【仕事論】転職したいけど、何がしたいか分からない…→対策2選で【科学データを基に解決】

【転職したい】仕事で何をしたいか分からない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

転職したい、けど…じぶんが何をしたいのか分からない。。

やりたい仕事とかないし、どんな人生を歩みたいかも不明確だし。。

ましてや、じぶんの適性を把握してる訳でもない…宙ぶらりんなんだよなぁ。。

…でも、いまの仕事を続けるのは違う気がする…ほかの会社に移るべきな気が。。

答えが出ない…モヤモヤする。。

どうしたらいいんだろう。。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【真理】転職したいけど、やりたい仕事が分からない…→『失敗の許容』に【答えアリ】
▶︎科学的な「2つの突破口」で【完全に解決】※くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【仕事論】転職したいけど、何がしたいか分からない…→対策2選で【科学データを基に解決】

【真理】転職したいけど、仕事で何をしたいのか分からない…→『失敗の許容』に【答えアリ】

 

【注】当記事では、科学的な根拠やデータをもとに、あなたのキャリアの悩みを解消すべく、解決策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫です。
あなたの苦しみは、絶対に克服できますよ

 

わたしと一緒に、対策を学んでいきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「転職したいけど、何をやりたいのか分からない…」を解決する答えは『失敗の許容』にアリ

 

「転職で失敗したら…」「キャリア選択にミスったら…」といった不安な気持ちを認めることが、 “さいしょ一歩” 。

 

 とくに、このさきの人生に関わる「転職」という一大イベントのときほど、「失敗したくない…!」を受け入れるべき。

 

その証拠に、心理学の研究データによると、失敗やミスを許容できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・学習(仕事)成績がアップ
・自己 肯定感(自信)がアップ
・セールスの売り上げが “37〜88%” アップ…など

(参考 文献ー『幸福 優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式 最新 成功理論』)

 

にゅー
にゅー

つまり、「失敗してOK。どんどん試して学ぼう」という姿勢のほうが、メンタルが安定し、仕事 成績も良くなるのです!

 

専門的には『再起力』とか『失敗 許容力』などと呼ばれるものですね。

 

反対に、「いちども失敗しちゃダメだ…! 絶対に成功させなきゃ…!」と考えた人のほうが、むしろ ”ミスが悪化した“のだとか。。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

「絶対に転職に失敗したくない…!」と思い詰めるほどに、むしろ あなたのキャリアの可能性が閉ざされていくことに。。

 

そんな人生を送りたくない。

じぶんのキャリア選択を、意義あるものにしたい。

 

…そう思いませんか?

 

なので、いざ転職 活動を進めるときは、「職選びにミスったら、またチャレンジすればOK」という姿勢でいるほうが吉ですよ。

 

【真実】「嫌いなこと・イヤなこと」を明確化すべし。

 

そして、適職・天職を見つけていくに当たって、注意して欲しいポイントが「2つ」あります。

 

↓以下の2点ですね。

 

▶︎「嫌いなこと・イヤなこと」を明確にする
▶︎「過去に熱中できたこと」を洗い出す

 

まずは、「嫌いなこと・イヤなことを明確にする」について解説です。

 

あなた自身の「嫌いなこと」を把握できれば、少なくとも「会社・仕事のミスマッチ」という “不幸” を回避できます。

 

故スティーブ・ジョブズの言葉にもあるように、「何をやるかと同じくらい、なにを “やらないか” も重要」なのです。

 

反対に、組織 心理学の研究によると、合わない職場に居続ける社員ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・無気力さが悪化
・抑うつ感が悪化
・人生の絶望感が悪化
・ストレス レベルが悪化
・モチベーションが悪化
・他人を信じられなくなる
・仕事パフォーマンスが悪化
・感情コントロール力が悪化…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

つまり、向いてないことにコストを費やすほど、メンタルが悪化しやすく、仕事の情熱が削がれていくことに。。

 

【科学的なヒント】過去の経験=適職の可能性⁉︎

 

そこで、無駄なミスマッチを避けるべく、↓以下のポイントにフォーカスするのが吉。

 

「過去に興味・関心を持って、夢中で取り組んだこと
「寝食を忘れるほど没頭してハマったこと」…など

 

かんたんにいうと、若かりし頃に「一心 不乱に熱中したもの」に、焦点を当てるということ。

 

その証拠に、心理学の研究によると、↓以下のことが証明されています。

 

「わたしたち人間は、過去にコスト(時間・お金・労力)を費やしたものに、もっとも情熱を抱きやすいと分かった」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、「仕事のやりがい」は見つけるものでなく、あなたの内側から『掘り起こすもの』だということ!

 

専門的には『保有 効果』とか『コミットメント効果』などと呼ばれる心理ですね。

 

なので、これまでの経験と関連のない異業種に移るのも一手ですが、あなたの「情熱」が活かせる環境に転職するのが最善。

 

…ここで一度、振り返ってみてください。

 

あなたは過去に、どんなことで「楽しい!」「ワクワクする!」と感じたでしょうか?

 

わたしだけに、コッソリ教えていただけませんか?

 

【科学的な真実】将来は「予測 不可能」

 

ちなみにですが、、「将来のキャリア ビジョンを明確にすべき!」というアドバイスには、耳を貸さなくてOK

 

断言できますが、「5年後、10年後に、どんなキャリアを歩みたいか?」を考えても、意味はありません。

 

その証拠に、産業 心理学の研究データによると、↓以下のことが明らかにされています。

 

キャリア選択の “約80%” は、予想外のハプニング・イベントによって形成されている」
「天職に就いている人々を調査したところ、適職に巡り会えたのは “すべて偶然によるもの” だと明らかになった」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、どれだけ将来のキャリアについて考えようが、あなたの未来は「予測 不可能」だということ!

 

ましてや、現代は「47%の仕事=10〜20年後に消える」と言われる “大変化の時代” 。

 

オックスフォード大学のAI研究者によって発表された内容ですね。

(参考 文献:『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』)

 

なので、↓以下のような「願望」や「期待」を胸にキャリア選択をするのは、、ハッキリ言って “悪手” 。

 

▶︎福利厚生・待遇など
→住宅 補助があるかどうか?
→女性 管理職がいるかどうか?
→昇進・昇給の見込みがあるか?
→育休・産休 制度が充実しているか?
▶︎労働 環境
→給与への不満を解消できるか?
→イヤな上司や先輩はいないか?
→ストレスの少ない職場かどうか?
→現在の対人 関係が良いかどうか?

 

言うまでもなく、社会 環境や企業の業績が変われば、変化を余儀なくされますので。

 

それよりも、あなた自身の “資産” となる「スキル アップ」や「今後の成長感」などにフォーカスするのが吉ですよ。

 

そこで、このさきでは「転職したい、けど…何をしたいのか分からない…」を解決すべく、科学的な対策を「2つ」紹介

 

▶︎価値観の理解
▶︎選択肢を広げる

 

にゅー
にゅー

「やりたい仕事が分からない…どうすれば…」と悩むときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【完全に解決】何をしたいのか分からない…転職したいのに…→科学的な対策2選で【適職を発見】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の理解』について。

 

断言できますが、得意 分野・強みを発揮できる領域は、あなた自身の「価値観に沿ったもの」になるはず。

絶対に、です。

 

その証拠に、心理学の研究によると、価値観にマッチした仕事をしている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・離職率が改善
・仕事 満足度がアップ
・モチベーションがアップ
・問題 解決スキルがアップ
・業務パフォーマンスが改善
・やりがいを感じやすくなる
・仕事に情熱を持ちやすくなる
・ポジティブな感情や行動が増加…など

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、価値観と一致した働き方ができる人ほど、適職・天職に出会える確率がアップするということ!

 

たとえるなら、じぶんの価値観を深く知ることは、キャリアという海を渡る “羅針盤(コンパス)” を手にするようなもの。

 

なので、まずは「価値観の見直し」で自己 分析して、あなたの強み・長所を発掘することから始めるべき。

 

↓以下の記事では、心理カウンセリングでも使われる『ACT』という技法を参考に、あなたの価値観を理解していきます。

ぜひ ご覧くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【解決法】「視野を広げること」に答えアリ⁉︎

 

さて、さいごに解説するのは『視野を広げること』について。

 

…さぁ、ここから先がメインテーマ

 

ここだけの話ですが、、「転職したいけど、何をやりたいのか…」を脱却できない人ほど、1つの “失敗パターン” に陥っています。

 

それは、「キャリア選択の手段は、たくさん世の中にある」という事実に気付けずにいること。

 

つまり、適切に情報 収集できていないせいで、視野が狭くなっているのです。

 

…厳しい意見で すみません。

でも、真実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「ストレス状態にあるときほど、問題 解決スキルが低下しやすい」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理ですね。

 

なので、「やりたい仕事が分からない…」と思い悩んでいるときほど、ほかの解決策を検討できなくなる傾向に。

 

反対に、心理学の研究データによると、いくつもの選択肢を考えつめる人ほど、問題 解決力がアップするのだとか。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』)

 

専門的には「クリティカル シンキング(批判的な思考)」と呼ばれる思考法です。

 

そこで、↓以下のような方法で「視野を広げる」のも一手。

 

・仕事 選びの本を読む
・友人、知人に話を聞く
・第3者に相談してみる
・職種や業界について研究
・SNSで仕事 情報を検索する
・転職イベントに参加してみる
・興味のあることを紙に書き出す
・大手の転職 支援サービスを活用する…など

 

断言できます。

 

「情報 社会」と言われる現代では、あなたにマッチした情報を見つけ出すことが、キャリアを勝ち抜く“活路” になると。

 

【活用法】大手サービスの利用が “打開策” に⁉︎

 

なかでも、個人的にオススメなのは、「転職 支援サービスの活用」

 

というのも、ひとり孤独に「転職したい…」「やりたい仕事とは…」と向き合うのは、、ぶっちゃけ “苦痛” そのもの。

 

たとえるなら、海の ど真ん中に1人、ポツンと放り込まれるようなものですから。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

だれにも頼れず、ひとりでキャリア選択に奮闘することが、どれだけの恐怖不安を生み出すかを。

 

反対に、あなたを味方してくれる “支援者” がいる世界が、どれだけ安心できるかということを。

 

そして、支援サービス8社 以上を比較・検討した結果、わたしの結論は“大手が最強”

 

たとえるなら、大手サービスを活用することは、1,000名 以上もの専属アドバイザーを “支援者” にするようなもの。

 

あなたの仕事 選びを成功させるべく、完璧な教育を受けたアドバイザーを “サポーター” にするのが吉。

 

ただ一方で、「でも…求人を無理強いされるんじゃ…? 営業トークに乗せられそうで怖い…」という心配があるかも。

 

しかし、大丈夫。

心配ご無用です。

 

万が一にでもサービス内容に満足できなければ、スマホを2〜3タップして「利用 停止」でパパッと完了です。

 

60秒もかからず、ササっと済みますよ

 

とくに、大手のサービスでは、↓以下すべてがタダで使えるでので、キャリア選択の “起死 回生の一手” になること必須

 

▶︎メンドクサイ採用 手続きを すべて代行
▶︎第3者 視点で あなたのPRポイントを指摘
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎専属スタッフに面接・書類 対策を一任できる
▶︎ブラック企業を除いた求人だけを探してくれる…など

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2つのいずれかを利用しようと思ったとき、どちらが安心・安全に使えると思いますか?

 

▶︎実績もサービス内容も不明な会社
→求人数は数百〜数千 件くらいで少なめ
▶︎知名度、サービスの充実度すべて確保された大手 企業
→ “非” 公開 求人を含め6万〜11万 件の求人数

 

きっと、信頼が保証 済みの大手サービスのほうが、どこぞの無名な会社よりも信用できるはず。

 

そして、サービス登録はシンプル

 

当記事の終わりにリンクを貼っておきますから、あとは必要 事項を入力するだけ。

非常にかんたんです。

 

しかも、登録は5分で済みますので、あなたの貴重な時間・お金が節約できる点も魅力的。

 

正直にいうと、以上のメリットがある支援サービスを使わないなんて、、もったいない

あまりにも、もったいなさ過ぎ

 

当記事での話を聞いてくれた聡明な あなたには、より良質な “大手 転職サービス” が最適

 

いうまでもなく、支援サービスのメリットを体感できるのは、じっさいに行動して登録してみた人だけです。

 

ぜひ、あなたにも大手サービスの信頼+安心を実感して欲しい

心から、そう強く思います。

 

にゅー
にゅー

「転職したいけど、何をしたいか不明確だし…」と感じるいまこそ、科学的な方法を参照しつつ、動き出しましょう!

 

【結論】転職したいけど、何をしたいのか分からない…→やりたい仕事の発見法は【行動にアリ】

 

さて、今回は以上です。

ここまで話を聞いてくれて、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生の後悔」について。

 

研究データによると、わたしたちが年を重ねるにつれて後悔することは、↓以下「5つのポイント」なのだそう。

 

「起業する自信を持っておけば〜…」
「もっと学校で勉強していたら〜…」
もっと早く会社を辞めていたら〜…」
「じぶんの気持ちに正直になっておけば〜…」
お金のために あんなに仕事しなければ〜…」

 

とくに、仕事キャリアの後悔は、「人生レベルでの悔やみ」だと証明されています。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

現状 維持に甘んじた先にあるのは、じぶんの人生を後悔し続けるという “暗い未来” 。

 

「生き方を間違えてしまった…」と悔やみつづける “末路” が待っています。

 

反対に、いますぐ行動に起こせば、あなたの未来には可能性が広がる。

最適なキャリア選択の “第一歩” に踏み出せます。

 

…あなたが望むのは、どちらの未来でしょうか?

 

あなたを窮地から救ってくれるのは、『あなた自身の行動』だけ
行動こそ正義」ですよ。

 

にゅー
にゅー

明るい未来を掴むべく、いますぐ動き出しましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました