【恐怖の40代】仕事に行くのが怖い…働くのが憂鬱…→対策2選で【科学データありで解決】

【40代の苦悩】仕事が怖い

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

はぁ…働くことが怖い…。

もう40代だけど、仕事に行くのが恐怖でしかない…明日の出勤がツラい。。

体力も気力も、すでに限界かも…さいきんオーバーワーク気味だし、もう疲れたよ。。

…かといって、バリバリ仕事がデキるわけでもないし…転職も難しいかも。。

この先20〜30年 以上も、こんな毎日が続くのか…? 正直、耐えられない。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【失敗を回避】仕事に行くのが怖い…→解決策は『現状の把握』⁉︎【データで解説】
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完璧に克服】※くわしくは記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【恐怖の40代】仕事に行くのが怖い…働くのが憂鬱…→対策2選で【科学データありで解決】

【失敗を回避】気付けば40代。仕事が怖い…働くのが恐怖…→『現状の把握』で【突破せよ⁉︎】

 

【必読】当記事では、あなたのキャリアの悩みを解消すべく、科学的なデータをもとに、解決策を発信していきます。

 

絶対に、大丈夫
あなたの苦しみは、きっと解消できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「気付けばアラフォー。なのに、仕事が怖い…」を解決するカギは、『現状の把握』にアリ

 

↓以下のようなイメージで、今まさに直面している「懸念点」を、客観的に分析することが先決です。

 

恐怖心の原因はなんだろう?」
「出社するのが怖いのは、なぜか?」

 

というのも、心理学の研究によると、事実・データをもとに問題点を認識できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、具体的に「問題の理解」に努められる人のほうが、メンタルが安定し、問題を解決しやすくなるのです!

 

そこで、↓以下 “15の例” を参考にしつつ「原因の明確化」にフォーカスするのが吉ですよ。

 

・年下 上司にナメられるのが苦痛
・業務 内容に優先 順位が付けられない
・「働く目的」がアヤフヤになっている

 

・管理職の立場になって、部下の教育に疲れた
・取引先に頭を下げてばかりで、精神的にツラい
・若者 世代とのコミュニケーションに悩んでいる

 

・就業 時間のうちに、作業が終えられなくなった
・成功した同期と比較して、ストレスを感じている
・ミスや失敗をすると、鬼のように怒られてキツい

 

・若いときほど、要領よく業務をこなせなくなった
・給料が頭打ちになり、社内のポストに限界が見えた
・理解力に問題が生じて、うまく意図が汲み取れない

 

・じぶんの判断に自信が持てず、的確な指示ができない
・上の立場にあるせいで、不明点を質問しづらくなった
・頭の回転が遅くなり、焦ってパニックになることが増えた…など

 

【警告】合わない仕事を続けるデメリットとは…⁉︎

 

…ここで1つ、注意してほしいことが。

 

じつは、科学的なデータを参照すると、「やりがい」や「情熱」を感じられない仕事を続けるのは、、かなり危険

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、向いてない職場に残り続ける社員ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・無気力 傾向が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・モチベーションがダウン
・他人を信じられなくなる
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

つまり、仕事のミスマッチから目を逸らす人ほど、メンタルが悪化し、業務 成果も上がりづらくなることに。。

 

とくに、職場との不一致を放置しがちな人ほど、後々に『燃え尽き症候群』に陥るリスクが悪化するのだそう。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

合わない仕事や会社に居続けるほど、あなたの将来の可能性が閉ざされていくという “ツラ過ぎる恐怖” を。

 

自分にマッチしていない責任や重圧を課されるほどに、あなたの望む職業 生活が遠のいていくという “悲痛な絶望” を。

 

そんな人生、絶対にイヤだ。

キャリアの成功をフイにしたくない。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、↓以下を参考にしつつ「現状を変えること」に目を向けるのも一手。

 

・人事 異動を申請してみる
・社内の配置 換えを打診する
・信頼できる同期や友人に相談する
・家族と話して、仕事への理解をもらう…など

 

このさきの未来を明るくできるかは、いま この瞬間の『あなた自身の選択』次第ですよ。

 

【悲報】40代=人生の満足度が「最低レベル」に⁉︎

 

じつは、発達 心理学の研究によると、40代は「もっとも幸福度・人生の満足度が低下する年代」なのだそう。

(参考 文献:『発達 心理学 健やかで幸せな発達をめざして』)

 

専門的には『中年の危機』とか『中年期 危機』などと呼ばれていますね。

 

にゅー
にゅー

つまり、あなたは現在、ながい職業 人生のなかで「もっともツラい時期」の最中にあるということ!

 

とくに40代ともなると、仕事で「じぶんの能力の限界」に直面することも多く、無力感に襲われることも少なくないもの。

 

変化の大きい現代では、スキル アップの見込みが立たなければ、将来に漠然(ばくぜん)とした不安を抱えるのも止むなし。

 

…ここで1つ、振り返ってみてください。

 

職務をこなしていくなかで、「もう成長は見込めないな…」と “絶望感” に打ちひしがれる経験がなかったかと。

 

家庭での「親として重圧」や「子育てのストレス」が災いして、突然「何もしたくない…」と “倦怠(けんたい)感” に襲われなかったかと。

 

…しかし、どうか望みを捨てないでください。

 

あきらめる必要はありません。

 

じつは、べつのデータによると、40代の “厳しい冬の時代” を乗り越えると、その後の人生の満足度は最大化される傾向に。

 

つまり、現在の苦境を乗り切ったさきには、バラ色の生活が あなたを待っているのです。

 

…希望の持てる話だと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「もう気付けばアラフォー…働くのが怖い…」を解消すべく、科学的な「2つの打開策」を紹介

 

▶︎人生の目的を再設計
▶︎選択肢を広げる

 

にゅー
にゅー

「仕事に行くのが怖い…このさき、自分はどすれば…」と苦しむ今こそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【克服】働くのが恐怖…仕事が怖い…→40代のキャリアを成功させる打開策2選で【科学的に解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『人生の目的を再設計』について。

 

じつは、心理学の研究によると、明確に「生きる意味」を持てる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎精神的なメリット
・幸福感が向上
・社交性が向上
・共感力が向上
・抑うつ傾向が改善
・恐れ、不安感が改善
・記憶力の低下を防ぐ
・ポジティブ気分が上昇
・ストレス抵抗力が上昇
・良い対人 関係が築きやすくなる…など
▶︎職業的なメリット
・集中力がアップ
・仕事のモチベーションが改善
キャリア選択に成功しやすくなる…など
▶︎身体的なメリット
・抗 炎症作用が改善
・不眠になりづらくなる
・ナチュラルキラー細胞が活性化…など

(参考 文献:『目的の力ー幸せに死ぬための「生き甲斐」の科学』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、人生のゴールを設計できる人のほうが、メンタル・フィジカルともに安定し、職業的にも成功しやすいのです!

 

…さぁ、胸に手を当てて考えてみてください。

 

あなたの「人生の目標 地点」は、どこにあるのかと。

 

自分の本音にウソをついて、「やりたいこと」「本心が望んでいること」などから、目を背けていないかと。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも使われる『ACT』というテクニックを参考に、あなたの価値観に迫っていきます。

 

ぜひ、ご一読くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【克服法】『選択肢を広げること』に注力せよ⁉︎

 

さて、さいごは『選択肢を広げる』について解説です。

 

そして、ここからがメインテーマ

 

あなただけにコッソリ打ち明けると、、「仕事が怖くて…」を克服できない人の97〜99%には、1つの “共通点” が。

 

それは、「自分に選べる解決策は、たくさん世の中にある」という事実に気付けていないこと。

 

シンプルに、ほかの可能性に目を向けられなくなっているのですね。

 

…厳しい指摘で すみません。

しかし、事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にあるときほど、問題 解決力が低下しやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理ですね。

 

つまり、みずからのキャリアに不安を感じ、将来を心配しているときほど、視野が狭(せば)まってしまう。。

 

反対に、心理学の研究データによると、複数の選択肢を検討できる人ほど、問題 解決スキルが高まる傾向にアリ。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的には「クリティカル シンキング(批判的な思考)」と呼ばれる思考法です。

 

また他にも、ものごとを批判的な視点で見れるようになると、↓以下のメリットがあるのだとか。

 

・お金で失敗しにくくなる
・対人 関係の悪化を防止できる
・心身ともに健康を保ちやすくなる…など

 

ちなみに、年商10億円 以上を稼ぐメンタリストのDaiGoさんは、クリティカル シンキングを↓以下のように紹介しています。

 

「ボクたち凡人が、天才を出し抜ける “唯一の科学的な方法” 」。

 

そこで、↓以下のような方法で「選択肢の幅を広げる」のも一手。

 

・キャリア系の本を読む
・職種、業界について研究
・就職、転職イベントに参加
・職業カウンセリングにトライ
・大手 支援サービスを利用してみる…など

 

【運命を変える】無料サービスの活用法とは?

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話を聞いてくれた あなたにだけ、特別に「科学データに基づいた “極意” 」を お伝えしちゃいます

 

個人的に強くオススメなのは、「大手 無料サービスの活用」です。

 

というのも、ひとり孤独に「仕事が怖い…」「働くのが恐怖過ぎて…」と苦しみ続けるのは、、あまりにツラいもの。

 

たとえるなら、だれにも頼らず1人で転職(退職)を進めるなんて、ひとり孤独に砂漠で迷うようなものですから

 

そこで、大手の転職サービスを活用し、1,000名 以上も専属アドバイザーを “協力者” に引き込むのが吉

 

高い教育を受けた専門スタッフたちを、あなただけの “味方” として使い倒しちゃいましょう。

 

ただ一方で、「営業のトークに巻き込まれそうで怖い…ヘンな求人を紹介されて、失敗するのも嫌だし…」と感じるかも。

 

しかし、大丈夫

心配 無用ですよ。

 

億が一にでもサービス内容に満足できなければ、スマホを2〜3タップしてスパッと「利用 停止」で問題ナシ

 

45秒もあれば完了できちゃいますよ

 

それに、サービス登録“だけ” しておけば、いつでもあなたの好きなタイミングで利用 可能に

 

新しいキャリアに踏み出す “さいしょの一歩” として、自信を持ってオススメできる方法の1つです。

 

ご安心ください
ぜったいに、あなたに「損」はさせませんので。

 

とくに、支援サービスを活用すれば、 “非” 公開 求人をコアに情報 収集できるので、適職を見つけられる確率もアップ。

 

ほかにも、↓以下すべてサービスが0円で受けられますから、キャリア選択の“起死 回生の一手” になること確実ですよ。

 

▶︎ブラック企業を除外した求人だけを紹介
▶︎書類 添削、相談サービスなどで迅速に対応
▶︎専門スタッフによる現実的なアドバイスあり
▶︎面接の日程 調整、労働 条件の交渉などを代行…など

 

そして、支援サービス8社 以上を比較・検討した結果、、わたしの結論は“大手が最強”

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2つのいずれかを利用するとき、どちらが安全に使えそうだと思いますか?

 

▶︎実績もサービス内容も不明な企業
→求人数は数百〜数千 件くらいで少なめ
▶︎知名度、サービスの充実度すべて確証された大手の会社
→ “非” 公開 求人を含め6万〜11万 件の求人数

 

きっと、信頼性が確保されたの大手サービスのほうが、どこぞの馬の骨(ごめんなさい!)よりも安心して利用できるはず。

 

そして、登録プロセスは簡単

 

本記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけ。

とてもシンプルですよね。

 

登録は3分でOKなので、あなたの貴重な時間・お金を節約できるのも魅力の1つですよ。

 

正直にいうと、以上のメリットをタダで活用できる支援サービスを使わないなんて、、もったいなさ過ぎる

あまりにも、もったいないこと。

 

いうまでもなく、大手サービスのメリットを実感できるのは、じっさいに行動して登録してみた人だけ

 

ぜひ、あなたにも大手 企業の信頼+安定を体感して欲しい

心から、そう強く思います。

 

にゅー
にゅー

「40代にして、働くのが怖い…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動き出していきましょう!

 

【断言】仕事が怖い…働きたくない…→40代が「後悔しないキャリア」を送るには?【行動こそ正義】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝を。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生の5つの後悔」について。

 

研究 結果によると、わたしたち人間が過去を悔やむとき、↓以下「5つの後悔」をしがちなのだそう。

 

「起業する自信を持っていたら〜…」
「もっと学校で勉強しておけば〜…」
もっと早く会社を辞めておけば〜…」
お金なんかのために仕事しなければ〜…」
「直感にしたがって正直になっておけば〜…」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

とくに「仕事キャリアの後悔=人生レベルでの悔やみ」だと分かっています。

 

…さぁ、頭のなかで思い浮かべてみてください。

 

いま行動できなければ、キャリア選択の “あらゆる可能性” が、いま この瞬間から閉ざされます。

 

「あのとき、思い切って決断しておけば…」と後悔しつづける “ネガティブな末路” を迎えるほかない。

 

あなたが欲しいのは、現状 維持に甘んじた先にある “暗い未来” ですか?

 

それとも、家族や子どもに胸を張れるような “明るい未来” を欲しいですか?

 

ここまで、わたしの話を聞きすすめるという『行動』を起こせたあなたなら、きっと未来を変えられるはず

 

にゅー
にゅー

さぁ、望む未来を手に入れていきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました