【真実】何がしたいか分からない…→やりたい仕事の見つけ方2選で【科学的に解決】

【キャリアの苦悩】何をしたいのか分からない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

はぁ…「やりたい仕事」って何なんだろう。。

じぶんが何がしたいのか分からない…向いてる仕事って、なんだろう。。

今の つまらない労働を続けるくらいだったら、いっそ転職するのもアリかなぁ…?

仕事とのミスマッチなんて「時間の浪費」だし…人生のムダだよね。。

…でも、考えすぎて行動できなくなっても、足元を見失ってる感あるし。。

どうしたらいいんだろう。。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【断言】やりたい仕事を見つけるには?→『現状の把握』で【克服せよ】
▶︎科学的な「2つの発見法」で【完全に解決】※くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【真実】何がしたいか分からない…→やりたい仕事の見つけ方2選で【科学的に解決】

【断言】やりたい仕事を見つけたいけど、何がしたいか分からない…→『現状の把握』で【克服せよ】

 

【注】本記事では、科学的な根拠・データをもとに、仕事の悩みを解決する “克服法” を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの苦しみは、かならず解消できますよ

 

わたしと一緒に、解決策を学んでいきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事で何をしたいか分からない…」を解消するキーワードは、『現状の把握』にアリ

 

いまの あなた自身を状況を ”客観的に“ 認識し、事実・データに基づいて「仕事 選び」を実践していくのが吉。

 

あなた自身について知ることこそ、キャリア選択の “第一歩” なのです。

 

その証拠に、心理学の研究データによると、具体的に問題点を把握できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、きちんと自分の足元を見直せる人のほうが、問題 解決スキルがアップしやすく、職 選びにも成功しやすいのです!

 

じつは「仕事で何がしたいか分からない…」という悩みは、大いにプラスに作用する可能性 “大” 。

 

というのも、固有の価値観に縛られず、複数のキャリアを柔軟に模索できることは、変化の大きい現代では “チャンス” だから。

 

反対に、組織 心理学の研究によると、向いてない仕事を続ける人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・無気力さが悪化
・抑うつ感が悪化
・人生の絶望感が悪化
・ストレス レベルが悪化
・モチベーションが悪化
・他人を信じられなくなる
・仕事パフォーマンスが悪化
・感情コントロール力が悪化…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功 法則』)

 

にゅー
にゅー

つまり、会社とのミスマッチを放置することは、メンタルの悪化、そして人生の満足度を下げることに。。

 

断言できます。

 

あなたは、なんとなく惰性で仕事を続けている人たちよりも、1歩も2歩も「先を進んでいる」のだと。

 

【科学的な事実】「過去の経験」が大ヒント⁉︎

 

そこで、「過去に熱中したこと」「楽しかったこと」などをベースに、仕事 選びを考えるのがポイントです。

 

というのも、産業 心理学の研究によると、↓以下のことが証明されているからです。

 

「わたしたち人間は、過去に もっともコスト(時間・労力)を費やしたものに、情熱を抱きやすい

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

専門的には『保有 効果』『一貫性の原理』などと呼ばれる現象ですね。

 

つまり、あなたが過去にリソースを注いできたことが、やりがいを感じられる「適職・天職」になる確率が高いということ。

 

もちろん、仕事とは関係ない「趣味・特技」を参考にするのもアリです。

苦労して取得した資格・スキルなどはありませんか?

 

自発的に努力したこと・頑張ったことを思い返して、あなたの「やる気スイッチ」が入るポイントを見つけてみるのが吉。

 

【厳禁】絶対に「嫌いなこと」は回避すべし⁉︎

 

同じように、過去に経験・体験した「〇〇はイヤだったな…」という”嫌いなこと“ を基準に考えるのもOK

 

嫌いでキライで仕方ないことを仕事にするのは、間違いなく「拷問」で「苦行」ですから。

選択肢から除外してしまいましょう。

 

…ここで1つ、振り返ってみてください。

 

あなたは過去に、どんなことに「熱中」しましたか?

 

自主的に努力できて、達成感・やりがいを感じられた経験は、どんな内容でしたか?

 

逆に、どんな作業が「嫌い」で、ガマンならないほど「イヤ」な仕事だったのか。

ぜひ、思い返してみてください。

 

少なくとも、「そこまで嫌いじゃないこと」をベースに仕事を探すのは、あなたのキャリアの成功に役立つはずですので。

 

一方で、↓以下のような理由で転職 活動を進めると、ミスマッチに陥りやすくなることが分かっています。

 

▶︎給与や待遇の良し悪し
→高年収が望めるか?
→休みが多いかどうか?
→残業が少ないかどうか?
▶︎将来的に伸びる業界、企業
→グローバルに活動しているか?
→定年まで働ける会社かどうか?
→事業 規模を大きくしているか?
▶︎「憧れ」で仕事を選ぶ
→「想像と違った…」と凹みやすい
→「やりたくない業務」を受け入れられない
▶︎周りの反応を気にする
→周囲と比べて良い仕事か?
→親の意見に影響されすぎてないか?

 

つまり、もっとも避けるべきは「憧れをもとに、やりたい仕事を選ぶこと」なのです。

 

【悲報】「好き」や「憧れ」で仕事を選ぶな⁉︎

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると「好き」をベースに職 探しする人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎就業して1〜5年後の…
・幸福度の悪化
・離職率の悪化
・年収がダウン
・情熱が低下しやすい…など

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

つまり、「好きなこと」「やりたいこと」を優先する人のほうが、キャリア選択に失敗しやすいということ。。

 

反対に、「あるていどは割り切って仕事すべき」という ”割り切りスタイル“ のほうが、仕事 満足度が高まるのだとか。

 

なので、過度に「仕事の夢」や「明確なキャリア ビジョン」を追い求めても、適職に出会える可能性は低い。

 

であれば、「退屈じゃなければ問題ナシ」「必要なスキルが身につく仕事ならOK」と割り切ってしまうのも一手。

 

そこで、このさきでは「仕事で何がしたいのか分からない…」を解決すべく、科学的な対策法を「2つ」紹介

 

▶︎価値観の見直し
▶︎視野を広げる

 

にゅー
にゅー

「じぶんは何がしたいんだろう…」と悩み苦しむときこそ、科学データを味方に対処していきましょう!

 

【やりたい仕事の探し方】何がしたいか分からない…→科学的な2つの発見法で【完全に解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の見直し』について。

 

じつは、心理学の研究によると、じぶんの価値観をハッキリ認識できている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理・身体的なメリット
・共感 能力が上昇
・イライラ感が減少
・マイナス思考が減少
・長寿になりやすくなる
・不安感や恐怖感が改善
・ストレス抵抗力が改善
・ポジティブ気分が上昇
・主観的な幸福感が上昇
・自信が回復しやすくなる
・感情コントロール力が改善…など
▶︎経済的なメリット
・将来の収入がアップ
・将来的な貯蓄率が改善…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『最高の体調 ACTIVE HEALTH』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、価値観を把握している人のほうが、メンタルが安定しやすく、職業的な成功も収めやすいのだとか!

 

たとえるなら、あなた自身の価値観を深く知ることは、キャリアという海を泳ぐ “ガイド ライン” を手にするようなもの。

 

反対に、価値観を明確に理解できなければ、将来のビジョンを描くこともできず、じぶんの足元を見直すこともできない。

 

なので、まず何よりも優先すべきは、あなたのコア(核)となる『価値観を把握すること』にアリ。

 

そこで、このさきでは認知行動療法でも使われる『ACT』と呼ばれるテクニックを参考に、あなたの価値観に迫っていきます

 

まずは、↓下図を参考にして、あなたにピンと来る「3つのキーワード」を見つけてみてください。

 

価値観リスト

 

さて、選べましたか?

 

では次に、↓下図を参照しつつ、抜き出した3つのワードを「10点 満点」で採点してみましょう。

 

価値観リストの数値化

 

これで、あなたの価値観に “優先 順位” が付けられましたね。

 

…さぁ、このさきが最重要ポイント

 

さいごに、もっとも点数が高かった価値観を、↓以下のようなイメージで仕事と結びつけて考えてみてください。

 

ビジネスマン①
ビジネスマン①

ボクは『安定』が大切だけど…いまの職場は将来性もないし、時代の変化に追いついていけてない。。このさき、いつ倒産してもおかしくないから、安定性は期待できないな…。

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

私は『つながり』が大事ね。とくに、対人 関係が良い職場だと、本来のチカラが発揮できる感じがする…けど、、いまの会社は人との繋がりを感じられない。。ミスマッチかも。。

 

↑上記のように「価値観 × 仕事」を結びつけて解釈し直すことは、専門的に『ジョブ クラフティング』と呼ばれる技法。

 

メリットとしては、↓以下のとおりです。

 

・離職率が改善
・仕事 満足度がアップ
・モチベーションがアップ
・問題 解決スキルがアップ
・業務パフォーマンスが改善
・やりがいを感じやすくなる
・仕事に情熱を持ちやすくなる
・ポジティブな感情や行動が増加…など

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

科学データに基づいた「キャリア選択」「仕事 選び」に効果的な方法なので、ぜひ ご参考くださいね。

 

…余談ですが、、世の中の「適職 診断」「性格テスト」の99%は、科学的な根拠に乏しい “意味のないもの” なのだとか。

 

エニアグラムやRIASEC、MBTIといった適職 検査もまた、科学データに基づいていない “嘘っぱち” だと証明されています。

 

なので、効果がない「自己 分析」や「適職カウンセリング」などにコストをかけるのは、ハッキリ言って “時間のムダ” 。

 

あなた自身の価値観を認識することが、「何がしたいのか分からない…」を克服する “ファースト ステップ” ですよ。

 

【科学的に効果アリ】視野を広げるべし。

 

さて、さいごに解説するのは『視野を広げること』について。

 

…さぁ、ここからが本題です。

 

ここだけの話、、「じぶんが何をしたいのか分からない…」を克服できない人は みんな、1つの “失敗パターン” にハマりがち。。

 

それは、「自分にできる仕事は、たくさん世の中にある」という事実に気づけていないこと。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのです。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレスを受けているときほど、問題 解決力がダウンしやすい」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる現象ですね。

 

反対に、べつの心理学の研究データによると、複数の選択肢・解決策を考えつく人ほど、問題 解決スキルがアップするのだそう。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』)

 

専門的には「クリティカル シンキング(批判的な思考)」と呼ばれるテクニックです。

 

そこで、↓以下のように「べつの視点・考え方」で、キャリア選択を捉え直してみるのもアリ。

 

「悩み続けるのをやめて、とりあえず行動することに注力すべきかも?」
「自分がやりたい仕事じゃなくて、他人に必要とされることのほうが良いかも?」
「義務感でイヤイヤ仕事するんじゃなくて、ワクワクできることを探すべきかも?」

 

あるいは、↓以下のような方法で、あなたが選べる「仕事の選択肢」を広げるのも一手。

 

・仕事 選びの本を読む
・友人、知人に話を聞く
・職種の数について調べる
・就職、転職イベントに参加
・転職 支援サービスを活用する…など

 

まず「世の中には どんな仕事があるのか?」を知らないことには、適切なキャリア選択もできませんので。

 

【未来を変える】大手サービスを使い倒すが吉!

 

個人的にイチオシなのは、「大手 転職サービスの利用」です。

 

というのも、ひとり孤独に仕事を探すのは、ハッキリ言って「苦痛」そのもの。

 

たとえるなら、砂漠の ど真ん中で1人、当てなくさまようようなものでしょう。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

信じられる人も、頼れるものも何1つない “恐怖” を。

 

ひとり孤独に「やりたい仕事」を探しつづけた結果、3年…5年…と時間だけが過ぎていく “暗い未来” を。

 

そんな人生、怖すぎる。

恐ろしすぎる。

 

…そう思いませんか?

ただ一方で、「営業トークに乗せられそうで怖い…下手なエージェントに当たるものイヤだし…」という心配があるかも。

 

でも、大丈夫

まったく心配 無用です。

 

もし、億が一にでもサービス内容に満足できなければ、スマホを2〜3タップして「利用 停止」でOK。
60秒もかかりません

 

支援サービスを活用すれば、 “非” 公開 求人をコアにして情報 収集ができるので、適職を見つけられる確率も上がるはず。

 

ほかにも、↓以下すべてサービスが0円で利用できるので、キャリア選択の“活路” になること間違いナシ

 

▶︎メンドクサイ採用 手続きを すべて代行
▶︎第3者 視点で あなたのPRポイントを指摘
▶︎専属スタッフに面接・書類 対策を一任できる
▶︎ブラック企業を除いた求人だけを探してくれる…など

 

転職サービス8社 以上を比較・検討した結果、わたしの結論は“大手が最強”

 

言ってみれば、大手 支援サービスを利用することは、1,000名 以上もの専門アドバイザーを “同志” にするようなもの。

 

あなたのキャリア選択を成功させるべく、「使えるものは全て使い倒す」が吉ですよ。

 

ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2つのいずれかを利用するとき、どちらが安全に使えると思いますか?

 

▶︎実績もサービス内容も不明な会社
▶︎知名度、サービスの充実度すべて保証された大手 企業

 

きっと、信頼が確保された大手サービスのほうが、どこぞの馬の骨よりも安心できるはず。

 

そして、サービス登録はシンプル

 

本記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけ。

かんたんですよね。

 

そして、登録は5分でOK

 

正直にいうと、以上のメリットがある大手サービスを活用してないなんて、、もったいない
あまりにも、もったいないこと

 

ちなみに、ハローワークのような公的サービスでは、ブラック企業が紛れている可能性が高いので、、避けるのが無難。

 

当記事での話を聞きすすめてくれた聡明な あなたには、良質な “大手サービス” が最適ですよ。

 

吹き出し>ここだけの話、、わたしが「仕事 選び、どうしよう…」と悩んでいたときは、転職サービスを “起死回生の一手” に使っていました…!

 

その安心感たるや、「もっと早く利用しておけば良かった…」と後悔するくらい。

 

いうまでもなく、大手サービスのメリットを実感できるのは、じっさいに登録した人だけ

 

なので ぜひ、あなたにも大手サービスの信頼+安定を体験して欲しく思います

 

にゅー
にゅー

「何がしたいのか分からない…」と感じるいまこそ、科学的な方法を参考にしつつ、行動していきましょう!

 

【結論】何がしたいか分からない…やりたい仕事を見つけるには?→『行動』こそ正義【先延ばし=悪】

 

さて、今回は以上です。

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに、心理学の研究から「現状 維持のデメリット」について。

 

研究 結果によると、「優柔 不断で決断に迷いがちな人ほど、メンタルが悪化しやすく、職業 選択にも失敗しやすい」のだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

なので、わたしにできるアドバイスは、1つだけ。

 

いますぐ動き出すべき」。
行動だけが正義」です。

 

なぜなら、行動することに躊躇(ちゅうちょ)するほど、あなたの明るい未来が閉ざされていくから。

 

ただ一方で、「でも…いざ前に踏み出すのは怖い、、失敗するかもだし…」という不安もあるでしょう。

 

とくに、人生に関わる「職」についての悩みなので、心配するのも無理からぬこと。

あなたの気持ち、よく分かります。

 

…しかし、です。

 

「失敗するかも…」という自信の無さを解消できるのは、唯一「行動した人」だけ。

 

もんもんと考え続けても、ぜったいに現状は良くなりません。

慎重になり過ぎても、ダメなのです。

 

むしろ、時間だけが過ぎていき、結局は「何もできずに人生が終わる」という “暗い未来“ を送る危険も。。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

あなたは いま、キャリアの岐路に立っています。

 

片方の道には、あなたにマッチした仕事を見つけられる ”明るい未来“ が。

 

もう一方の道には、現状 維持に甘んじた結果、なにも手に入らないという ”末路“ が。。

 

…あなたが欲しい未来は、どちらですか?

 

決断するのは、あなた自身です。

 

にゅー
にゅー

さぁ、あなたのキャリア選択を成功させていきましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました