【絶望】仕事スピードについていけない…作業が遅い…→対策2選で【科学データありで解決】

【仕事のスピードについていけない】Uncategorized

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

仕事スピードが遅すぎて、周りのペースについていけない…完全に「お荷物」だよねなぁ…。

残業したり、勉強 時間を増やして対応してるのに、ぜんぜん作業の速度が改善できない。。

じぶんなりに努力してるつもりなのに、仕事の成果が出ないのは、どうして…?

なにがダメなんだろう…完璧 主義すぎるのかなぁ…?

対処法があったら知りたいよぉ…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【真実】仕事のスピードについていけなくて…→解決策は『現状の見直し』⁉︎
▶︎科学的な「2つの改善策」で【すべて克服】くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【絶望】仕事スピードについていけない…作業が遅い…→対策2選で【科学データありで解決】

【真実】周りの仕事スピードについていけない…→『現状の見直し』で解決⁉︎【科学で解説】

 

【注意】当記事では、あなたの仕事の悩みを克服すべく、科学的なデータをもとに、解決策を発信していきます。

 

ぜったいに、大丈夫
あなたの苦しみは、きっと解消できますから

 

わたしと一緒に、対処していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事のスピードについていけなくて…」を解決するキーワードは、『現状の見直し』にアリ。

 

↓以下のようなイメージで、周りと比べて「作業ペースが遅いのはなぜか?」を、シッカリと再点検することが “第一歩” 。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

仕事についていけなくて、ツラい。。…もしかしたら、、完璧 主義なせいで、100点 満点で仕上げようするのが原因なのかも…? ここは1つ、質を落としてみるのもアリか…?

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

ほかの社員たちの作業スピードが速すぎて、毎日がプレッシャー。。…ていうか、私だけ仕事量が多すぎないかしら…? もしかしたら、不要な業務を抱え込んでるのかも…?

 

というのも、心理学の研究によると、問題点を “客観的に” 認識できる社員ほど、↓以下のメリットを受けやすい傾向に。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・不安感、イライラ感が改善
・ネガティブ、マイナス思考が改善…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、きちんと状況を分析できる人のほうが、ストレスに強く、メンタルが安定し、問題に対処しやすくなるのですね!

 

そこで、↓以下6つを参考に「懸念点の見極め」にフォーカスし、あなたの仕事スピードを見つめ直すのがオススメ。

 

▶︎完璧 主義で「100点 満点」でないと納得できない
→インドを見習って「60〜80%主義」を取り入れる。ほどよくテキトーになる。

 

▶︎担当 分野についての勉強・知識が足りていない
→業務 時間内にヒマを見つけて、こっそり学習タイムを設ける

 

▶︎マイペースで働くことに、こだわり過ぎている
→社内の「デキる社員」を観察して、仕事ペースの進め方を参考にする

 

▶︎神経質なせいで、細部に目がいきすぎてしまう
→「成果をあげること ”だけ“ 」に注目して、細かいことはスルーする

 

▶︎メールチェックや日報づくりに時間がかかり過ぎ
→あらかじめ朝・午後にこなすルーティーンを決めて、仕事のエネルギーを節約

 

▶︎他人に頼れず、1人で業務を抱え込んでいる
→社内ネットワークを活用して、ほかの人にも仕事をシェアしてもらう…など

 

あなたの作業スピードを高める ”さいしょの一歩“ は、まずは「問題の見直し」にアリですよ。

 

【悲報】残業で仕事量をカバーするのは “NG” ⁉︎

 

ご注意ください。

 

いくら仕事のスピードについていけないとはいえ、残業を増やして作業量をカバーしようとするのは、、科学的に “悪手”

 

むしろ、 “逆効果” になる恐れすらあります。

 

というのも、組織 心理学の研究データによると、残業 時間が長くなるほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

【週あたりの労働 時間】
▶︎〜50時間 以上
・抑うつ感が悪化
・労働 生産性が悪化
・ストレス抵抗力が悪化
・記憶、思考力がダウン
・判断、注意力がダウン
・ポジティブな気分が減少
・感情コントロール力が悪化
・業務パフォーマンスが悪化…など

 

▶︎〜55時間 以上
・業務 生産性が“100%” 低下

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『ブラック職場があなたを○す 日本経済新聞 出版』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、作業スピードを残業でカバーしがちな人ほど、メンタルが悪化し、かえって成果も上げられなくなるのですね。。

 

最悪なのは、週あたりの労働が「55時間 / 週」を超えたときで、なんと仕事の生産性が “0(ゼロ)” になると実証 済み。

 

かんたんにいうと、一見すると「仕事しているように見える」けれど、じっさいは会社のイスに座っている“だけ” のムダな時間。

 

つまり、作業ペースが遅いことを理由に残業しても、仕事スピードを改善できずに、ただの徒労に終わってしまうのですね。

 

その証拠に、わたしたち日本の労働者は「先進国トップ レベルで働きすぎ」にも関わらず、生産性は “最低レベル” なのだそう。

 

分かりやすくいうと、ムダに残業ばかりしているわりに、成果が上げられず “泥沼” にハマっている…ということ。

 

…キツい意見で、すみません。

しかし、事実です。

 

なので、当日に終わらせるべき仕事は、次の日に持ちこさない or 残業して補填しようとしない、と徹底すべき。

 

わたしたちビジネス パーソンは、居残りで作業 速度をカバーしてはダメなのですね。

 

【警告】「失敗を許さない職場」の末路とは…

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

あなたの社内には、きちんと「他人のミスを許容する文化」が築かれているでしょうか?

 

仕事スピードが遅いことを責めることなく、個々人の作業スキルの違いを受け入れられる社風が、ちゃんと作られていますか?

 

じつは、組織 心理学の研究によると、失敗を許せない企業 風土がある会社ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・問題 解決力がダウン
・ストレス抵抗力がダウン
・仕事(学習)成績がダウン
・社員の自己 肯定感(自信)がダウン
・セールスの売り上げが“37〜88%” も悪化…など

 

にゅー
にゅー

まとめると、他人をフォローをする雰囲気がない職場ほど、社員のメンタルが悪化し、成果も上がりづらくなることに。。

 

反対に、他人のミスや失敗を許容できる社風があると、↑上記のデメリットを改善できることも証明されています。

 

専門的に『再起力(さいきりょく)』とか『失敗 許容力(きょようりょく)』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

…さぁ、想像しみてください。

 

このさき40〜50年 以上もずっと、仕事スピードが遅いことを理由に非難されつづける“苦痛すぎる未来” を。

 

上司や先輩から「作業が遅すぎる!」「やる気あるのか!」と急かされ、じぶんへの自信すら失われていく“悲しい末路” を。

 

そんなキャリア人生、耐えられない。
もっと、明るい未来を手にしたい。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「仕事スピードについていけなくて、ツラい…」を解消すべく、科学的な「2つの改善策」を紹介

 

▶︎セルフ  コンパッション
▶︎退却 手段の用意

 

にゅー
にゅー

「まわりの作業 速度についていけなくて…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【断言】仕事スピードが遅すぎて、周りについていけない…→科学的な改善策2選で【すべて克服】

 

さて、1つ目に解説するのは『セルフ コンパッション』について。

 

直訳すると「じぶんへの思いやり」とか「自分 自身を受け入れるチカラ」などといった意味ですね。

 

…ここで1つ、ご自身のことを振り返ってみてください。

 

「作業スピードが遅くて…」と悩み、じぶん自身をキツいコトバで責め立てていませんか?

 

「仕事ができないダメ会社員で…」といった感じで、自己 否定・自己 嫌悪に陥っていないでしょうか?

 

じつは、脳科学や心理学の研究によると、自分 自身を思いやれる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・自制心が改善
・共感性が改善
・衝動性が改善
・やる気がアップ
・抑うつ気分が改善
・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力がアップ
・自己コントロール感がアップ
・「成長に繋がる努力」をしやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りにくくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自然体のあなた自身を受け入れられるほど、ストレス状態が改善し、業務 成果も上げやすくなるということ!

 

ただ一方で、↓以下のような反論もあるかもですね。

 

上司
上司

個人の作業スピードの上達を待ってられるほど、仕事は甘くない! ムリにでも会社のペースに合わせるべきだ!

 

たしかに、組織のもとで働く以上は、周囲の仕事スピードに合わせなきゃダメな場面も出てくるもの。

企業に雇われる「会社員」ですから。

 

…しかし、です。

 

以上に説明した『セルフ コンパッション』にあるとおり、個々人に過剰なプレッシャーをかけるのは、、かえって “NG”

 

むしろ、 “悪影響” とすら言えるくらい。

 

なので、断言できます。

 

科学データが示すとおり、変化の大きい現代のビジネス業界で生き残るのは、じぶん自身を思いやれる「優しい人」なのだと。

 

さらにくわしい内容は、↓以下の記事で お話しています。

ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学が証明】『退却 手段』を用意すべし⁉︎

 

さて、さいごには『退却 手段の用意』について解説です。

 

そして、ここからが本題

 

あなただけに暴露しちゃいますが、、「仕事についていけなくて…」を脱却できない人の9割 以上には、1つの“共通点” が。

 

それは、無料 転職サービスの活用という、“現実的な脱出ツール” を確保できていないこと。

 

いまの職場でガマンすることばかりに気を取られ、ほかの解決策に目を向けられずにいる。

 

つまり、視野が狭くなっているのですね。

 

…キツい言い方で、すみません。

けれど、確かな事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にある人ほど、問題 対処力がダウンしやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス(悲観的な思い込み)』などと呼ばれる心理ですね。

 

反対に、仕事のストレスを回避できるビジネス パーソンは みんな、じぶんだけの “心のよりどころ” 準備しているもの。

 

みんな口に出さないだけで、万が一のときは職場を変えられるよう、有事に備えて “逃げ道” を持っているものなのです。

 

なので、断言できます。

 

「仕事についていけないのがツラい…」と悩む、いまのあなたに必要なのは、不遇な環境を抜け出す “撤退策の確保” にあると。

 

キーワードは、『コントロール感』にアリ。

 

企業や上司・先輩などに支配されることなく、みずから「人生の主導権を握っている感覚があるか?」が大切。

 

その証拠に、心理学の研究によると、コントロール感が失われがちな人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

▶︎心理的なデメリット
・自制心が悪化
・幸福感がダウン
・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・注意、思考力が悪化
・決断、判断力が悪化
・ストレス耐性がダウン
・挫折に打たれ弱くなる
・モチベーションが悪化
・不安や恐怖を感じやすくなる

 

▶︎経済的なデメリット
・将来の収入がダウン
・昇給、昇進率がダウン
・仕事の満足度がダウン
・業務(学習)成績がダウン
・労働パフォーマンスがダウン
・社内の対人 関係が悪化しやすくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『スタンフォードの自分を変える教室』『ストレスの脳科学 予防のヒントが見えてくる』)

 

にゅー
にゅー

つまり「もう、どこにも逃げられない…」と絶望するほど、メンタルが悪化し、仕事・人生の両面で失敗しやすくなることに。。

 

専門的に『コントロール感の喪失』とか『自己コントロール感の欠如(けつじょ)』などと呼ばれる心理 状態ですね。

 

【3分で運命を変える⁉︎】0円サービスの応用法とは?

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話を聞いてくれた あなたにだけ、特別 扱いで「科学データに基づいた “秘策” 」を伝授しちゃいます!

 

わたし個人的にイチオシできるのは、転職サイトやエージェントに登録 “だけ” しておくという方法です。

 

じつは、臨床 心理学の研究によると「対処法を手にする “だけ” でも、ストレス抵抗力がアップする」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、認知行動療法という心理カウンセリングでも使われる技法の1つ。
なので、効果は保証 済みです。

 

たとえるなら、それぞれの無料 転職サイトを “メンタル安定剤” として活用するようなものでしょうか。

 

とくに、大手のエージェントでは、↓以下すべてが0円で受けられるので、万が一の“打開の一手” に使えること間違いナシ

 

▶︎メンドクサイ採用 手続きを すべて代行
▶︎第3者 視点で あなたのPRポイントを指摘
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎専属スタッフに面接・書類 対策を一任できる
▶︎ブラック企業を除いた求人だけを探してくれる…など

 

ただ一方で、「営業トークに乗せられそうで怖い…へんな求人を押し付けられるのもイヤだし…」という懸念があるかも。

 

だいじょうぶ。

どうか、ご安心を。

 

もしも、かりにサービス内容に満足できなかったときは、スマホをササっと2〜3タップして「利用 終了」で問題なし

 

60秒 足らずで完了できますから、通勤中の電車内や休憩中にサクッと済んじゃうくらい、超お手軽&スピーディーです。

 

そして、サービス登録は3分で可能なので、超かんたん

 

じっさいのプロセスは、当記事の終わりにあるリンクから飛んでいただき、氏名・アドレスなどの必要 事項を入力するだけ。

 

とってもシンプルですよね。

 

それに、サービス登録“だけ” しておけば、いつでもあなたの好きなタイミングで利用 可能になります。

 

新しいキャリアに踏み出す “さいしょの一歩” として、自信を持ってオススメできる方法の1つですよ。

 

正直にいうと、以上のメリットをタダで利用できる “逃げの手法” を確保しておかないなんて、、もったいない

 

ほんとうに、もったいないこと。

 

どうか、ご心配なく。

 

ここまで話を聞いてくださった あなたにだけは、ぜったいに「損」はさせませんので。

 

そして、無料の支援サービス8社 以上を比較・テストした結果、、わたしの結論は“大手が最強” ということに。

 

たとえるなら、大手エージェントを活用することは、1,000名 以上もの専門スタッフを “味方” にするようなもの。

 

大手の転職サイト“だけ” が持っている非公開な情報もありますから、あなただけの “支援者” として利用するのが吉ですよ。

 

ぜひ、ここまで話を聞いてくださった聡明な あなたには、大手 無料サービスの信用+安定を体験して欲しい

 

心から、そう強く思います。

 

にゅー
にゅー

「仕事のスピードについていけない…」と感じるいまこそ、科学データを参考にしつつ動き出しましょう!

 

【まとめ】仕事のスピードについていけない…→たった1つの克服法とは?【あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「決断を先延ばしにするデメリット」について。

 

研究 結果によると、行動を後回しにしがちな人ほど、キャリア選択に失敗し、将来の収入もダウンしやすいのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

思えば、わたしが「あのとき動いていて良かった…」と感じるのは、いずれも『即断 即決で起こした行動』でした。

 

…さぁ、頭のなかに思い浮かべてみてください。

 

現状 維持に甘んじたさきにある “不幸なキャリア人生” を。

 

反対に、行動に起こしたさきに掴める “明るい未来” を。

 

あなたが望むのは、どちらの未来でしょうか?

 

このさきの人生を変えられるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択しだい』

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話を聞きすすめるという『行動』を起こせたあなたなら、きっと運命を変えていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じます!

 

人生の決定権は、あなたの手の中にありますよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました