【恐怖を克服】仕事に行くのが怖い…→30代の苦しみ。対策2選で【科学データをもとに解決】

【30代の苦悩】仕事が怖い

 

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

 

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もうイヤだ…仕事に行くのが怖い…。

働くことが恐怖すぎる…転職してばかりで、1つの職場に定着できない。。

でも、、もう30代も半ばなのに…しっかり働かないといけない年齢なのに。。

毎日まいにち、仕事のことで頭がいっぱい…夜 眠るのも怖いよぉ。。

気付けばアラサー…このさき、どう生活していけばいいんだ。。

どうしたらいいんだろう…。

 

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【真実】30代の恐怖。仕事が怖い…→克服策は『現状の把握』にアリ⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完全に解決】※詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【恐怖を克服】仕事に行くのが怖い…→30代の苦しみ。対策2選で【科学データをもとに解決】

【真実】30代の恐怖。仕事が怖い…→克服策は『現状の把握』にアリ⁉︎【科学で解説】

 

【必読】当記事では、あなたの仕事の悩みを解消すべく、科学データ・根拠に基づいて、解決策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫
あなたの苦しみは、絶対に克服できますから

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事が怖い…働くことが恐怖すぎる…」を解決するキーワードは、『現状の把握』にアリ

 

↓以下のようなイメージで、恐怖の所在(しょざい)を明確にして、なにが不安の元になっているかを認識するのが吉。

 

「働くことが怖いのは、なにが原因なんだろう?」
「仕事への恐怖心を生むのは、何が問題なんだろう?」

 

その証拠に、心理学の研究によると、事実やデータをもとに問題点を把握できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすい傾向に。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事で恐れていることを明確化できる人のほうが、メンタルが安定し、問題を解決しやすいのですね!

 

 

 

わたしたち人間の脳は、イメージや想像を膨らませてしまうことで、かえって恐怖心を悪化させるという性質があります。

 

なので、漠然(ばくぜん)と「仕事が怖い…」と考えるのでなく、問題点を “具体的かつ客観的” に理解するのが良し

 

そこで、↓以下を参考にしつつ「恐怖感の原因」にフォーカスしてみてくださいね。

 

・社内イジメがヒドい
・対人 関係が劣悪すぎる
・社長の要求が理不尽すぎ
・サービス残業が常態化してる
・業務にやりがいが感じられない
・パワハラやモラハラが横行してる
・さいきん、ミスや失敗が連発ぎみ
・ノルマありの成果 主義に馴染めない
・休日 出勤が慢性化し、私生活が犠牲に
・深夜まで業務があり、疲労 困憊(こんぱい)…など

 

とくに、仕事への恐怖心が助長されがちなのが「対人 関係の悩み」

 

恐怖の源泉が「他人との関わり」にあることも少なくないもの。

 

具体的には、↓以下のとおりですね。

 

・若い人たちにバカにされるのが怖い
・デキる同僚と比べられるのがツラい
・高圧的な上司からのプレッシャーが恐怖
・お局さん から嫌がらせを受けるのがイヤ
・ワンマン社長からのパワハラが苦痛すぎる
・年下 上司にナメられるのが精神的にキツい…など

 

職場に「ニガテな人」「タイプが合わない嫌な社員」がいると、仕事に行くのが苦痛になってしまいがちですよね。

 

そこで、まずは「どんな人が嫌い」で「どのタイプの人なら付き合っていけそうか」を、客観的に把握するのが吉ですよ。

 

【警告】ネガティブ思考の反復=自殺 行為⁉︎

 

…と、ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

いつも「仕事のことで頭がいっぱい」で、朝 起きるときも憂うつな気分になっていないでしょうか?

 

あるいは、「このさきの仕事、どうしたら…」「もう人生ダメかも…」と苦しみながら、夜 眠りについていませんか?

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意。

 

というのも、臨床 心理学の研究によると、脳内でマイナス思考が反復されるほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・幸福度がダウン
・社交力がダウン
・睡眠の質が悪化
・対人 関係が悪化
・抑うつ気分が悪化
・不安、焦燥感が悪化
・仕事 満足度がダウン
・問題 解決力がダウン
・ストレス抵抗力がダウン
・自尊心(自信)がダウン
・学習、仕事 成績がダウン
・人生のコントロール感がダウン…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』)

 

にゅー
にゅー

つまり、何度も頭の中でマイナス思考を くり返すほどに、あなたのメンタルが悪化し、精神的に病みやすくなることに。。

 

専門的には『反芻(はんすう)思考』とか『反復 思考』などと呼ばれる心理 状態ですね。

 

なので、おなじことを何度も悩み続けるのは、あなたのストレス状態を悪化させるだけ。

 

対処法としては、1日のうちで「あらかじめ心配ごとに使う時間を設定する」のも一手

 

専門的には『心配スケジューリング』と呼ばれるテクニックです。

 

その証拠に、心理学の研究によると、事前に「心配ごとを吐き出す時間」を決めた人ほど、↓以下のメリットを受けやすい傾向に。

 

・心配性が改善
・恐怖心、不安感が改善
・ストレス抵抗力がアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、前もって「不安ごとについて考える時間」を作るほうが、ストレスに強く、メンタルが安定しやすいのです!

 

なので、時間を区切って「わざと心配する時間を作る」のもまた、対策の1つとしてオススメですよ。

 

【真理】あなたを守るもの=過去の経験

 

そして、当座の大きな問題は「このさき、きちんと働き続けられるかどうか?」という点ですよね。

 

あるいは、「お金の心配を払拭できるかどうか?」が重要なポイントでしょうか。

 

…ここで1つ、ハッキリと断言させてください。

 

あなたを守ってくれるものは、唯一「過去に培ってきたスキル・経験だけ」だと。

 

仕事への恐怖心を解消してくれるのは、あなた自身が「過去に歩んできた道」にあるのだと。

 

その証拠に、組織心理学の研究によると、↓以下のことが証明されています。

 

「わたしたち人間は、過去にコスト(時間・労力)を注いできたものに、やりがいや情熱を抱きやすい傾向にある」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』)

 

にゅー
にゅー

つまり、あなたがリソースを費やしてきたことが、将来の「続けられる仕事」になる確率が高いということ!

 

専門的には『コミットメント効果』『保有 効果』などと呼ばれる心理ですね。

 

なので、「情熱」「やりがい」を感じられることを発見できれば、仕事のモチベーション・離職率ともに改善されるはず。

 

「仕事が怖くて…」「将来、生活していけるか心配…」と悩んでいるときこそ、あなたにマッチしたキャリア選択をすべき。

 

…ここで1つ、振り返ってみてください。

 

あなたは過去に、どんな作業に「楽しさ」や「ワクワク感」を感じましたか?

 

寝食を忘れて没頭するほど、あなたの熱意を掻き立てた経験は、どんなことだったでしょうか?

 

【厳禁】労働力の安売りは “悪手” ⁉︎

 

ただ一方で、世間 一般では「30代になると転職に不利で〜…」「潰しがきかない年齢で〜…」と言われがちですね。

 

たしかに、企業サイドからすれば、おなじ能力と経験を積んできた人材が2人いたら、若い人を採用するはず。

年齢が “壁” になるわけですね。

 

…しかし、です。

 

就職 戦線において、もっともダメな失敗パターンは「みずからの労働力を安売りしてしまうこと」

 

…少しだけ、わたしの個人的な体験談を。

 

かつて、わたしは「自分は能力 不足だから、アレコレ要求できる立場にないし…」と考え、会社にペコペコ頭を垂れていました。

 

結果、どうなったかというと、、ブラック企業によって買い叩かれ、劣悪な労働 環境+安っちい給料で働くことに。。

 

なので、あなたには同じ轍(てつ)を踏んで欲しくない。
わたしの失敗を “踏み台” にして頂きたい。

 

にゅー
にゅー

じぶんを安売りしてしまえば、支配者・権力者たちに都合よく利用されるだけですので。。

 

【楽に生きる方法】生活コストを下げよ⁉︎

 

ちなみに、一時的に仕事の恐怖から逃れるには、↓以下の方法に頼るのもアリです。

 

・失業 保険の活用
・職業 訓練校を利用
・生活レベルを下げる
・生活 保護を検討する…など

 

とくに、生活コストを下げることは、グッと生きるのが楽になるのでオススメ。

 

参考までに、わたしの月の最低 生活費を述べておくと、↓以下のとおりです。

 

【合計 金額】約86,500〜91,500円
・食費
→約30,000〜35,000円
・税金
→約21,500
・家賃
→20,000円
・光熱費
→10,000円 弱
・ネット、スマホ代
→5,000円

 

生活レベルを最低まで落としておけば「ムリに働かなくてもいい状況」を作れますので、仕事の悩みから卒業できますよ。

 

そして、このさきでは「仕事が怖い…働くのがツラい…」を解消すべく、科学的な「2つの打開策」を解説

 

▶︎ネガティブ感情の吐き出し
▶︎選択肢を広げる

 

にゅー
にゅー

「仕事に行くのが怖い…将来どうすれば…」と苦しむ今こそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【断言】働くのが怖い30代へ。仕事に行きたくない…を克服する2つの打開策で【科学的に解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『ネガティブ感情の吐き出し』について。

 

じつは、心理学の研究によると、習慣的に仕事のグチや不満を吐露する人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・イライラ感が改善
・マイナス思考が改善
・不安感、焦燥感が改善
・ポジティブ気分が改善
・ストレス抵抗力が改善
・感情コントロール力が改善
・仕事のモチベーションがアップ
・再 就職率が14%→53%にアップ…など

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『マンガで分かる心療 内科ー第5巻』)

 

まとめると、定期的に仕事ストレスを暴露する人のほうが、メンタルが安定し、しかも転職 成功率が “約3倍もアップ” する傾向に!

 

専門的には『エモーショナル ディスクロージャー』と呼ばれる手法ですね。

 

たとえるなら、心の内にマイナス感情を溜め込むことは、バケツに水を注ぎつづけるようなもの。

 

いつか必ず、ダムは決壊してしまうはず。。

 

なので、仕事への恐怖感を抱えているときこそ、紙に書き出すなり、親しい友人・家族に悩みを打ち明けるなどもアリ。

 

くわしい内容は↓以下の記事で お話していますので、ぜひ ご参考くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学で克服】複数の選択肢を持つべし⁉︎

 

さて、さいごに解説するのは『選択肢を広げる』について。

 

そして、ここからがメインテーマ

 

ここだけの話、、「いっそ仕事 辞めたい…働くのが怖い…」を払拭できない人は みんな、1つの “失敗パターン” に陥りがち。。

 

それは、「自分に選べる選択肢は、世の中に数多くある」という事実に気付いていないこと。

 

シンプルに、ほかの解決策に目を向けられず、視野が狭くなっているということ。

 

…厳しい意見で すみません。

しかし、真実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレスを受けているときほど、問題 解決力が低下しやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる現象ですね。

 

つまり、ストレス状態にある人ほど、少ない解決策しか持てない傾向にあるということ。

 

反対に、ほかの心理学の研究によると、いくつもの選択肢を検討できる人ほど、問題 解決スキルがアップするのだとか。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』)

 

専門的には「クリティカル シンキング(批判的な思考)」と呼ばれる思考法ですね。

 

なので、↓以下のような方法で「視野を広げる」のも一手。

 

・キャリア系の本を読む
・友人、知人に相談する
・職種、業界について研究
・就職、転職イベントに参加
・職業カウンセリングにトライ
・転職 支援サービスを活用してみる…など

 

【0円で未来を変える】転職サービスの活用法とは?

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話を聞き進めてくれた あなたにだけ、特別 待遇で「科学データに基づいた “裏ワザ” 」を伝授しちゃいます

 

個人的に強くオススメできるのは、「大手 転職サービスの利用」

 

というのも、ひとり孤独に「仕事が怖い…」「もう働くのに疲れた…」と悩み続けるのは、、あまりにも苦痛すぎる。

 

たとえるなら、大荒れの海で1人 孤独に、当てなく さまようようなものですから。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

信じられる人も、頼れるものも1つも無い。
お金と時間だけが、無常にも浪費されていくだけの人生。。

 

…そんな状況じゃ、不安と恐怖でメンタル的に参ってしまいそうではないでしょか?

 

そこで、大手の転職サービスを活用して、1,000名 以上も専門アドバイザーを “協力者” に引き込むのが吉です。

 

専属スタッフたちを、あなただけの “味方” として使い倒しちゃいましょう。

 

一方で、「きちんとした求人 紹介されるか心配…ブラック企業に当たるのも怖いし…」という懸念があるかもですね。

 

大丈夫

どうか、ご心配なく。

 

かりに、サービス内容に不満足だったときは、ささっとスマホを2〜3タップして「利用 停止」でOKです。

 

30秒もあれば完了しちゃいます。

 

それに、サービス登録“だけ” しておけば、いつでもあなたの好きなタイミングで利用が可能に。

 

そして、臨床 心理学の研究によると「対処法を手に入れておく “だけ” でも、ストレスに強くなる」のだそう。

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、認知 行動療法でも使われるテクニックの1つですね。
なので、効果のほどは実証 済み

 

たとえるなら、転職 支援サービスを “メンタル安定剤” として、応用するようなものでしょうか。

 

とくに、大手サービスでは、↓以下のいずれもが0円で受けられるので、万が一の“活路” として使えること間違いナシ

 

▶︎専門スタッフの現実的なアドバイス
▶︎書類 添削、相談サービスで迅速に対応
▶︎ブラック企業を除外した求人のみを紹介
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎面接の日程 調整、労働 条件の交渉を肩代わり…など

 

そして、転職 支援サービス8社 以上をテスト・検討した結果、、わたしの結論は“大手が最強” ということに。

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2つのいずれかを利用するとき、どちらが安心して利用できそうに思いますか?

 

▶︎実績もサービス内容も不明瞭な企業
→求人数は数百〜数千 件くらいで少なめ
▶︎知名度、サービスの充実度すべて確保された大手の会社
→ “非” 公開 求人を含め6万〜11万 件の求人数で大ボリューム

 

きっと、信頼性が保証された大手サービスのほうが、どこぞの知らん会社よりも安心して利用できるはず。

 

…そう思いませんか?

 

そして、サービス登録はカンタン

 

当記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけです。

とってもシンプル

 

さらに、登録は3分もあればOK

 

しかも永年 無料ですから、あなたの貴重な時間・お金を節約できるのも魅力的。

 

いうまでもなく、大手サービスのメリットを実感できるのは、じっさいに登録してみた人だけ

 

ぜひ、あなたにも大手 転職サービスの信頼性+安定感を体感して欲しい

「仕事が怖い…」と不安に感じている、あなたにこそ。

 

にゅー
にゅー

「働くのが怖い…この先どうしよう…」と苦しむときこそ、科学データを参考に動き出していきましょう!

 

【結論】仕事が怖い…気付けば30代…→たった1つの解決法とは?【あなた自身の行動にアリ】

 

さて、今回は以上です。

ここまで話を聞いてくれて、どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「先延ばしのデメリット」について。

 

研究データによると、行動を後回しにしがちな人ほど、仕事キャリアに失敗しやすく、将来の収入も下がりやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

いますぐに行動できなければ、キャリア選択の “あらゆる可能性” が、この瞬間から閉ざされていきます。

 

40代、50代、、と年齢を重ねても、ずっと「仕事が怖くて…」と悩み続ける “暗い未来” を送るほかない

 

そんな人生、絶対にイヤだ。

仕事の恐怖を克服して、平穏な毎日を手にしたい。

 

…そう思いませんか?

 

あなたを苦境から救い出してくれるのは、『あなた自身の行動』だけ
じぶんの身は、自分で守るしかないのです。

 

ここまで、わたしの話を聞きすすめるという『行動』を起こせた あなたなら、きっと動き出せるはずですよ。

 

にゅー
にゅー

さぁ、明るい未来を手にすべく、いますぐ動き出しましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました