【退職すべき?】仕事についていけない…→辞めたい時の対策2選で【科学データをもとに解決】

【仕事についていけない】退職・辞めたい

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

もう限界…仕事についていけないのがツラい。。

正直、もう見切りをつけたほうがいいかもだけど…でも、会社を辞めたら収入ゼロだし。。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

きっと、社内で「仕事ができないヤツ」「ダメな社員」って思われてるに違いないよ。。

ぶっちゃけ、もう退職したい…どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【辞めたい】仕事についていけない…→『理由の明確化』で克服すべし⁉︎
▶︎科学的な「2つの克服法」で【すべて解決】くわしくは記事の後半にて

 

…と、話に入るまえに1つだけ、↓以下の “残酷すぎる事実” を覚えていただきたく思います。

 

「ついていけない仕事にガマンして報われるほど、現代 社会は甘くない」。

(参考 文献:『言ってはいけない 残酷すぎる真実』『日本人の9割が知らない遺伝の真実』『繁栄 明日を切り拓くための人類10万年史』)

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【退職すべき?】仕事についていけない…→辞めたい時の対策2選で【科学データをもとに解決】

【もう辞めたい】仕事についていけない…→退職したい問題は『理由の明確化』で克服せよ⁉︎

 

【必見】当サイトでは、あなたのキャリアの悩みを解消すべく、科学的なデータをもとに、解決策を発信していきます。

 

だいじょうぶ。
あなたの苦しみは、きっと克服できますから。

 

わたしと一緒に、対策を練っていきましょうね。

 

 

さて、さきに結論です。

 

「仕事についていけなくてツラい…いっそ退職したい…」を解決するキーワードは、『理由の明確化』にアリ

 

↓以下のようなイメージで、あなたが直面している仕事の問題点にフォーカスすることが、現状から抜け出す “第一歩” に。

 

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

いつまで経っても作業が上達しない…もう、精神的に耐えられない。。

もしかしたら、いまの仕事に向いてないのかも…教えてもらったことも、頭に入らないし。。

 

…さぁ、ご自身について振り返ってみてください。

 

なにが問題なのか手にとって分かるほど、苦痛の原因を明確化できているだろうかと。

 

じつは、心理学の研究によると、問題の所在を明らかにできない人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

失業リスクが悪化
・問題 解決力がダウン
・ストレス抵抗力がダウン
・仕事や人生の満足度がダウン
・対人 関係が悪化しやすくなる
・マイナス思考に囚われやすくなる…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教室』『ストレスの脳科学 予防のヒントが見えてくる』『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、苦痛の原因を明確化できない人ほど、メンタルが悪化しやすく、仕事キャリアや人間 関係にも悪影響が。。

 

たとえるなら、懸念点を把握できずにいることは、姿の見えない幽霊を相手に たたかうようなもの。

 

仕事についていけない理由を認識することは、ビジネスで使われるPDCAの「C=Check」の部分に当たりますね。

 

そこで、です。

 

↓以下6点を参考にしつつ、あなただけの「退職したくなる原因」を再確認してみてくださいね。

 

【6選】仕事を辞めたくなる理由は?
▶︎やりたくない業務を強要され、ストレス フルな毎日に疲れぎみ
▶︎同僚やデキる後輩に追い抜かれ、能力 不足を痛感させられている
▶︎優秀な社員と自分を比べてしまし、自信 喪失から抜け出せずにいる
▶︎頑張って働いても成果が上がらず、いまの職場に合わないと感じている
▶︎自分に足りないスキルが多すぎて、仕事のモチベーションが下がっている
▶︎怖い上司や怒りっぽい先輩のせいで、なにをするにも気持ちが萎縮しがち…など

 

断言できます。

 

あなたの「仕事についていけない…正直、もう退職したい…」を打開する最初の一歩は、『原因の分析』にアリですよ。

 

【注意】「自己 否定」に苦しみ続ける末路とは…⁉︎

 

…ここで1つだけ、あなたに質問させてください。

 

仕事についていけないことを理由に、ご自身のことを「ダメ人間で…」と責めたり、精神的に追い詰めていませんか?

 

あるいは、仕事の能力・スキル不足に苦しみ、自己 嫌悪や自己 卑下(ひげ)に陥ってはいないでしょうか?

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意です。

 

というのも、心理学の研究データによると、自尊心(自信)を失いやすい人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

▶︎職業的なデメリット
離職率が悪化
・社内の生産性が悪化
・労働パフォーマンスがダウン
キャリア選択に失敗しやすくなる
・昇進、昇給の機会を逃しやすくなる
・職場で「無能」だと誤解されがちになる…など

 

▶︎メンタル的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・早死にリスクが悪化
・ネガティブ思考が悪化
・不安感や恐怖心が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・自暴 自棄になりやすくなる
・完璧 主義に陥りやすくなる
・自己 批判や自己 嫌悪が悪化…など

 

▶︎対人 関係のデメリット
・家庭が壊れやすくなる
・恋人との破局リスクが悪化
・友人 関係が崩壊しやすくなる
・ほかの人を信用できなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自己 否定で悩みやすい人ほど、仕事キャリア・対人 関係・心身の健康すべてに悪影響アリなのですね。。

 

たとえるなら、自己 嫌悪で思い悩むことは、キレイな花々が並ぶ花壇(かだん)を、土足で踏み荒らすようなもの。

 

もちろん、現状に満足せずに高いプライド・向上心を持つことは、仕事のレベル アップに役立つこと確実です。

 

また、尊敬できる先輩や目標となる上司を参考に、高いモチベーションで仕事に臨むことは、能力アップの “近道” 。

 

…しかし、です。

 

メンタルが不安定な状態に陥ると、せっかくの高いヤル気も活かせないまま、スキルアップも遠のきがち。

 

それどころか、仕事に集中できないせでミスが増えたり、かえって上司に怒られる機会が悪化する場合もあるはず。。

 

ご注意ください。

 

「仕事についていけない自分は、ダメ人間…」と思い詰めることは、あなたの人生を苦しめる “悪循環” を生む危険アリ。

 

なので、たとえ能力 不足を実感していても、自己 否定や自己 嫌悪だけは「避ける」が吉ですよ。

 

【真実】「向いてない仕事」を続けるデメリットとは?

 

とはいえ、↓以下のような反論もあるかもしれませんね。

 

上司
上司

「仕事についていけないから、退職したい」だなんて、、甘ったれるんじゃない!

ほかの職場に移っても、現状が改善される保証なんてないぞ! いまの会社で努力すべきだ!

 

かなりキツい意見ですが、、たしかに↑上記にあるとおり「転職先でも、ついていけなかった…」となる可能性もアリ。 

 

それに、現在の能力 不足が尾(お)を引いて、ほかの会社でも「足手まとい」のレッテルを貼られる危険もありますよね。

 

となれば、シッカリと見切りをつけられるまでは「給料=ガマン代」と考え、いまの仕事を続けるのも一手かも。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、向いてない職場に居続ける “リスク” もまた、、あるように思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、合わない仕事を続けがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向に。

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、会社とのミスマッチを放置しがちな人ほど、メンタル的に落ち込みやすく、業務 成果も上がらないのですね。。

 

たとえるなら、向いてない環境で働きつづけることは、羽を持たない魚が、空を飛ぼうと努力するようなもの。

 

 “適材 適所” とも言われるように、仕事についていけないという苦しみは、環境の不一致を知らせる「サイン」と解釈すべき。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

このさき45〜50年 以上にわたって、自信 喪失とスキル不足に悩みつづける “絶望の未来” を。

 

…そんなキャリア人生、あんまりだと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「退職したい…仕事についていけない…」を解消すべく、科学的な「2つの克服法」を解説

 

▶︎セルフ コンパッション
▶︎逃げの一手を用意

 

にゅー
にゅー

「もう会社に行きたくない…いっそ辞めたい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【断言】仕事についていけない…→退職前にすべき「2つの科学的な克服法」で【すべて解決】

 

さて、1つ目に紹介するのは『セルフ コンパッション』について。

 

かんたんにいうと、「自分への思いやり」とか「ありのままを受け入れるチカラ」といった意味ですね。

 

…ここで1つ、ご自身の言動を思い返してみてください。

 

じぶんへの優しさを大切に、自己 肯定できるような行動・考え方ができているだろうかと。

 

じつは、心理学・脳科学の研究によると、素のままの自分を受け止められる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・自制心が改善
・衝動性が改善
・やる気が改善
・共感スキルが改善
・抑うつ気分が改善
・ネガティブ思考が改善
・モチベーションが改善
・ストレス抵抗力がアップ
・仕事(学習)成績がアップ
・自己コントロール感がアップ
・「成長に繋がる努力」をしやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りにくくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、じぶんに思いやりを向けられる人ほど、メンタル的に安定し、仕事でも成長しやすくなるのですね!

 

たとえるなら、ありのままの自分を受け入れることは、愛するペットに “エサやり” をしてあげるようなもの。

 

80万件 以上の研究データが示すとおり、わたしたち人間は「じぶんへの優しさ」という食事が欠かせないのだそう。

 

↓以下の記事では、わずか3分で実行できるセルフ コンパッション実践法について、科学的な根拠をもとに解説です。

 

ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学が実証】『万が一の逃げの一手』を用意せよ!

 

さて、さいごに お話するのは『逃げの一手を用意』について。

 

そして、ここからさきが本番です。

 

あなただけに お話しますが、、「仕事についていけなくて…」から抜け出せない人の9割 以上には、1つの “共通点” が。

 

それは、転職 支援サービスの利用という、 “現実的な撤退ツール” を備えられていないこと。

 

…ここで1つ、振り返ってみてください。

 

「どうせ、どこの会社にも雇ってもらえないはず…」と、さいしょから可能性を捨てていないかと。

 

あるいは「スキル不足のダメ人間だし、転職は無理かも…」と、みずから希望を失くしていないかと。

 

じつは、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にあるときほど、問題 対処力がダウンしやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス』などと呼ばれる心理 傾向。

 

かんたんにいうと、精神的に追い込まれているときほど、かえって困難に立ち向かえなくなってしまうのですね。。

 

でも、だいじょうぶ。

どうか、ご安心ください。

 

というのも、べつの研究データによると「ツラい状況への対抗策を持てる人ほど、逆境に打ち勝てる傾向にある」のだとか。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』)

 

専門的に『再起力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理ですね。

 

分かりやすくいうと、あなたのキャリア選択を成功に導くカギは、もしものための “逃げ道” を手にすることにアリ。

 

その証拠に、高い成果を上げる優秀なビジネス パーソンは みな、じぶんだけの “退避ツール” を用意できているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも転職 or 退職できるように、万が一の “緊急 手段” を持っているものなのです。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに欠かせないのは、不適切な環境から脱すべく、具体的な “回避ルート” を準備することなのだと。

 

今より もっと、安心して生きていける未来を送りたいと思いませんか?

 

にゅー
にゅー

「もう仕事 辞めたい…ついていけないのがツラい…」と感じる今こそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【結論】仕事についていけない…→退職の悩みを打ち消す解決策とは?【答:あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝します。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「現状 維持のデメリット」について。

 

研究データによると、現状から抜け出す努力ができない人ほど、↓以下のデメリットを受けやすくなるのだとか。

 

▶︎経済的なデメリット
・生涯 年収がダウン
・金銭的に貧しくなる
・昇給や昇進しにくくなる
・キャリア選択の失敗率が悪化…など

(参考 文献:『残酷な世界で生き延びるたった1つの方法』『権力を握る人の法則』『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、重要な行動や決断を先送りにしがちな人ほど、キャリア的・金銭的に失敗しやすくなる傾向に。。

 

専門的に『現状 維持バイアス』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

ここまで、わたしの話を聞いてくださった あなたは、すでに成功への階段を1歩、2歩と登っています。

 

↓以下のイメージですね

 

【ステップアップ】

 

そして、胸に手を当てて考えてみてください。

 

あなたは、せっかく ここまで進めてきた歩みを止めて、またもや苦しい “ふり出し” へと戻りたいでしょうか?

 

それとも、ツラい現状を打ち破るべく、あなたが踏み出した1歩を「人生を変えるチカラ」に変えていきますか?

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話に耳を貸してくださった懸命な あなたなら、ぜったいに明るい未来へと変えていけるはず。

 

わたしは、そう信じています。

 

にゅー
にゅー

このさきの運命を変えられるかどうかは、今この瞬間の『あなた自身の行動しだい』ですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました