【30代女性の苦悩】仕事で何をしたいか分からない…→対策2選で【科学データありで解決】

【30代女性】仕事で何をしたいのか分からない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

はぁ…私って結局、何がしたいんだろう…どんな仕事をやりたいんだろう…。

明確に人生の目的があるわけじゃないし、キャリア ビジョンがあるわけでもない。。

いまの仕事は嫌いじゃないけど、やりがいがあるかって言われると…ちょっとね。。

もっと納得できる生き方がしたい…! この不安を払拭したい…!

どうしたらいいだんろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【適職の発見法】やりたい仕事を見つけるには?→『逆算 思考』で【克服せよ】
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完全に解決】※詳細は記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【30代女性の苦悩】仕事で何をしたいか分からない…→対策2選で【科学データありで解決】

【まだ間に合う】アラサー女子。仕事で何がしたいか分からない…→『逆算 思考』で【解決すべし】

 

【注意】本記事では、キャリア選択の悩みを解消すべく、科学データ・根拠に基づいて、解決策を発信していきます。

 

大丈夫
あなたの苦しみは、絶対に克服できますよ

 

わたしと一緒に、対策法を学んでいきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「気付いたら30代…自分が何をしたいのか分からない…」の克服には、『逆算 思考』が不可欠

 

仕事うんぬんの前に、そもそも「どんな人生を送りたいのか?」「どのように生きたいのか?」を考え抜くべき。

 

かんたんにいうと、「人生の目的・ゴール」という “終着点” から逆算して、いまの働き方を見直すのが吉ということ。

 

反対に、現在の あなた自身が「未来の自分像」からズレているなら、、要注意です。

 

というのも、心理学の研究によると「現在 × 未来」のミスマッチが大きいほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・衝動性が悪化
・不安感、焦燥感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・自己コントロール力がダウン
・将来的な貯金額が25%ダウン…など

(参考 文献:最高の体調 ACTIVE  HEALTH)

 

にゅー
にゅー

まとめると、未来の自分が具体的に想像できない人のほうが、メンタルが悪化しやすく、経済的にも失敗しやすい傾向に。。

 

専門的には『自己 連続性の不一致』と呼ばれる状態ですね。

 

…さぁ、思い浮かべてみてください。

 

将来の あなたは、どんな仕事に情熱を感じて、どのように毎日を送っているでしょうか?

 

目的地がハッキリしていなければ、安心して車でドライブもできません。

逆算 思考で「人生の設計図」を描くのが先決ですよ。

 

【真実】やりたい仕事を見つける2つの方法

 

ただ一方で、「そもそも夢とか目標も無いし…計画を立てるなんて無理ゲー…」という意見もあるかもですね。

 

そこで、やりたいことを見つけるヒントとして、↓以下の2つがポイント

 

▶︎「嫌いなこと・イヤなこと」の明確化
▶︎「過去に熱中できたこと」を思い返す

 

まず1つ目は、「イヤなこと・嫌いなことを明確にする」について解説です。

 

「好きなこと」や「憧れること」がなくとも、ハッキリと「〇〇だけは絶対に嫌だ!」と感じるものはあるはず。

 

たとえるなら、好きな食べ物はないけど、ニンジンやピーマンは嫌い…といったイメージでしょうか。

 

なので、まずは↓以下を参考にしつつ、あなたが「コレだけは回避したい!」と思うものをピックアップしてみてくださいね。

 

・対人 関係が劣悪な企業
・成長が感じられない環境
・望まないノルマを課される仕事
・スキル アップできない業務 内容
・尊敬できない上司や先輩がいる職場
・自分の能力を最大限に発揮できないこと…など

 

それから、「過去に頑張って達成できたこと」「若かりし頃に寝食を忘れてハマったこと」にフォーカスするのも一手。

 

その証拠に、産業 心理学の研究データによると、↓以下のことが確認されています。

 

「わたしたち人間は、過去にリソース(時間や労力など)を費やしてきたものに、情熱を抱きやすいことが分かった」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』『影響力の武器ーなぜ、人は動かされるのか』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、あなたが過去にコストを注いできたことが、適職・天職になる可能性が高いのです!

 

専門的には『保有 効果』『コミットメント効果』と呼ばれる心理ですね。

 

…ここで一度、振り返ってみてください。

 

あなたが一心 不乱に取り組めたことは、どんなことでしたか?

 

…さぁ、思い出してみましょう。

 

お金のことは関係なしに、↓以下のような経験ができたのは、いったい「何をしているとき」だったかと。

 

「とくに努力せずとも、周りに評価された
「やりがいを感じながらも、周囲の人に喜ばれた

 

「もう30代も半ば。…なのに、何がしたいのか分からない…」と思い悩んでいるときこそ、『歩いてきた道』に答えアリですよ。

 

【人生の後悔】は「キャリア選択」にアリ⁉︎

 

ちなみにですが、「30代にもなって “やりたいこと探し” なんて…」という批判は、すべてスルーでOK。

フルシカトで構いません。

 

むしろ、いま この瞬間に「自分の人生」と向き合っている あなたは、ほかの人たちより1歩2歩も先を進んでいます。

 

というのも、心理学の研究によると、わたしたちは年を重ねるにつれ、↓以下「5つの人生の後悔」を抱きがちなのだそう。

 

「起業する自信を持っていたら〜…」
「もっと学校で勉強しておけば〜…」
もっと早く会社を辞めておけば〜…」
お金なんかのために仕事しなければ〜…」
じぶんの気持ちに正直に生きていれば〜…」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

つまり、若いうちに「どんな生き方をすべきか?」と向き合えなかった人たちは、みな後悔を抱きながら一生を終えることに。。

 

なので、人生を諦めた “渇いた大人” の意見になんて、耳を貸す必要ありません。

 

「人生の分岐点」で、大いに結構。
「人生の曲がり角」で、何が悪いのか。

 

大切なのは、あなた自身が納得できるような、やりがいのある仕事キャリアを築くこと。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「何がしたいのか分からない…もうアラサー女子なのに…」を解消すべく、科学的な対策を「2つ」紹介

 

▶︎価値観の把握
▶︎選択肢を広げる

 

にゅー
にゅー

「やりたい仕事が分からない…いったいどうしたら…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【30代の仕事キャリア】自分が何をしたいのか分からない…→科学的な対策2選で【完全に克服】

 

さて、1つ目に解説するのは『価値観の把握』について。

 

…いきなりですが、断言します。

 

「何がしたいか分からない…」を乗り越えるキーワードは、あなた自身の価値観を “客観的に” 理解することにあると。

 

その証拠に、産業 心理学の研究によると「価値観 × 仕事」がマッチしている人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・離職率が改善
・仕事 満足度がアップ
・モチベーションがアップ
・問題 解決スキルがアップ
・業務パフォーマンスが改善
・やりがいを感じやすくなる
・仕事に情熱を持ちやすくなる
・ポジティブな感情や行動が増加…など

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、あなた自身の価値観に沿って働くことが、「やりたい仕事」に巡り合う確率をアップさせることに!

 

なので、まずは「じぶんにとって大切なことはなんだろう…?」と、自己 分析に努めるのが吉。

 

たとえるなら、あなたの価値観を深く知ることは、キャリアという荒波を泳ぐための “道しるべ” を手に入れるようなもの。

 

↓以下の記事では、科学的に効果アリな『ジョブ クラフティング』という技法を紹介しつつ、あなたの強みを深掘りします。

ぜひ ご参考くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

…余談ですが、、世の中の「適職テスト」「性格診断」の99%は、科学データに乏しい “意味のないもの” なのだとか。

 

エニアグラムやRIASEC、MBTIといった適職 検査もまた、エビデンス(根拠)が薄い “まやかし” だと証明されています。

 

なので、あなた自身の価値観を認識することが、「何がしたいのか分からない…」を解消する “さいしょの一歩” ですよ。

 

【効果アリ】選択肢を広げる=起死回生の一手⁉︎

 

さて、さいごは『選択肢を広げる』について解説。

 

…さぁ、このさきが本題です。

 

ここだけの話ですが、、「何をしたいのか分からない…」を克服できない人は みんな、1つの “失敗パターン” に陥りがち。。

 

それは、「適切な情報 収集ができず、少ない解決策で対処しようとしている」ということ。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのですね。

 

…厳しい意見で すみません。

でも、事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にあるときほど、問題 解決力が下がりやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理ですね。

 

なので、ひとり孤独にモンモンと思い悩んでいるときほど、やりたい仕事を見つけられる確率が下がることに。。

 

反対に、ほかの心理学の研究によると、いくつもの選択肢・解決策を考えつく人ほど、問題 解決スキルが向上するのだそう。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』)

 

専門的には「クリティカル シンキング(批判的な思考)」と呼ばれる技法です。

 

なので、↓以下のように「ほかの視点・捉え方」で、キャリア選択を再解釈するものアリ。

 

「悩み続けるのをやめて、とりあえず行動することにフォーカスすべきかも?」
「自分がやりたいことではなく、他人に必要とされることに着目すべきかも?」
「義務感でイヤイヤ仕事するんじゃなくて、頑張れそうなことを探すべきかも?」

 

あるいは、↓以下のような方法で「選択肢の幅を広げる」のも一手ですね。

 

・友人、知人に相談する
・第3者に話を聞いてみる
・仕事に関連した本を読む
・興味のあることを紙に書く
・SNSで仕事 情報を検索する
・職種や業界について研究する
・就職、転職イベントに参加する
・大手の転職サービスを活用する…など

 

まず「世の中には どんな仕事があるのか?」を知らないことには、キャリアの幅を広げようもありませんから。

 

【解決法】大手サービスを使い倒すべし!

 

そこで、わたしが強く推奨するのは、「大手 支援サービスの利用」

 

というのも、ひとり孤独に「キャリアとは…」「やりたい仕事とは…」と向き合うのは、、ぶっちゃけ “苦行” です。

 

たとえるなら、知らない街に1人、ポツンと放り込まれるようなもの。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

だれにも頼れず、ひとり職業 選択に奮闘することが、どれほどの恐怖不安を生み出すか。

 

反対に、あなたを味方してくれる “支援者” を確保することが、どれだけの安心感を与えてくれるかということを。

 

ただ一方で、「転職サービスって、グイグイ営業されるんでしょ? 求人も強制されそうだし…」という懸念があるかも。

 

しかし、大丈夫です。

まったく心配ご無用

 

かりに、万が一にでもサービスに満足できなかったら、スマホを2〜3回タップして「利用 停止」で問題ナシ。
30秒もかからず、スパッと完了です。

 

そして、サービス登録はシンプル

 

本記事の終わりにリンクを貼っておきますから、必要 事項を入力するだけでOK。

とても簡単ですね。

 

登録は5分で完了しますので、あなたの貴重な時間・お金を節約できるのも魅力の1つ。

 

とくに、大手なら↓以下すべてのサービスが0円で利用できるので、キャリア選択の“起死 回生の一手” になること確実

 

▶︎ブラック企業を除外した求人だけを紹介
▶︎書類 添削、相談サービスなどで迅速に対応
▶︎専門スタッフによる現実的なアドバイスあり
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎面接の日程 調整、労働 条件の交渉などを代行…など

 

そして、転職サービス8社 以上を比較・テストした結果、わたしの結論は“大手が最強”

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2つのいずれかを利用するとき、どちらが安心して使そうだと思いますか?

 

▶︎実績もサービス内容も不明確な企業
→求人数は数百〜数千 件くらい
▶︎知名度、サービス充実度いずれも保証された大手
→ “非” 公開 求人を ふくめ6万〜11万 件の求人数

 

きっと、信頼が確保された大手 支援サービスのほうが、どこぞの馬の骨よりも安全に活用できるはず。

 

正直にいうと、以上のメリットがある無料サービスを使わないなんて、、もったいなさ過ぎる
ほんとうに、もったいないことです。

 

当記事での話を聞いてくれた賢明な あなたには、より良質な “大手サービス” が最適ですよ。

 

にゅー
にゅー

ここだけの話、、わたしが「このさきのキャリアをどうしたら…」と苦しんでいたときは、転職サービスを “活路” に使っていました!

 

いうまでもなく、支援サービスのメリットを実感できるのは、じっさいに登録してみた人だけ

 

ぜひ、あなたにも大手サービスの信頼性+安定感を体験して欲しい

心から、そう思います。

 

にゅー
にゅー

「もう30代も中盤。やりたい仕事とは…」と悩むいまこそ、科学的な方法を参考にしつつ、行動していきましょう!

 

【結論】30代女性。仕事で何をしたいか分からないときの処方箋とは?【行動だけが正義】

 

さて、今回は以上です。

ここまで話を聞いてくれて、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「先延ばしのデメリット」について。

 

研究 結果によると「決断を先送りにしがちな人ほど、将来の年収が下がりやすく、キャリア選択に失敗しやすい」のだそう。

 

そのうえ、離職率も悪化し、貯金率も低下することが分かっています。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

ハッキリ言って、行動を後回しにすることは “諸悪の根源”

 

あなたの将来を閉ざす “悪魔のささやき” です。

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

このまま現状 維持に甘んじてしまうと、あなたの未来のキャリアに “暗い影” が落とされるはず。。

 

唯一、あなたの未来を明るくする方法は「行動すること」
いますぐ動き出して「トライしてみること」です。

 

…さぁ、あなたが望むのは、どんな未来ですか?

 

選ぶのは、あなた自身です。

 

にゅー
にゅー

明るい未来を掴むべく、いますぐ行動していきましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました