【警告】仕事辞めたいけど、何がしたいか分からない…→対策2選で【科学データを基に解決】

【仕事辞めたい】何をしたいか分からない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう限界…いまの仕事を辞めたい…転職したい。。

でも、じぶんが何をしたいのかが分からない…やりたいこともない。。

情熱を持てることもないし…でも、いまの職場にいるのは違う気がする。。

こんな曖昧な状態じゃあ、職探ししても見つからないかもだよね。。

どうしたらいいんだろう。。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【仕事辞めたい】やりたいことを見つける方法→『現状の把握』に答えアリ⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完全に解決】記事の後半にて解説

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【警告】仕事辞めたいけど、何がしたいか分からない…→対策2選で【科学データを基に解決】

【仕事辞めたい】でも、何がしたいのか分からない…→『現状の把握』で【やりたいことを発見⁉︎】

 

【注】当記事では、科学的なデータをもとにして、あなたの仕事の悩みを克服すべく、情報 発信していきます。

 

絶対に、大丈夫
あなたの苦悩は、必ず解消できますよ

 

わたしと一緒に、対策法を学んでいきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事辞めたい…けど、何をしたいのか分からない…」の解決策は、『現状の把握』にアリ

 

あなた自身について “客観的に” 知ることが、キャリアの悩みを解消する克服策。

 

その証拠に、心理学の研究によると、問題点を事実・データをもとに判断できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自己 分析・状況 分析ができる人のほうが、問題 解決ができ、仕事の悩みを解消しやすいということ!

 

なので、あなた自身の「やりたいこと」に目を向けるのと同じくらい、「やりたくないこと・嫌いなこと」にも注目すべき

 

たとえるなら、好きな食べ物は見つけられなくとも、じぶんの「嫌いな料理」は理解しておいたほうがいい。

 

故スティーブ・ジョブズの名言にもあるように、「何をやるかと同じくらい、なにを “やらないか” も大切」なのです。

 

…さぁ、いちど振り返ってみてください。

 

あなたに「仕事 辞めたい…」と感じさせる職場には、どんな特徴がありますか?

 

参考までに、↓以下の「職場の問題」を参照しつつ、あなたの「嫌いなこと・イヤなこと」を見つけてみてくださいね。

 

・職場の人間 関係が劣悪
・給料が少なく満足できない
・退屈な業務を強制されている
・上司や先輩のことを尊敬できない
・成長している実感が得られていない
・プライベートの時間が犠牲になっている
・サービス残業が多くて生活に余裕がない
・他人の期待に応えるためだけに働いている…など

 

【朗報】「やりたいこと」は不要⁉︎

 

ちなみにですが、「やりたい仕事が無くて…」という悩みは、まったく問題ナシ。

 

というのも、組織 心理学の研究によると、↓以下のことが明らかにされているから。

 

適職・天職に就けている人々を調査したところ、現在のキャリアを築けたのは “すべて偶然によるもの” だと報告された」

 

さらに、べつの研究データによると、↓以下のことも証明されています。

 

「キャリア選択の“約80%” は、予想外のハプニング・イベントによって作られている」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

つまり、いま適職に就いている人たちは、あなたと同じように「何がしたいか分からない…」の状態からスタートしているのです!

 

なので、焦ることはありません。

不安になる必要もナシ。

 

明確に「やりたい仕事」がないからといって、無理に見つけることはありませんよ。

 

むしろ、安易に「憧れ」や「好き」をベースに仕事を選びがちな人ほど、離職率が悪化しやすい傾向にあります。

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、理想的なキャリアを夢みがちな人ほど、↓以下の「後悔」を抱きやすいのだそう。

 

「やりたかった仕事が想像と違った…」。
「いまの新しい仕事に向いてないのかも…」。
「もっと やりがいのある職務だと思ってたのに…」。

 

にゅー
にゅー

つまり、過度に「仕事への期待」をする人のほうが、結果的に職業 選択をミスりやすいということ。。

 

くり返しですが、やりたいことが決まっていなくとも、「仕事を辞めたい…」と思うことに、なんら問題はありません。

 

断言できます。

 

「何がしたいのか分からない…」と悩む あなたは、惰性で働いている会社員たちよりも、確実に先を進んでいると。

 

【真実】適職・転職に就くヒント=過去の経験

 

そこで、「過去に熱中したこと」「努力して達成できたこと」などを基準にして、キャリア選択を考えるのが吉。

 

というのも、産業 心理学の研究によると、↓以下のことが証明されているから。

 

「わたしたち人間は、過去にリソース(時間・労力)を注いできたものに、情熱を抱きやすい傾向にある」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』)

 

専門的には『コミットメント効果』『保有 効果』などと呼ばれる心理ですね。

 

つまり、あなたが過去にコストを費やしてきたことが、やりがいのある「適職・天職」になる確率が高いということ。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

むかし、苦労して取得した資格・スキルなどはありませんでしたか?

 

若かりし頃に、寝食を忘れるほど夢中になり、没頭できたことはなかったでしょうか?

 

新しく「やりがいのある仕事」を探すよりも、過去に「情熱を感じられたこと」にフォーカスするのが吉ですよ。

 

ムダな空回りを回避できますので。

 

そして、このさきでは「仕事で何をしたいか分からない…」を解決すべく、科学データを基に「2つの対処法」を解説

 

▶︎価値観を見直す
▶︎選択肢の幅を広げる

 

にゅー
にゅー

「仕事辞めたい…でも、やりたいこともない…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【真実】何がしたいのか分からない…→「仕事辞めたい」を解決する対策2選で【解決せよ】

 

さて、1つ目に紹介するのは『価値観の見直し』という方法について。

 

じつは、じぶんの価値観を見つめ直し、仕事観と結びつけて再解釈することで、適職に巡り合う確率が大幅にアップ。

 

専門的には『ジョブ クラフティング』と呼ばれるテクニックですね。

 

その証拠に、組織心理学の研究によると「価値観 × 仕事」がマッチした人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・離職率が改善
・仕事 満足度がアップ
・モチベーションがアップ
・問題 解決スキルがアップ
・業務パフォーマンスが改善
・やりがいを感じやすくなる
・仕事に情熱を持ちやすくなる
・ポジティブな感情や行動が増加…など

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、価値観と仕事を結びつけられる人のほうが、適職・天職に出会う確率がアップするということ!

 

たとえるなら、あなたの価値観を深く知ることは、キャリアという大海を泳ぐための “コンパス” を手にするようなもの。

 

科学的に正しい「職 探し」とは、あなたの興味・関心や価値観に沿ったキャリアを選ぶことにアリ。

 

↓以下の記事では、認知 行動療法でも使われる『ACT』という技法を参考に、あなたの価値観に接近していきます。

ぜひ ご覧くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【科学的に効果アリ】複数の選択肢を持つべし。

 

さて、さいごに解説するのは『選択肢の幅を広げる』について。

 

…さぁ、ここから先が本番です。

 

ここだけの話ですが、、「何をしたいのか分からない…」を克服できない人は みんな、1つの “失敗パターン” にハマりがち。。

 

それは、「自分が選択できるキャリアは、世の中に数多くある」という事実に気付けていないこと。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのですね。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレスを受けているときほど、問題 解決力がダウンしやすい」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理。

 

反対に、心理学の研究データによると、いくつもの選択肢・解決策を考え出せる人ほど、問題 解決スキルがアップするのだとか。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』)

 

専門的には「クリティカル シンキング(批判的な思考)」と呼ばれるテクニックですね。

 

そこで、↓以下のような方法で、あなたが選べる「仕事の選択肢」を広げるのも一手。

 

・仕事 選びの本を読む
・友人、知人に話を聞く
・職種の数について調べる
・就職、転職イベントに参加
・転職 支援サービスを活用する…など

 

【解決法】大手サービスを活用し倒せ⁉︎

 

個人的にイチオシなのは、「大手 転職サービスの利用」です。

 

というのも、ひとり孤独に「仕事 辞めたい…」「自分は何がしたいのか…」と向き合うのは、、「苦痛」そのものです。

 

たとえるなら、知らない街に1人、ポツンと放り込まれるようなもの。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

信じられる人も、頼れるものも1つとして無い。

お金と時間だけが、ムダに浪費されていく。

 

…そんな状況じゃ、不安と恐怖で精神的に参ってしまいそうではありませんか?

 

ただ一方で、「営業トークに乗せられそうで怖い…下手なエージェントに当たるものイヤだし…」という心配があるかも。

 

でも、大丈夫

まったく心配 無用です。

 

もし、億が一にでもサービス内容に満足できなければ、スマホを2〜3タップして「利用 停止」でOK。
60秒もかかりません

 

そして、支援サービス8社 以上を比較・検討した結果、わたしの結論は“大手が最強”

 

たとえるなら、大手 支援サービスを使い倒すことは、1,000名 以上もの専属スタッフを “同盟者” にするようなもの。

 

あなたの仕事 選びを成功させるべく、完璧な教育を受けたアドバイザーを “サポーター” に引き込むのが吉ですよ。

 

とくに、大手のサービスでは↓以下すべてがタダで使えるので、キャリア選択の “起死 回生の一手” になること必須

 

▶︎メンドクサイ採用 手続きを すべて代行
▶︎第3者 視点で あなたのPRポイントを指摘
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎専属スタッフに面接・書類 対策を一任できる
▶︎ブラック企業を除いた求人だけを探してくれる…など

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2つのいずれかを利用するとき、どちらが安全に使えると思いますか?

 

▶︎実績もサービス内容も不明な会社
→求人数は数百〜数千 件くらい
▶︎知名度、サービスの充実度すべて確保された大手の企業
→ “非” 公開 求人を含め6万〜11万 件の求人数

 

きっと、信頼が保証 済みの大手サービスのほうが、どこぞの知らん会社よりも安全に利用できるはず。

 

そして、サービス登録はカンタン

本記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけ。

 

とてもシンプルですよね。

 

登録は5分でOKなので、あなたの貴重な時間・お金も節約できます。

 

正直にいうと、以上のメリットがある支援サービスを使わないなんて、、もったいなさ過ぎる

ほんとうに、もったいないことです。

 

当記事での話を聞いてくれた聡明な あなたには、より良質な “大手 転職サービス” がマッチしています。

 

にゅー
にゅー

ここだけの話、、わたしが「このさきのキャリアをどうしたら…」と苦しんでいたときは、転職サービスを “活路” にしていました!

 

いうまでもなく、支援サービスのメリットを実感できるのは、じっさいに行動して登録した人だけです。

 

ぜひ、あなたにも大手サービスの信頼+安定を体験して欲しい

そう強く思います。

 

にゅー
にゅー

「仕事で何がしたいのか分からない…」と感じるいまこそ、科学データを参考にしつつ、動き出しましょう!

 

【断言】仕事辞めたい…→「何がしたいか分からない」を克服する方法とは?【行動すること】

 

さて、今回は以上です。

ここまで話を聞き進めてくれて、どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「仕事と人生の後悔」について。

 

研究 結果によると、わたしたち人間は、年を重ねるにつれて↓以下「5つの後悔」をする傾向にあるのだそう。

 

「起業する自信を持っていたら〜…」
「もっと学校で勉強しておけば〜…」
もっと早く会社を辞めておけば〜…」
お金なんかのために仕事しなければ〜…」
「もっと自分の気持ちに正直になっていれば〜…」

 

とくに、「仕事キャリアの悔やみ=人生レベルでの後悔」だと分かっています。

 

…さぁ、考えてみてください。

 

現状 維持に甘んじて、行動を先送りにしていると、このさきにあるのは「人生の後悔」という ”暗い未来“ かも。。

 

反対に、いますぐ動き出すことで得られるのは、じぶんでキャリアを選択できたという”自分への信頼“ と ”明るい未来“

 

…あなたが望むのは、どちらの未来ですか?

 

ここまで、わたしの話を聞きすすめるという『行動』を起こせた あなたなら、きっと動き出せるはず

 

にゅー
にゅー

仕事の悩みを払拭すべく、いますぐ行動していきましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました