【超ストレス】時間に追われる仕事に向いてない…→2つの突破口で【科学的にすべて解決】

不幸な人生を終わらせたい

 

にゅー
にゅー

こんちには! にゅーです。

 

仕事がツラい女性
仕事がツラい女性

もう無理…会社に行くのがツラい…。

時間に追われる日々で、毎日がストレス フル…もしかしたら、いまの仕事に向いてないのかも。。

時間的なプレッシャーのせいで、ミスや失敗を連発してるし、焦って業務に集中できない。。

仕事がツラい人
仕事がツラい人

もっと落ち着いてリラックスしながら、高い精度・質を求められる業種のほうがいいのかも…?

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎時間に追われる仕事が苦痛…→『スケジュールの明確化』で解決⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完全に克服】詳細は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【超ストレス】時間に追われる仕事に向いてない…→2つの突破口で【科学的にすべて解決】

【もう嫌】時間に追われるのが苦痛で、仕事に向いてない気が…→『スケジュールの明確化』で解決⁉︎

 

【必読】当サイトでは、あなたのキャリアの悩みを解決すべく、科学的なデータをもとに、打開策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫。
あなたの苦しみは、かならず解消できますから。

 

わたしと一緒に、克服していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「時間に追われる仕事に、向いてない気が…」を解決するカギは、『スケジュールの明確化』

 

↓以下のような感じで、目まぐるしく進む現状を “再点検” して、仕事スケジュールの調整に目を向けるのが吉です。

 

「上司や先輩から、 “不” 必要な業務を押し付けられていないだろうか?」
「めんどうな作業を後回しにしたり、優先度の高い業務を把握できてるかな?」

 

じつは、心理学の研究によると、問題の所在を明らかにできる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ストレスに強くなる
・問題 対処力がアップ
・不安、イライラ感が改善
・マイナス思考、抑うつ感が改善…など

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、時間に追われる原因を “より具体的に” 把握できる人ほど、メンタルが安定して問題を解決しやすくなるのです!

 

分かりやすくいうと、わたしたちは「なにが課題かが理解できていれば、困難を乗り切れるようになる」。

 

…反対に、理由が分からないものには対処できません。

 

たとえるなら、実体のない「幽霊」「お化け」を相手にするようなものですから。

 

…さぁ、ご自身の仕事を振り返ってみてください。

 

ほんとうは「いまの担当 業務、あんまり向いてない…」と感じているのに、多量の仕事を無理強いされていないかと。

 

あるいは、タイム スケジュールを邪魔する「横やり」が、あなたの職務中に入ってきていないかと。

 

断言できます。

 

「時間に追われる毎日…いまの会社に向いてないかも…」を克服する “第一歩” は、『スケジュールの再確認』にアリだと。

 

【大悲報】「向いてない仕事」を続けると…⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような意見もあるかもしれませんね。

 

上司①
上司①

「時間に追われない仕事」なんて、この世に無いぞ! 甘ったれたことを言うな!

みんな毎日の作業に追われながら、それでも歯を食いしばってガマンして働いてるんだ!

「時間的なプレッシャーがない仕事=存在しない」と割り切って、お金のために労働すべき!

 

かなりキツめの言い分ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、大なり小なり時間に追われるタイミングはあるもの。

 

国のもとで働く「公務員」や、企業が運営する「生産 管理」などの職種に関わらず。

 

となれば、ここは1つ「給料=時間に追われる仕事のガマン料」と捉えなおして、仕事に臨むのも一手かもですね。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、このさきもツラい業務に耐えて、向いてない働き方を続ける “リスク” もまた、、あると思いませんか?

 

じつは、組織 心理学の研究によると、職場とのミスマッチを放置しがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・無気力さが悪化
・抑うつ感が悪化
・人生の絶望感が悪化
・モチベーションが悪化
・ストレス レベルが悪化
・仕事パフォーマンスが悪化
・感情コントロール力が悪化
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、合わない会社に居続ける社員のほうが、ストレス状態が悪化し、業務 成果も上がりづらくなることに。。

 

お気をつけください。

 

時間に追われ、向いてない仕事をつづけた先にあるのは、将来への不安・焦りを生み出す “絶望の未来” かもしれませんよ。

 

【注意】「時間に追われる仕事」を続ける末路とは?

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

いまの「時間に追われる仕事場」では、社員どうしが互いにギスギスしたり、イライラが蔓延していないでしょうか?

 

あるいは、朝から晩まで出ずっぱりで、家に帰ったらベッドに直行…という ”余裕のない生活“ に疲れていませんか?

 

というのも、心理学の研究によると、時間的・金銭的なプレッシャーが強いほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・業務パフォーマンスがダウン
・問題 解決スキルが ”45%“ もダウン
・脳の情報 処理スキルが ”20%“ もダウン
・IQ(知能)が一時的に ”9〜10pt“ もダウン…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『後悔しない超選択術』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、お金・時間に追われながら働く人ほど、仕事の成果が上がらず、目のまえの課題に対処できなくなるのですね。。

 

ご注意ください。

 

脳の活動が低下すれば、記憶・思考力などにも悪影響が出やすくなり、将来的なスキルアップにも支障をきたすはず。

 

となれば、現代のような「知識 労働」が中心になった社会では、キャリア アップすら左右する ”リスク“ になる恐れも。。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

仕事の成果も上がらないまま、会社での立場も悪くなっていく “不幸すぎる未来” を。

 

能力アップすら期待できないまま、低賃金・低年収へと追い詰められていく “絶望的な末路” を。

 

…そんなキャリア人生、あまりにもツラ過ぎると思いませんか?

 

そこで、このさきでは「時間に追われる仕事に向いてない…」を抜け出すべく、科学的な「2つの打開策」を紹介

 

▶︎マイナス感情の吐き出し
▶︎脱出ルートの用意

 

にゅー
にゅー

「時間的なプレッシャーが苦痛…締め切りが怖い…」と悩むときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で対処】時間的に追われる仕事=向いてないかも?→2つの打開策で【完璧に克服】

 

さて、1つ目に お話するのは『マイナス感情の吐き出し』について。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

ふだんから、仕事で受けたストレスを吐き出し、頭のモヤモヤを解消できているでしょうか?

 

あるいは、あなた自身の考えを書き出して「可視化」したり、口に出して「言語化」できていますか?

 

じつは、臨床 心理学の研究によると、定期的にネガティブ思考を暴露できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・不安や焦りが減少
・抑うつ気分が減少
・イライラしにくくなる
・モチベーションがアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・ポジティブ気分がアップ
・感情コントロール力がアップ
・再 就職率が “27.3%→68.4%” に改善

(参考文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『サーチ・インサイド・ユアセルフー仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法『後悔しない超 選択術』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、習慣的に仕事のグチ・不満を吐露できる人ほど、ストレス状態が改善し、転職 成功率も “2.5倍” アップするのだそう!

 

たとえるなら、心のうちに溜まったストレスを吐き出すことは、パンパンに詰まった風船を “ガス抜き” するようなもの。

 

そこで、です。

 

↓以下の記事では、心理カウンセリングでも利用される『筆記 開示』を参考に、あなたの仕事の悩みを解消していきます。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学が実証】『脱出ルート』を用意すべし!

 

さて、さいごには『脱出ルートの用意』についてです。

 

そして、ここから先がメインテーマ。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事が向いてなくて…」を脱却できない人の96〜99%には、1つの “共通点” が。。

 

それは、転職 支援サービスの利用という、 “現実的な撤退ツール” を確保できていないこと。

 

いいかえると、時間に追われるプレッシャー・ストレスのせいで、ほかの選択肢や解決策を考慮できなくなっている。

 

…ここで一度、ご自身のことを思い返してみてください。

 

「どうせ、ほかの会社に移っても同じようなものだろうし…」と、さいしょから諦めていないでしょうか?

 

あるいは「きっと、採用してくれる企業が無いはずだし…」と、みずから選択の幅を狭めていませんか?

 

じつは、臨床 心理学の研究によると「強いストレス環境にある人ほど、問題 解決スキルが低下しやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』『後悔しない超 選択術』)

 

専門的に『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス(悲観的な考え)』などと呼ばれる心理ですね。

 

残念なことに、、わたしたちはメンタル的に追い込まれているときほど、かえって困難に立ち向かなくなってしまう。。

 

反対に、向いてない仕事をスパッと断ち切れるビジネス パーソンほど、じぶんだけの ”逃げの一手“ を備えているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも転職 or 退職という選択ができるように、常に ”逃げ道“ を準備しているものなのです。

 

その証拠に、心理学の研究によると「ストレス状況への対抗策を確保できる人ほど、逆境を乗り越えやすくなる」のだとか。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』『悪いヤツほど出世する 日本経済新聞 出版』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

分かりやすくいうと、わたしたち労働者にこそ、支援サービスの活用という ”起死 回生の一手“ が欠かせないということ。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに不可欠なのは、不遇な職場 環境から脱出すべく「退避 手段を用意すること」なのだと。

 

にゅー
にゅー

「時間に追われる仕事がツラい…向いてないのかも…」と感じる今こそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【まとめ】時間に追われる仕事を卒業するには?→たった1つの答えは【あなた自身の行動にアリ】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

本当に、ありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「先延ばしのデメリット」について。

 

研究データによると、決断を後回しにしがちな人ほど、将来のキャリア選択に失敗し、年収がダウンしやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

思えば、わたし自身が「あのとき動いていて良かった…」と感じるのは、すべて『即断 即決で起こした行動』でした。

 

反対に、行動を先送りにしてしまったときほど、後々に “手痛いミス” となって返ってきた記憶があります。

 

…さぁ、頭のなかで想像してみてください。

 

あなたが欲しいのは、このまま現状 維持に甘んじて、将来の可能性をつぶしてしまう “悲しい未来” ですか?

 

それとも、このさきのキャリアを明るくすべく、行動とともに将来を切りひらく ”希望ある未来“ でしょうか?

 

前向きな人生へと変えられるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の決断しだい』。

 

このさきの運命を明るくできるのは、たった1つ『あなた自身の選択だけ』なのです。

 

でも、だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話に耳を傾けてくれた賢明な あなたなら、きっと未来を変えていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じていますよ!

 

人生を決めるのは、あなた自身です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました