【20代の苦悩】仕事で何がしたいのか分からない…→克服策2選で【科学データを基に解決】

【20代】仕事で何がしたいのか分からない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

はぁ…もう20代も半ばに差しかかってるのに、やりたい仕事が分からない。。

何がしたくて、何を実現したいんだろう…天職なんて、ほんとうにあるのかなぁ…?

もうすぐアラサーだし、早く宙ぶらりんな状態を抜け出さなきゃなのに。。

…でも、やりたいこともできない人生なんて、絶対に送りたくないし。。

どうしたらいんだろう。。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【真理】やりたい仕事の見つけ方とは?→『選択肢を広げること』⁉︎
▶︎科学データを基に「2つの対処法」で【完全に解決】※詳細は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【20代の苦悩】仕事で何がしたいのか分からない…→克服策2選で【科学データを基に解決】

【真理】もう20代半ば。仕事で何をしたいのか分からない…→解決策は『選択肢を広げること』⁉︎

 

【注意】当記事では、あなたの仕事キャリアの悩みを解消すべく、科学データ・根拠に基づいて発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの苦しみは、きっと解決できますよ

 

わたしと共に、対処法を学んでいきましょう。

 

 

さきに結論ですが、「仕事で何をしたいのか分からない…」を克服するキーワードは『選択肢を広げること』にアリ。

 

「視野を広げる」とも言えますね。

 

というのも、心理学の研究によると「複数の視点を持てる人のほうが、問題 解決力がアップしやすい」のだそう。
(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』)

 

専門的には『批判的な思考(クリティカル シンキング)』と呼ばれるテクニック。

 

なので、20代は “キャリアの模索期” だと割り切って、↓以下のような方法を検討するのも一手です。

 

・未経験の業界に飛び込んでみる
・いまの仕事を続けながら「企業 研究」に専念
・アルバイトで生計を立てて「充電 期間」を設ける
・稼げる仕事よりも「何ができるか?」にフォーカス
・おなじ業種を無難に選ぶより、異業種に挑戦してみる…など

 

たとえるなら、いくつもの可能性を考慮することは、成功にいたる数多くの “迂回ルート” を設けるようなもの。

 

↓以下のイメージですね。

 

複数の選択肢

 

1つの選択肢に囚われるよりも、たくさんの “回避ルート” を検討できる人のほうが、適切なキャリア選択ができるはず。

 

【警告】仕事キャリアの後悔=人生レベルでの後悔⁉︎

 

一方で、「いまの会社で努力すべき! やりたい仕事なんて二の次だ!」という意見もあるかもですね。

 

たしかに、「青い鳥 症候群」という言葉にもあるように、「何がしたいか決められない→人生の浪費」になるリスクも。。

 

…ただし、1つだけ反論を。

 

じつは、心理学の研究によると、人生を諦めた “乾いた大人” ほど、歳を経るにつれて↓以下の「5つの後悔」をしがちなのだそう。

 

「起業する自信を持っていたら〜…」
「もっと学校で勉強しておけば〜…」
もっと早く会社を辞めておけば〜…」
お金なんかのために仕事しなければ〜…」
「直感にしたがって正直になっておけば〜…」

 

しかも、「仕事キャリアの後悔=人生レベルの悔やみ」だと証明されています。

 

とくに、年長者ほど「安定」「安心」を求めるやすいので、安易に「正社員が一番!」という “楽な生き方” に陥りがち。

 

しかし、すでに現代は「大企業・正社員 信仰」が崩れてしまった社会。

 

…昨今(さっこん)の「40代の早期 退職(リストラ)」で証明されましたよね。

 

世間のみんなが選ぶ「安全な道」は、過当 競争を招く “レッド オーシャン” になる危険が。。

 

【科学的な真実】将来のこと=予測 不可能

 

ちなみに余談ですが、、「5年後、10年後のキャリアを見据えて行動すべき!」というアドバイスは、無視でOK

 

というのも、組織 心理学の研究によると「キャリア選択の “約80%” は、予想外のトラブルによるもの」なのだとか。
(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

つまり、将来なんて「予測 不可能」

 

未来のキャリア プランを考えても、意味のない時間を費やすだけなのです。

 

なので むしろ、あなたのように「じぶんの可能性を模索できる人」こそ、変化の大きい社会では生き残りやすいはず。

 

その証拠に、進化生物学の研究データによると、↓以下のことが証明されています。

 

もっとも生存率が高まるとき=最適な環境を見つけられたとき
(参考 文献:『言ってはいけないー残酷すぎる真実ー』『アメリカ版 大学 生物学の教科書 第4巻 進化生物学』)

 

専門的には『進化的 最適環境(EEA)』と呼ばれるていますね。

 

つまり、わたしたち人間もまた、じぶんにマッチした環境(職種・業界)でこそ、もっとも成果を発揮できる

 

たとえるなら、鳥が空を飛び、魚が海を泳ぐようなものですね。

 

【注意】「やりがい」や「理想」を追い求めるな⁉︎

 

そこで、適職を探すに当たって、注意してほしいポイントが4点あります。

 

↓以下のとおりですね。

 

▶︎給与や待遇の良し悪し
→高年収が望めるか?
→休みが多いかどうか?
→残業が少ないかどうか?
▶︎将来的に伸びる業界、企業
→グローバルに活動しているか?
→定年まで働ける会社かどうか?
→事業 規模を大きくしているか?
▶︎周りの反応を気にする
→周囲と比べて良い仕事か?
→親の意見に影響されすぎてないか?
▶︎「憧れ」や「好き」で仕事を選ぶ
→「想像と違った…」と凹みやすい
→「やりたくない業務」を受け入れられない

 

とくに、もっともダメなパターンは「憧れ」や「好き」をベースにキャリア選択してしまうこと。

 

その証拠に、組織心理学の研究によると、理想やイメージ先行で職を選びがちな人ほど、キャリアに失敗しやすいのだそう。
(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

つまり、理想だけを追い求めすぎると、「思ってたのと違うな…」と落胆しやすくなってしまうのですね。。

 

反対に、「過去に熱中できたこと」「過去に努力を注いできたこと」などを基準にすると、仕事に情熱を持ちやすいのだそう。

 

専門的には『保有 効果』『一貫性の原理』などと呼ばれる現象ですね。

 

…さぁ、ここで1つ振り返ってみてください。

 

あなたが過去に努力できたことは、どんな内容でしたか?

 

どんな作業に、熱意を持って取り組めたでしょうか?

 

あなたの過去の経験が、このさきの「適職・天職」に繋がっているはずですよ。

 

そして、このさきでは「仕事で何をしたいか分からない…」を解消すべく、科学的な対策を「2つ」解説

 

▶︎価値観の見直し
▶︎成長 思考を身につける

 

にゅー
にゅー

「やりたい仕事が分からない…どうしたらいいんだろう…」と悩むときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【20代の仕事の苦悩】自分が何をしたいのか分からない…→科学的な対策2選で【解決せよ】

 

さて、1つ目に紹介するのは『価値観の見直し』について。

 

じつは、あなた自身の価値観を “客観的に” 把握し、仕事と結びつけて考えることは、キャリア選択に効果アリなのだとか。

 

専門的には『ジョブ クラフティング』と呼ばれるテクニックですね。

 

その証拠に、心理学の研究によると「価値観 × 仕事」を関連づけられる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・離職率が改善
・仕事 満足度がアップ
・モチベーションがアップ
・問題 解決スキルがアップ
・業務パフォーマンスが改善
・やりがいを感じやすくなる
・仕事に情熱を持ちやすくなる
・ポジティブな感情や行動が増加…など
(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

にゅー
にゅー

つまり、あなたの価値観を理解し、キャリアと結びつけて解釈し直すことは、適職に出会う確率をアップさせるのです!

 

そして、天職・適職に巡り会うためには、なによりもまず「あなた自身の価値観」を把握しなければいけません。

 

↓以下の記事では、認知行動療法でも使われる『ACT』という技法を参考に、あなたの心の奥にある価値観に迫っていきます。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

(まとめ記事へのリンク)

 

【断言】「成長 思考」が成功のカギ⁉︎

 

さて、さいごに解説するのは『成長 思考を身につける』というテクニックについて。

 

…さぁ、ここからがメインテーマ

 

ここだけの話、、「じぶんが何をしたいのか分からない…」を解消できない人は みんな、1つの “失敗パターン” に陥りがち。。

 

それは、「次に選んだ仕事を、適職にしていくんだ!」という “成長 思考” を身につけられずにいること。

 

その証拠に、組織心理学の研究によると「適職を見つけられるかどうか?」を分けるのは、↓以下の思考ができているかなのだそう。

 

「天職なんて存在しない。仕事を続けるうちに、しぜんに好きになっていくものだ」

 

専門的には『グロウス パッション』と呼ばれる思考法。

 

つまり、ありもしない理想を追い続けるよりも、「つぎの仕事をベストにしていく」という姿勢が、 “適職” に変わるのです。

 

ただし、すでに不満のある現在の職場で、成長 思考を身につけるのは難しいでしょう。

 

「嫌いなこと」を我慢しても、、情熱はもてませんから。

 

冒頭での話のとおり、1つの解決策に固執するよりも、複数の選択肢を考慮できるほうが、問題点に気づきやすい。

 

そして、臨床 心理学の研究によると「ストレス状態にあるときほど、問題 解決力がダウンしやすい」のだそう。
(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる現象ですね。

 

なので、「何がしたいか分からない…」と思い悩んでいるときこそ、いくつもの解決策を検討しつつ、ストレスを打開すべき。

 

「選択肢の幅を広げること」に【答えアリ】

 

そこで、↓以下のような方法で、あなたが選べる「仕事の選択肢」を広げるのも一手。

 

・友人、知人に相談する
・仕事 選びについて読書
・職種について情報 収集
・就職イベントに参加する
・大手の支援サービスを活用…など

 

まず「世の中には どんな仕事があるのか?」を知らないことには、適切なキャリア選択もできませんので。

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話を聞いてくださった あなたにだけ、特別に「科学データに基づいた “秘策” 」を教授しちゃいます

 

わたしがイチオシするのは、転職 支援サービスを活用するという方法

 

というのも、ひとり孤独に職 探しをするのは、ハッキリ言って「苦痛」そのもの。

 

たとえるなら、砂漠の ど真ん中で1人、当てなく迷い続けるようなものでしょうか。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

信じられる人も、頼れるものも1つもない。

 

恐怖不安に追い込まれ、将来の心配に押し潰されそうに。。

 

…そう思いませんか?

 

ただ一方で、「営業トークに乗せられそうで怖い…下手なエージェントに当たるものイヤだし…」という心配があるかも。

 

でも、だいじょうぶ

ご心配なく

 

もしも、億が一にでもサービス内容に不満足だったなら、スマホを2〜3タップして「利用 停止」で問題ナシ

 

30秒もかからずササッと済みますよ。

 

とくに、大手なら↓以下すべてのサービスが0円で利用できるので、キャリア選択の “活路” になること請け合いです。

 

▶︎メンドクサイ採用 手続きを すべて代行
▶︎第3者 視点で あなたのPRポイントを指摘
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎専属スタッフに面接・書類 対策を一任できる
▶︎ブラック企業を除いた求人だけを探してくれる…など

 

そして、転職サービス8社 以上を比較・検討した結果、わたしの結論は“大手が最強”

 

言ってみれば、大手サービスを使うことは、1,000名 以上もの専門スタッフを “協力者” にするようなもの。

 

あなたの職業 選択を成功させるべく、専属のエージェントたちに “支援者” になってもらいましょう。

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下2つのいずれかを利用するとき、どちらが安全に使えると思いますか?

 

▶︎サービス内容、実績ともに不明な会社
▶︎サービスの充実度、知名度、実績すべて保証された企業

 

きっと、信頼が確保された大手サービスのほうが、どこぞの馬の骨よりも確実に安心できる

 

…そう思いませんか?

 

そして、登録 方法はシンプルです。

本記事の終わりにリンクを貼っておきますので、必要 事項を入力するだけ。

 

かんたんですよね。
しかも、サービス登録は5分でOK

 

正直にいうと、以上のメリットがある大手サービスを活用してないなんて、、もったいない

あまりにも、もったいないです。

 

ちなみに、ハローワークのような公的なサービスは、ブラック企業が紛れている可能性があるので、、避けるのがベター。

 

本記事での話を聞きすすめてくれた懸命な あなたには、良質な “大手サービス” が最適ですよ。

 

将来への “先行 投資” だと思って、無料サービスを使い倒しちゃいましょう。

 

いうまでもなく、大手サービスのメリットを体感できるのは、じっさいに登録してみた人だけです。

 

なので ぜひ、あなたにも大手サービスの信頼+安定を実感して欲しい

 

にゅー
にゅー

「何がしたいのか分からない…」と苦しむいまこそ、科学的な方法を参考にしつつ、行動していきましょう!

 

【断言】何がしたいのか分からない…→やりたい仕事を見つけるコツは?【あなた自身の行動にアリ】

 

さて、今回は以上です。

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「行動を先送りにするデメリット」について。

 

研究 結果によると「決断を先延ばしにしがち人ほど、キャリア選択に失敗し、将来の収入もダウンしやすい」のだそう。
(参考 文献:『なぜヒトは先延ばししてしまうのか』)

 

…さぁ、想像してみてください。

 

仕事や人生を成功に導く唯一のコツは、 “即断 即決” にアリ。

 

反対に、「どうしたらいいのか分からない…」と優柔 不断な時間を過ごすほど、未来の可能性が閉ざされていくことに。。

 

つまり、 “明るい未来” を送れなくなるのです。

 

すべては、いま この瞬間の「あなた自身の行動」にかかっています。

 

ここまで、わたしの話を聞きすすめてくれた あなたなら、絶対に未来を切り拓いていけるはず。

 

にゅー
にゅー

望む未来を手にすべく、いますぐ動き始めましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました