【警告】仕事で疲れる毎日、働いてばかりの末路とは?→対策2選で【科学データを基に解決】

【仕事ばかりで疲れた】

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

はぁ…仕事してばかりの毎日…。

楽しいことなんて、1つも無いなぁ…何で こんなに働いてるんだっけ…?

サービス残業も多いし、ぜんぜん友達とか家族、恋人との時間も取れてない。。

休日だけが唯一の救いなのに…昼まで寝てて、気付いたら夕方までボーッとしてるし。。

働き詰めの人生だ…そういえば、最後に笑ったの いつだったっけ…?

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【断言】仕事ばかりで疲れた…→『現状の把握』に答えアリ⁉︎【データで解説】
▶︎科学的な「2つの突破口」で【完璧に克服】※くわしくは記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【警告】仕事で疲れる毎日、働いてばかりの末路とは?→対策2選で【科学データを基に解決】

【断言】仕事ばかりで疲れた…働き詰めから抜け出すには?→『現状の把握』に【答えアリ⁉︎】

 

【注意】当記事では、あなたの仕事の悩みを解消すべく、科学的なデータをもとに、解決策を発信していきます。

 

大丈夫ですよ。
あなたの苦しみは、絶対に克服できますから。

 

わたしと一緒に、対策法を学んでいきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事ばかりの毎日…このまま人生が終わるの…?」を解決するカギは、『現状の把握』にアリ

 

わたしも過去に失敗してしまったのですが、、仕事のストレスで追い込まれているときほど、じぶんの足元が見えなくなるもの。

 

「いまの職場で頑張るしか…」と思い詰めたり、「他人に頼ったら迷惑だから…」と、ひとり孤独に奮闘しがち。

 

そこで まずは、あなたの「職場の問題点」にフォーカスし、ストレス源に “気付くこと” が大切

 

その証拠に、心理学の研究によると、事実・データを基に判断できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、具体的に「いまの仕事には、どんな問題が…?」と理解することが、メンタルの安定+問題の解決に役立つのです!

 

なので、↓以下を参照しつつ「現状の把握」に努めるのが吉。

仕事 疲れの原因は何か?」に着目していきましょう。

 

▶︎職場の問題
・シンプルに睡眠 不足
・職場の人間 関係が劣悪
・おなじ作業の くり返しで退屈
・給与が正当に評価されていない
・精神的なストレスで疲れが取れない
・ルーチンワークで新しい刺激がない
・残業 時間が多く、リラックス時間が無い
・人手 不足のせいで、重圧と責任量が異常
・パワハラ上司、モラハラ気味な先輩に辟易してる…など

 

【悲報】残業 時間の増加=生産性がダウン⁉︎

 

とくにネックとなるのが、あまりにも長い「残業 時間」。

 

じつは、科学的な研究データによると、残業 時間を増やしたところで、生産性(成果)は上がらないと証明されています。

 

それどころか、組織 心理学の研究によると、↓以下の「長時間 労働のデメリット」が確認されているのだそう。

 

【週あたりの労働 時間】
▶︎〜50時間 以上
・抑うつ感が悪化
・労働 生産性が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・記憶、思考力がダウン
・判断、注意力がダウン
・ポジティブな気分が減少
・感情コントロール力が悪化
・業務パフォーマンスが悪化…など
▶︎〜55時間 以上
・業務 生産性が“100%” 低下

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

つまり、仕事ばかりで働き詰めの毎日を送るほど、時間とエネルギーだけがムダに浪費されるということに。。

 

よく「激務のわりに、給料が低い」「労働の対価として、報酬が見合ってない」と言われますが、、順番が“逆”

 

過剰に働いているから “こそ” 、適切な給与がもらえない」のです。
だって、残業のせいで成果が上がらないのですから。

 

となれば、「仕事で疲れた…もう限界…」となるのも回避できない。

仕事の満足度も、人生の幸福度も上がるはずがない。

 

そんな働き方、どう考えてもおかしい。

理不尽。 あまりにも理不尽。

 

…そう思いませんか?

 

さらに悪いことに、精神的・時間的な余裕が無くなれば、家族やパートナーとのコミュニケーションも減っていくことに。。

…八方ふさがりですね。。

 

【回避せよ】仕事とのミスマッチ=燃え尽きリスクに⁉︎

 

…ここで、いちど振り返ってみてください。

 

さいきん、家族 団欒(だんらん)の時間を過ごしたのは いつだったか…覚えていますか?

 

最後に、友だちや恋人と楽しい時間を過ごしたのは…どれくらい前だったでしょうか?

 

…厳しい質問で すみません。

しかし、いまこそ現実と向き合うべき。

 

ちなみに、産業心理学の研究によると、合わない仕事を続ける人ほど、『燃え尽き症候群』に陥るリスクが高いのだそう。

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

…さぁ、想像してみてください。

 

会社・職場とのミスマッチから目を背けるほど、あなたの人生に “暗い影” が落とされることに。

 

 “暗澹(あんたん)とした未来” を送ることになるのです。

 

そんな人生、ぜったいにイヤだ。

ストレスから解放されて、平穏な日々を送りたい。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、まずは「休みを取ること」に注力するのもアリ
具体的な方法は、↓以下のとおり。

 

・有給 休暇を申請する
・短期、長期の休暇を願い出る
・体調 不良を理由に病欠してみる…など

 

休息を設けましょう。

ツラいときは、休みましょう。

 

わたしたち日本の労働者こそ、積極的に「休む」べき。

働きすぎて身体を壊しては、元も子もありませんので。

 

【科学的に効果アリ】名言に触れる=メンタルの改善⁉︎

 

…ただ、ただでさえ仕事 漬けで働いてばかりの職場なのに、あなただけが休暇を取るのは…現実的に難しいかもですね。

 

なので、いますぐ実行できるストレス対策として、「名言集を読む」がオススメ。

「いや、たかが名言だし…」と侮るなかれ。

 

じつは、心理学の研究によると、名言に触れることには、↓以下のメリットがあるのだそう。

 

・自制心が改善
・衝動的な言動が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・自己 肯定感(自信)がアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、偉人たちの名言を読むことで、ストレスに強くなり、メンタルを安定させる効果があるのです!

 

専門的には『アクセプタンス ワードセラピー』と呼ばれるテクニックですね。

 

参考までに、↓以下に著名人・歴史人たちの名言を載せておきますね。

 

「もっとも重要な決定とは、なにをするかではなく、 “なにをしないか” を決めることだ」。
ーApple創業者 スティーブ・ジョブズ

 

「みるべき場所を見ないから、それで大切なものをすべて見落とすのさ」。
ーイギリスの作家 コナン・ドイル

 

さいごに1つ、わたしが仕事 漬けの毎日で疲れ切っていたとき、ウチの おばあちゃんの言葉がピシッと心を打ちました。

 

ぜひ、紹介させてください。

 

不幸や不遇な環境に耐えることを、頑張ってる・努力してると思っちゃイケナイよ」。

 

…さすが、年の功。

ズドンと胸を打ち抜く名言ですよね。

 

そして、このさきでは「もう疲れた…仕事ばかりの人生にウンザリ…」を克服すべく、科学的な突破口を「2つ」解説

 

▶︎価値観の把握
▶︎退避ルートの確保

 

にゅー
にゅー

「働き漬けで疲れた…仕事ばかりの毎日でツラい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【もう限界】仕事ばかりで疲れた…→「働き詰め」を克服する科学的な対処法2選で【完璧に解決】

 

さて、1つ目に紹介するのは『価値観の把握』について。

 

じつは、心理学の研究によると、じぶんの価値観を把握できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・共感 能力が上昇
・イライラ感が減少
・マイナス思考が減少
・長寿になりやすくなる
・不安感や恐怖感が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分が上昇
・主観的な幸福感が上昇
・自信が回復しやすくなる
・感情コントロール力が改善…など
▶︎経済的なメリット
・将来の収入がアップ
・将来的な貯蓄率が改善…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

つまり、価値観を客観的に認識している人ほど、精神的に安定しやすく、経済的にも成功しやすいのです!

 

たとえるなら、あなたの価値観を深く理解することは、キャリアという海を泳ぐ “コンパス” を手にするようなもの。

 

あなたの心のうちにある価値観が、行き先を示す “道しるべ” になってくれます。

 

くわしくは↓以下の記事で お話ししています。

ぜひ ご覧くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【確保せよ】「退避ルートの準備」に注力すべし!

 

さて、さいごに お話するのは『退避ルートの確保』について。

 

…さぁ、ここからがメインテーマ

 

あなただけにコッソリ暴露すると、、「仕事ばかりで疲れすぎた…」を脱出できない人には みんな、ある“失敗パターン” が共通的。

 

それは、支援サービスの活用という、“具体的な回避ツール” を用意できていないこと。

 

いいかえると、1つの職場に依存しきってしまい、ほかの解決策に目を向けられていない。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのですね。

 

…厳しい意見で すみません。

でも、事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にあるときほど、問題 解決力がダウンしやすい」のだそう。

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理ですね。

 

断言できます。

 

いまのあなたに必要なのは、複数の “逃げの一手” を準備することだと。

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

「明日からキミ、もうウチの会社に来なくていいよ」

 

↑上記のように宣告されたとき、「解放された!」という気持ちと同時に「この先どうしよう…」と思いませんか?

 

「いきなりクビにされたら、生活していけなくなるんだけど…」と恐ろしく感じないでしょうか?

 

…そう。

 

その不安感こそが「逃げ道がない」ということ

 

その証拠に、生理心理学の研究データによると、↓以下のことが確かめられています。

 

回避 不可能なストレス環境にあるマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすいことが分かった」

 

▶︎メンタルの問題
・抑うつ感が悪化
・無気力感が悪化
・問題 解決力がダウン
・決断力、判断力が低下
・記憶力、思考力が低下
・ストレス抵抗力が低下…など
▶︎身体の問題
・免疫力がダウン
・細胞の老化が悪化
・短命になる傾向が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』)

 

にゅー
にゅー

かんたんにいうと、「どこにも逃げられない…」という絶望感に囚われるほど、メンタル・フィジカルともに悪化することに。。

 

専門的には『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる心理ですね。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

「仕事辞めたい…行きたくない…」という心のモヤモヤ。

可能なら、いますぐにでもストレスから解放されたい

仕事の心配・不安を回避して、平穏な毎日を送りたい

 

…そう思いませんか?

 

【0円で人生を変える】「転職サービスの活用法」とは?

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話を聞いてくれた あなたにだけ、特別 待遇で「科学データに基づいた “裏ワザ” 」を伝授しちゃいます!

 

わたしが強くオススメするのは、転職サイト・エージェントに登録 “だけ” 済ませるという方法。

 

というのも、臨床 心理学の研究によると「対処法を手に入れる “だけ” でも、ストレス抵抗力がアップする」のだそう。

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、認知行動療法というセラピーでも使われるテクニックの1つ。
なので、効果は保証 済みです。

 

わたしが思うに、転職 or 退職に踏み切れないのは、↓以下2つの「難点」があるからではないかと。

 

▶︎良い転職先に出会えるかが不明
▶︎採用プロセスにコストがかかる

 

そこで、一気に転職 活動をすすめるのでなく、まずは“小さな一歩” から始めるのが吉

精神的な負担が “最小限” で済むので、オススメですよ。

 

とくに、大手 支援サービスでは、↓以下すべてが0円で利用できるので、もしもの“起死 回生の一手” に使えること確実

 

▶︎メンドクサイ採用 手続きを すべて代行
▶︎第3者 視点で あなたのPRポイントを指摘
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎専属スタッフに面接・書類 対策を一任できる
▶︎ブラック企業を除いた求人だけを探してくれる…など

 

一方で、「企業の営業トークに巻き込まれるの怖いし…へんな求人 紹介されるかもだし…」という懸念があるかもですね。

 

たしかに、業者の人にゴリゴリ営業かけられたら、たまったもんじゃないですよね。

 

でも、大丈夫です。

ご心配なく

 

もしも、サービス内容に満足できなかったときは、スマホをササっと2〜3タップして「利用 停止」でOKです。

 

30秒もかからず、スパッと済みます

 

シンプルに、「デメリットを大幅に上回るメリットがある」ということですね。

 

そして、サービス登録はシンプル

 

当記事の終わりにリンクを貼っておきますから、必要 事項を入力するだけ。
5分もあれば完了です。

 

とても簡単ですよね。

 

そして、支援サービス8社 以上を比較・検討した結果…わたしの結論は“大手が最強”

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2つのいずれかを利用するとき、どちらが安心して使えそうな気がしますか?

 

▶︎実績もサービス内容も不明な会社
→求人数は数百〜数千 件くらい
▶︎知名度、サービスの充実度すべて確保された企業
→ “非” 公開 求人を含め6万〜11万 件の求人数

 

きっと、信頼性が保証された大手 企業のほうが、どこぞの知らん会社よりも安全にサービス利用できるはず。

 

…そう思いませんか?

 

たとえるなら、大手サービスを活用することは、1,000名 以上もの専属アドバイザーたちを “協力者” にするようなもの。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

だれにも頼らず1人で転職(退職)をするなんて、ひとり孤独に知らない街に放り込まれるようなものです。

 

頼れるものも、信頼できる人もいない。

不安と恐怖だけが つのり、精神的に追い込まれそうに。。

 

…そう感じませんか?

 

正直にいうと、以上のメリットがある無料サービスを準備しておかないなんて、、もったいさな過ぎる
あまりにも、もったいないことです。

 

ちなみに、ハローワークのような公的サービスでは、ブラック企業が紛れている可能性が高いので、、要注意ですよ。

 

本記事での話を聞いてくれた聡明な あなたには、より良質な “大手サービス” が最適

 

にゅー
にゅー

「もう疲れた…仕事ばかりでツラい…」と感じるいまこそ、科学データを参照しつつ、動き出しましょう!

 

【疲れすぎた】仕事ばかりの毎日。働き漬けの日々から抜け出す方法とは?【行動だけが正解】

 

さて、今回は以上です。

ここまで話を聞いてくださって、どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「仕事・人生の後悔」について。

 

研究 結果によると、わたしたち人間が抱く「後悔のタイプ」は、↓以下の5つに分けられるのだそう。

 

「起業する自信を持っていたら〜…」
「もっと学校で勉強しておけば〜…」
もっと早く会社を辞めておけば〜…」
お金なんかのために仕事しなければ〜…」
「直感にしたがって正直になっておけば〜…」

 

とくに、「仕事キャリアの後悔=人生レベルでの悔やみ」だと証明されています。

 

…さぁ、頭のなかで思い浮かべてみてください。

 

「働き詰めでツラい…」「仕事ばかりで苦しい…」と感じる現状は、あなたの “未来の後悔” に繋がっていないかと。

 

「あのとき、勇気をだして行動しておけば…」という “暗い未来” に影響していないかと。

 

あなたが欲しいのは、真っ暗な未来ですか?

それとも、明るい未来を望みますか?

 

あなたを苦境から救い出してくれるのは、『あなた自身の行動』だけ

 

じぶんの身は、自分で守るしかありません。

 

にゅー
にゅー

望む未来を掴むべく、いますぐ動き出しましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました