全般を避けがちになります。

 

つまり、強烈なトラウマ体験による思い込みが、あなたの人生すべてを苦しめてしまうということ。。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

あらゆる ものごとのダーク サイドばかりに目を向けて、キャリアを棒に振ってしまう “不幸な末路” を。

 

失業、低賃金、友人・家族との別離…といった、仕事の失敗が人生 全般に広がっていく “悲しい未来” を。

 

そんな将来、絶対にイヤだ。

もっと平和な毎日を送りたい。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「仕事が怖い…いったい、どうしたら…」を解消すべく、科学的な「4つの突破口」を紹介

 

▶︎マイナス感情の暴露
▶︎価値観の見直し
▶︎セルフ  コンパッション
▶︎逃げ道の確保

 

にゅー
にゅー

「朝 起きるのが怖い…出勤したくない…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【効果を保証】仕事が怖い…→「職場への恐怖心」を克服するには?【科学的な2つの突破口】

 

さて、1つ目に解説するのは『マイナス感情の暴露』について。

 

じつは、心理学の研究によると、習慣的に仕事のグチや不満を吐き出せる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・イライラ感が改善
・マイナス思考が改善
・不安感、焦燥感が改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力が改善
・感情コントロール力が改善
・仕事のモチベーションがアップ
・再 就職率が14%→53%にアップ…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『マンガで分かる心療 内科ー第5巻』)

 

にゅー
にゅー

つまり、定期的にストレスを吐露する人のほうが、ストレス耐性が強く、しかも転職 成功率が “約3倍アップ” するのです!

 

たとえるなら、心のうちに溜まったネガティブ感情を曝(さら)け出すことは、風船の “ガス抜き” をするようなもの。

 

そこで、↓以下の方法を参考にしつつ、「感情の暴露」を実践するのがオススメですよ。

 

▶︎仕事の苦痛を「紙に書き出す」
▶︎独り言で「グチを言葉にする」
▶︎会社の不満を「友だちに話す」
▶︎仕事のツラさを「家族と共有」
▶︎専門のカウンセラーに「相談」
▶︎芸術作品で自分を「表現する」…など

 

もっとも手軽で効果アリなのは、1日に8〜20分くらい「ストレスについて紙に書き出す」という方法。

用意するのは紙とペン“だけ”

 

専門的には『エクスプレッシブ ライティング(筆記 開示)』と呼ばれるテクニックですね。

 

もちろん、親しい友人や家族など、あなたが信頼を置いている人に話すのも効果的。

 

一方で、本心を抑え込むのは…科学的に “NG”

 

じつは、心理学の研究によると、本音を押しころしがちな人ほど、メンタルが悪化しやすくなると分かっています。

 

なので、たとえ仕事だとしても、できないことはキッパリ「できません!」と断るのが吉。

 

お金(給料)をもらっているとはいえ、ムリなことを強要されたら、ストレスが溜まって当然ですから。

 

なので、↓以下の方法を参考に「正直、いまの環境に限界を感じていて…」と打ち明けるのも一手。

 

・人事に「部署 異動」を打診する
・上司に「配置 替え」を願い出る
・責任者に「休暇の取得」を申請する…など

 

断言できます。

 

仕事への恐怖心を克服する “ファースト ステップ” は、あなたの気持ちを吐き出すことにあると。

 

【人生の目的】価値観の見直し=打開の一手に!

 

さて、2つ目に お話するのは『価値観の見直し』について。

 

じつは、心理学の研究によると、じぶんの価値観を “客観的に” 認識できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・共感力がアップ
・イライラ感が減少
・マイナス思考が減少
・長寿になりやすくなる
・不安感や恐怖感が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分が上昇
・主観的な幸福感が上昇
・自信が回復しやすくなる
・感情コントロール力が改善…など
▶︎経済的なメリット
・将来の収入がアップ
・将来的な貯蓄率が改善…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、ハッキリと価値観を理解できている人のほうが、精神的に安定しやすく、経済的にも成功しやすいのです!

 

なので、あなたが人生レベルで追い求める「より大きなゴール」を設定するのがオススメ。

 

また、べつの研究データによると、人生の目的・生きる意味を持てる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感が向上
・社交性が向上
・共感力が向上
・抑うつ傾向が改善
・恐れ、不安感が改善
・記憶力の低下を防ぐ
・ポジティブ気分が上昇
・ストレス抵抗力が上昇
・良い対人 関係が築きやすくなる…など
▶︎職業的なメリット
・集中力がアップ
・仕事のモチベーションが改善
キャリア選択に成功しやすくなる…など
▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改善
・不眠になりづらくなる
・ナチュラルキラー細胞が活性化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』)

 

にゅー
にゅー

つまり、人生の目標を見定めている人のほうが、メンタル・フィジカルともに健やかで、業務 成果も上がりやすいということ!

 

じつは、世のビジネス パーソンの97〜99%が陥りがちな “大失態” が、人生の「最終的な目的地」を定めていないこと。

 

安直な「資格の取得」や「ビジネス マナーの勉強」よりも、よほど意義があるのが “生きる指針の設計” 。

 

たとえるなら、あなた自身の価値観・人生の目標を知ることは、ビジネスという海を渡る “コンパス” を手にするようなもの。

 

とくに「仕事=人生のすべて」と解釈しがちな人ほど、足をつまづいたときにリカバリー(回復)できなくなるもの。

 

「働くこと」との距離が、近づき過ぎている状態ですね。

 

なので、あなただけ持つ “普遍的な価値” に目を向けるのが吉。

 

①3つのフレーズをピックアップ

 

そこで、このさきでは認知 行動療法でも使われる『ACT』というテクニックを参考に、あなたの価値観に迫っていきます。

 

まずは↓下図を参照して、直感的にピンとくる「3つのフレーズ」を抜き出してみてください。

 

価値観リスト

 

さて、見つけられましたか?

 

もちろん、↑上図に適切なワードがなければ、あなたオリジナルのものを選んでもOK。

 

②3つのキーワードを「点数 付け」

 

つぎに、↓下図のようなイメージで、さきほどチョイスした3つのコトバを「10点 満点」で採点してみてください。

 

「数値化」によって、価値観の強さを明確化するプロセスですね。

 

価値観リストの数値化

 

これで、あなたの価値観に “優先 順位” が付きました。

 

もっとも点数が高かったものが、あなたの「最上の価値」です。

 

③仕事 × 価値観でリンクさせる

 

…さぁ、さいごは少しだけ難しいかもです。

 

↓以下のイメージを参考にしつつ、あなたの「仕事 × 価値観」を結びつけて、とらえ直してみてください。

 

ビジネスマン①
ビジネスマン①

ボクは『合理性』が重要。だから、いまの職場の「成果 主義」なところは、意外と性に合ってるんだよなぁ…ドライなほうが、むしろ心地いい

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

私は『つながり』が大切ね。だからか、仕事場でも家族的な関わり方ができると、こころ穏やかに業務をこなせる感じがするわ。

 

これで、すべてのプロセスが完了です。

お疲れさまでした。

 

以上に紹介した方法は、専門的に『ジョブ クラフティング』『ワーキング アイデンティティー』と呼ばれるもの。

 

価値観と仕事観とをリンクさせる、科学的に効果アリな手法の1つです。

 

メリットとしては、↓以下のとおりですね。

 

・離職率が改善
・仕事 満足度がアップ
・モチベーションがアップ
・問題 解決スキルがアップ
・業務パフォーマンスが改善
・やりがいを感じやすくなる
・仕事に情熱を持ちやすくなる
・ポジティブな感情や行動が増加…など

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

「働くことへの恐れ」を取り去る2つ目の手段は、より大きな価値に意識を向けることにアリですよ。

 

【優しい人が勝つ⁉︎】セルフ コンパッションとは?

 

さて、3つ目に解説するのは『セルフ コンパッション』について。

 

直訳すると「自己への優しさ、慈悲の心」「自己 受容」といった意味ですね。

かんたんにいうと「自分を受け入れるチカラ」のこと。

 

じつは、現代 心理学の研究によると、じぶん自身に「思いやり」を向けられる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・自制心が改善
・共感性が改善
・衝動性が改善
・やる気がアップ
・抑うつ気分が改善
・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・学習(仕事)成績がアップ
・自己コントロール感がアップ
・「成長に繋がる努力」をしやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りにくくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自然体の自分を受け入れられる人のほうが、メンタルの状態が安定し、忍耐 強さがアップするのですね!

 

ただ一方で「じぶんに優しく〜…」「みずからに思いやりを〜…」なんて、どこぞの宗教か、、と感じるかもですね…(笑)

 

しかし現代では、↓以下のような科学の分野で、広く『セルフ  コンパッション』のメリットが指摘されています。

 

・脳 神経科学
・精神 医学
・心理学…など

 

コツとしては、頭のなかで「最も親しい友人」をイメージして、第3者 視点で思いやりのコトバをかけてあげること。

 

心から信頼できる親友を無碍(むげ)にする人は、、まぁいませんよね。

 

なので、じぶんや家族ではなく「親しい友人」を立てるのがポイントです。

 

そして、想像上の友人にアドバイスするときは、↓以下のような一般論・精神論は手放すのが吉。

 

・社会人としての「責務」や「義務」
・働き手としての「正しさ」や「先入観」

 

…さぁ、想像してみてください。

 

親友のメンタルが傷ついているとき、あなたは どんな「優しさ」を向けてあげますか?

 

心が弱っている友人に、どのような「いたわりの言葉」をかけてあげるでしょうか?

 

もしも、自己 否定や自己 嫌悪の波が襲ってきたら、↓以下のように問いかけてみてください。

 

「こころからの大親友に、こんなに暴力的なこと口にするかなぁ…?」

 

数々の科学データが示すように、激動の現代を生き残れるのは「じぶんに優しくできる人」

 

ぜひとも「受け入れるチカラ」を身につけて、仕事への恐怖感を克服していきましょうね。

 

【人生を逆転】『逃げ道の確保』に注力せよ!

 

さて、さいごに お話するのは『逃げ道の確保』について。

 

…さぁ、ここからが本番です。

 

あなただけにコッソリ打ち明けると、、「仕事が怖くて…」を克服できない人の9割 以上には、共通の “失敗パターン” が。

 

それは、転職サービスの活用という、“現実的な退却ツール” を準備できていないこと。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのです。

 

…きびしい意見で すみません。

しかし、事実です。

 

反対に、心理学の研究によると、ネガティブな状況に対処する手段を持てる人ほど、逆境を乗り越えやすいのだそう。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理ですね。

 

つまり、いくつもの選択肢・可能性を検討できるかどうかが、成功の可否を分ける “分水嶺(ぶんすいれい)” 。

 

その証拠に、仕事ストレスを脱却できる賢明なビジネス パーソンほど、じぶんだけの “逃げの一手” を備えているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも不適切な職場から抜け出せるよう、 “退避 手段” を持っているものなのです。

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2人を比べたとき、どちらが「このさきの将来も、こころ穏やかに働いていけそう」だと思いますか?

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

もうストレスが限界…いっそ仕事辞めたいくらい。。…でも、生活のこともあるし、いまの職場でガマンしていくしか。。

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

正直、働くことに疲れた。。…だけど、どうしようもなくなったら、職場を変えるって選択肢もある。 世の中のサービスを使えば、まだまだ“活路” は見出せるはず…!

 

【恐怖】逃げられない環境=心身に悪影響⁉︎

 

断言できます。

 

いまのあなたに欠かせないのは、不遇な環境を抜け出す “退却ルートの確保” だと。

 

その証拠に、生理心理学の研究データによると、↓以下のことが証明されています。

 

回避 困難なストレス状態に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすいことが分かった」

 

▶︎メンタルの問題
・抑うつ感が悪化
・無気力感が悪化
・問題 解決力がダウン
・決断力、判断力が低下
・記憶力、思考力が低下
・ストレス抵抗力が低下…など
▶︎身体の問題
・免疫力がダウン
・細胞の老化が悪化
・短命になる傾向が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』)

 

にゅー
にゅー

まとめると「どこにも逃げ場がない…」という絶望感に支配されるほど、メンタル・フィジカルともに悪影響が。。

 

専門的に『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる状態ですね。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

「仕事に行きたくない…働くのが怖い…」という不安や恐怖。

 

できるなら、すぐにでも苦痛から解放されたい
仕事のストレスを回避したい

 

…そう思いませんか?

 

【0円で運命を変える】無料サービスの活用法とは?

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話を聞いてくれた あなたにだけ、特別 扱いで「科学データに基づいた “秘策” 」を お伝えしちゃいます

 

個人的に強くイチオシなのは、転職サイト・エージェントに登録 “だけ” しておくという手法。

 

というのも、臨床 心理学の研究によると「対処法を手にする “だけ” でも、ストレスに強くなる」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、認知行動療法という心理セラピーでも使われる技法の1つですね。
なので、効果のほどは実証 済み

 

わたしが思うに、転職や退職に踏み切れないのは、↓以下2つの「問題」があるからかと。

 

・良い転職先に出会えるかが分からない
・採用プロセスにコストがかかりすぎる

 

そこで、一気に転職 活動をすすめるのでなく、まずは “小さな一歩” から始めるのがオススメ。

 

精神的な負担・労力ともに最小限なので、ササッと手軽にできるテクニックの1つです。

 

とくに、大手 支援サービスでは↓以下すべてが0円で利用 可能なので、もしもの“起死 回生の一手” に使えること確実

 

▶︎メンドクサイ採用 手続きを すべて代行
▶︎第3者 視点で あなたのPRポイントを指摘
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎専属スタッフに面接・書類 対策を一任できる
▶︎ブラック企業を除いた求人だけを探してくれる…など

 

ただ一方で、「営業トークに乗せられそうで怖い…求人をゴリ押しされそうで、ちょっと…」という心配があるかも。

 

だいじょうぶ。

どうか、ご心配なく。

 

もし、億が一にでもサービス内容に満足できなければ、スマホを2〜3タップしてスパッと「利用 停止」で問題ナシ

 

わずか30秒もあれば完了ですよ。

 

そして、登録 作業はシンプル

本記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけ。

 

超かんたんですよね。

 

それから、支援サービス8社 以上を比較・テストした結果、、わたしの結論は“大手が最強”

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

かりに、↓以下の2つのいずれかを利用するとき、どちらが「安心して使えそうだな〜…」と感じますか?

 

▶︎実績、サービス内容ともに不明な企業
→求人数は数百〜数千 件くらいで少数
▶︎知名度、サービスの充実度すべてが保証された大手の会社
→ “非” 公開 求人を含め6万〜11万 件の求人数で大ボリューム

 

きっと、信用性が保証された大手サービスのほうが、どこぞの馬の骨(すみません!)よりも安全に利用できるはず。

 

…そう思いませんか?

 

たとえるなら、大手の転職サービスを利用することは、1,000名 以上もの専門スタッフたちを “味方” にするようなもの。

 

高度な教育を受けた専属エージェントたちを、あなただけの “協力者” として有効 活用しちゃいましょう。

 

とうぜんですが、大手 無料サービスのメリットを実感できるのは、じっさいに登録してみた人だけです。

 

その安心感たるや、、「もっと早く知っておいたら良かった…」と後悔するレベル

リアルに使ってみたときの、わたしの実体験です。

 

なので ぜひ、あなたにも大手 支援サービスの信頼+安定を体験して欲しく思います

 

登録は3分もあればOK

 

休憩中や通勤 電車のなかでも、チャチャっとできちゃいますよ。

 

正直にいうと、以上のメリットがある “撤退ツール” を備えておかないなんて、、もったいなさ過ぎる

あまりにも、もったいないことです。

 

当記事での話を じっくり聞いてくれた聡明な あなたには、より質の良い “大手 企業のサービス” が最適解

 

にゅー
にゅー

「仕事に行くのが怖い…ストレスが限界…」と感じるいまこそ、科学データを参考に行動していきましょう!

 

【結論】働くことが怖い…→「仕事場への恐怖心」を解決する唯一の方法とは?【あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝を。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、産業 心理学の研究から「先延ばしにするデメリット」について。

 

研究 結果によると、行動を後回しにしがちな人ほど、将来の年収が下がり、キャリア選択に失敗しやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

思えば、わたしが「あのとき決断しておいて良かった…」と感じるのは、いずれも『みずからの意思で判断したこと』。

 

選択を先延ばしにして幸いしたことは、、すみません。

ちょっと思いつきません。。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

もしかしたら、現状 維持に甘んじたさきにあるのは、社会や企業から つまはじきにされる “人生の不幸” かも。。

 

「いや…将来の暗闇を見るよりも、もっと “明るい人生” を歩みたい!」
“ポジティブな未来” を掴みたい!」

 

…そう思いませんか?

 

すべては、いま この瞬間の『あなた自身の選択』次第

 

ここまで、わたしの話を聞くという『行動』に移せた あなたなら、きっと未来を変えられるはずですよ。

 

にゅー
にゅー

望む未来を手にすべく、いますぐ動き始めましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました