【もう限界】仕事についていけない…能力不足で辛い…→対策2選で【科学的に解決】

【仕事についていけない】能力不足

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もうイヤだ…仕事についていけなくて、毎日がツラい…。

スキル不足なせいで、失敗してばかり…上司や先輩に怒られるだけの日々が、苦痛すぎて。。

ほかの人に迷惑をかけてる自分が、情けなくて…恥ずかしくて…もう、ストレスが限界。。

作業スピードが遅すぎて、周りについていけてない…知識も経験も、ぜんぜん足りないし。。

現状を打開したい…でも、どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【科学の真実】仕事についていけない…→克服策は『現状の分析』⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【すべて解決】記事の後半で詳細を解説

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【もう限界】仕事についていけない…能力不足で辛い…→対策2選で【科学的に解決】

【科学の真実】仕事が難しすぎて、業務についていけない…→『現状の分析』で克服⁉︎

 

【必読】当記事では、あなたのキャリアの悩みを克服すべく、科学データをもとに、改善策を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたの苦しみは、きっと解消できますよ

 

わたしと一緒に、解決していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「仕事についていけなくて、毎日がしんどい…」を解決するキーワードは、『現状の分析』

 

↓以下のようなイメージで、仕事についていけない理由の「客観的な把握」に努めるのが吉。

 

「さいきん仕事が苦痛なのは、なぜだろう?」
「会社に行くのがツラいのは、なにが原因なのか?」

 

というのも、心理学の研究によると、問題点を “具体的に” 認識できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・不安感、イライラ感が改善
・ネガティブ、マイナス思考が改善…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、懸念点をデータ・事実にもとづいて判断できる人のほうが、メンタルが安定し、問題に対処しやすくなるのです!

 

そこで、↓以下10つを参考にしつつ、あなたが直面している「仕事の問題」にフォーカスするのがオススメです。

 

・キャパシティを超えた能力を要求されている
・ミスや失敗が連続して、自信を失くしている
・作業量が多すぎて、業務が時間内に終わらない
・難易度がレベチ過ぎて、業務をこなせる気がしない

 

・社内のサポートが乏しく、助けてくれる人がいない
・仕事のレベルが高すぎて、理解が追いついていない
・まわりに優秀な社員が多く、劣等感で苦しんでいる
・周囲のモチベーションが高く、孤独感を感じている

 

・やりがいを感じられず、長期的な目標が欠落している
・読解力が無さすぎて、ミーティング内容が頭に入らない
・職場が多忙なせいで、じゅうぶんな教育を受けられてない
・未経験の業界なので、経験値が少なすぎて精神的にキツい…など

 

断言できます。

 

あなたの「仕事についていけなくて…」を解決する “さいしょのステップ” は、いまの環境を見つめ直す『状況の分析』にあると。

 

【注意】「頑張りすぎ」は “逆効果” ⁉︎

 

…ここで1つ、ご自身のことを振り返ってみてください。

 

「仕事についていけなくて…」というコンプレックスを原動力に、残業を増やしてカバーしようとしていませんか?

 

あるいは、スキル不足を克服するために、休日も自主 学習にコストを費やして、 “過剰な努力” をしていないでしょか?

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意。

 

というのも、あなたのキャパシティ(容量)を超えた頑張りは、かえって業務 成果のダウンにつながる危険アリ

 

その証拠に、心理学の研究データによると、↓以下のことが確認されています。

 

「ストレスと仕事の負担量・難易度がアンバランスになるほど、業務パフォーマンスが低下しやすいことが分かった」

 

にゅー
にゅー

分かりやすくいうと、限界を超えた “頑張りすぎ” は、かえってストレスを悪化させ、仕事の成果を下げてしまうことに。。

 

図解すると、↓以下のとおりですね。

 

ヤーキーズ・ドットソンの法則

 

いまだに、日本では「歯を食いしばって、乗り切るべき!」という精神論・根性論が幅をきかせている場面があります。

 

…しかし、科学的にみると「努力のし過ぎ」は、むしろ “逆効果” 。

 

“やり過ぎは禁物” なのですね。

 

【悲報】「会社とのミスマッチ」を放置すると…

 

ご注意ください。

 

「向いてない会社」で頑張りつづけても、仕事の成果は上がらないばかりか、あなたのメンタルまで悪化する危険 “大” ですので。

 

…おどすような言い方で、すみません。

 

しかし、確かな事実。

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、合わない職場に残り続ける社員ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、会社・仕事とのミスマッチを放置しがちな人ほど、ストレス状態が悪化し、業務 成果も出せなくなるのですね。。

 

…ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

ほんとうに、あなたは心から「いまの会社で成長していきたい」と望んでいるでしょうか?

 

あるいは、担当している仕事を通じて「社内で活躍できる人材になりたい」と、強いモチベーションを感じていますか?

 

…正直にいうと、、本心では↓以下のように感じていないでしょうか。

 

ビジネスマン②
ビジネスマン②

業務 改善したい気持ちはあるけど、、いまの仕事に向いてるとは思えないんだよなぁ。。…ぶっちゃけ、会社とのミスマッチをひしひし感じてて、ぜんぜん意欲も湧かないし。。

 

断言できます。

 

価値観・期待感にマッチしない職場では、あなたの本領を発揮できる可能性は、、かぎりなく低いのだと。

 

あなたの適性にフィットした働き方を見つけることが、キャリアの悩みを克服する “打開の一手” になるはずですよ。

 

【社会のウソ】「継続はチカラなり」は間違い⁉︎

 

ただ一方で、↓以下のような反論もあるかもですね。

 

上司
上司

ひたむきにコツコツ努力を続けていれば、いつか報われるもの! 仕事についていけないからって、早々に諦めるんじゃない! “継続はチカラなり” だぞ!

 

たしかに、↑上記にあるとおり、仕事のスキル不足をカバーするには、なによりもまず「経験を積むこと」が最優先ですよね。

 

「ある日とつぜん、仕事ができるようになった!」というファンタジーは、、現実には起きえないですので。

 

…しかし、です。

 

「それなりの勤続 年数なのに、仕事ができなくて…」と悩むなら、そもそも “努力の方向が間違ってる” とも考えられませんか?

 

その証拠に、経済学の研究によると、ほとんどの業務は「経験を重ねるにつてれ、自然とラクになるもの」なのだそう。

(参考 文献:『スティグリッツ ミクロ経済学 第4版』)

 

専門的には『経験 効果(けいけん こうか)』『エクスペリエンス・カーブ(経験 曲線)』などと呼ばれる現象ですね。

 

図解すると、↓以下のとおり。

 

経験効果(曲線)

 

なので、経験を積んでもなお、仕事についていけないなら、継続・努力が奏功していない(うまくいってない)ということ。

 

あるいは、いまの職場が「あなたにマッチしていない」という “緊急アラート” だと解釈することもできますね。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

現代は「寿命100年 時代」とも呼ばれ、とくに20〜30代の若者は「80才まで働き続ける」と予測されている時代。

 

このさき40〜50年 以上も、仕事についていけないことに苦しむことが、どれだけの “不安と恐怖” を生み出すのか。

 

「仕事ができないヤツ」というレッテルを貼られたまま、社内で後ろ指をさされ続けることが、どれほどの “苦痛” を生むのか。

 

そんなキャリア人生、絶対にイヤだ。

 

仕事の悩みを克服して、現状から抜け出したい。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「仕事についていけないのがツラい…」を解決すべく、科学的な「2つの打開策」を解説

 

▶︎セルフ コンパッション
▶︎脱出 手段の用意

 

にゅー
にゅー

「仕事ができないせいで、出勤が苦痛すぎて…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学で克服】仕事についていけない…スキル不足が苦痛で…→2つの打開策で【すべて解決】

 

さて、1つ目に お話しするのは『セルフ コンパッション』について。

 

直訳すると「じぶんへの思いやり・優しさ」といった意味ですね。

 

じつは、現代 心理学の研究によると、ありのままの自分を受け入れられる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・自制心がアップ
・共感性がアップ
・抑うつ気分が減少
・衝動的な言動が減少

 

・モチベーションが改善
・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・自己コントロール感が改善

 

・仕事(学習)成績がアップ
・逆境に耐えられるようになる
・「成長に繋がる努力」ができるように
・自己 否定、自己 嫌悪にハマりにくくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、じぶんに思いやりを向けられる人のほうが、ストレスに強く、仕事の成果も上げられるようになるのです!

 

意外なことに、最新の研究データが示すのは、日本的な「忍耐=美徳」という価値観とは “真逆” なのです。

 

セルフ コンパッションのコツとしては、頭のなかで「落ち込んでいる大親友の姿」を想像して、コトバをかけてあげること。

 

なので、自責の念に囚われて、自己 嫌悪の波がおそってきたときは、↓以下のように問いかけてみてくださいね。

 

「大切な親友が苦しんでいるとき、じぶんだったら どんな風に慰(なぐさ)めてあげるだろう?」

 

「心のからの大親友が凹んでいるとき、どのように優しく接してあげるだろうか?」

 

【厳禁】「仕事がデキる人との比較」はNG⁉︎

 

ただ一方で「デキる社員をマネして、仕事ノウハウを学ばせてもらう」という方法論もアリかもですね。

 

…しかし、です。

 

じつは、社会 心理学の研究によると、メンタルが落ち込んでいるときに「優秀な人」と比べると、かえって自信 喪失に直結

 

「デキる人との比較」は、むしろモチベーションを低下させる “悪手” だと証明されています。

(参考 文献:『新編 社会心理学 改訂版』)

 

専門的には『上方 比較(じょうほう ひかく)』とか『社会的 比較』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

なので、比べるべきは常に「過去の自分」。

 

「むかしと比べて、成長できたかどうか?」に目を向けることが、自信を失くさずにセルフ コンパッションを高める方法の1つ。

 

断言できます。

 

仕事についていけないときこそ、あなた自身を「思いやること」が、悩みを克服する “ファースト ステップ” になると。

 

【科学が実証】『脱出 手段』を用意すべし⁉︎

 

さて、さいごは『脱出 手段の用意』について解説です。

 

そして、ここから先が本題。

 

あなただけに暴露しますが、、「仕事についていけない…」を脱却できない人の97〜99%には、1つの “共通点” が。

 

それは、転職 支援サービスの活用という、 “現実的な退却ツール” を確保できていないこと。

 

いいかえると、いまの職場で働きつづけること “だけ” に囚われてしまい、ほかの解決策に意識を向けられずにいる。

 

シンプルに、視野が狭くなっているのですね。

 

…きびしい意見で、すみません。

けれど、事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「ストレス環境にある人ほど、問題 対処力がダウンしやすい」のだそう。

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理ですね。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

つまり、メンタルが追い込まれているときほど、かえって問題を解決できなくなってしまうことに。。

 

反対に、ほかの研究データによると、ストレス状況に対処する手段を持てる人ほど、逆境を乗りこえやすくなるのだそう。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』)

 

専門的に『逆境力』とか『不快 情動(ふかい じょうどう)への耐性』などと呼ばれる心理 傾向です。

 

にゅー
にゅー

まとめると、あなたのキャリア選択を成功に導くコツは、現状を打破できる “起死 回生の一手” を手にすることにアリです!

 

【危険】『コントロール感』を失うリスクとは…?

 

キーワードは『コントロール感』。

 

会社 組織や上司などに振り回されることなく、みずから「人生のハンドルを握っている感覚があるか?」が大切です。

 

ちなみに、わたしは個人で仕事をしている今でも、つねに「3つの支援サービス」を “心の拠りどころ” にしています。

 

というのも、いつまでも自分のビジネスだけで食べていける保証なんて、どこにもないからです。

 

そこで、タダで活用できる大手サービスを “事前の策” として準備しておくことで、万が一に備えているのですね。

 

なので、断言できます。

 

いまの あなたに必要なのは、不適切な環境から抜け出すための “回避策の確保” なのだと。

 

その証拠に、心理学の研究によると、コントロール感を失いがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理的なデメリット
・自制心が悪化
・幸福感がダウン
・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・注意、思考力が悪化
・決断、判断力が悪化
・ストレス耐性がダウン
・挫折に打たれ弱くなる
・モチベーションが悪化
・不安や恐怖を感じやすくなる…など

 

▶︎経済的なデメリット
・将来の収入がダウン
・昇給、昇進率がダウン
・仕事の満足度がダウン
・業務(学習)成績がダウン
・労働パフォーマンスがダウン
・社内の対人 関係が悪化しやすくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『スタンフォードの自分を変える教室』『ストレスの脳科学 予防のヒントが見えてくる』)

 

にゅー
にゅー

つまり「もう、どこにも逃げられない…」という絶望感に囚われるほど、メンタルが悪化し、経済的にも成功しにくくなるのですね。。

 

 

専門的に『コントロール感の喪失』とか『自己コントロール感の欠如(けつじょ)』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

【0円で人生を変える⁉︎】転職サイトの活用法とは?

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話を聞いてくれた あなたにだけ、特別 扱いで「科学データに基づいた “裏ワザ” 」を お伝えしちゃいます

 

わたし個人的にイチオシするのは、転職サイト・エージェントに登録 “だけ” しておくという方法です。

 

じつは、臨床 心理学の研究によると「対処法を手に入れる “だけ” でも、メンタルが安定しやすくなる」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、心理カウンセリングの場面でも使われるテクニックの1つですね。
なので、効果は保証 済みです。

 

とくに、大手の支援サービスでは、↓以下のいずれもがタダで利用 可能なので、 “打開の一手” に使えること間違いナシ

 

▶︎メンドクサイ採用 手続きを すべて代行
▶︎第3者 視点で あなたのPRポイントを指摘
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎専属スタッフに面接・書類 対策を一任できる
▶︎ブラック企業を除いた求人だけを探してくれる…など

 

ただ一方で、「営業トークに乗せられちゃいそうで、ちょっと…へんな求人を紹介されるのも怖い…」と心配するかもですね。

 

しかし、大丈夫

どうか、ご心配なく。

 

もしも、かりにサービス内容に満足できなかったときは、スマホをササッと2〜3タップして「利用 終了」で問題ナシ

 

わずか45秒で完了ですから、わたしたちサービス利用者が損をすることは、億が一にもありません。

 

なので、ご安心ください。

 

そして、サービス登録は3分でOK

 

手順もシンプルで、当記事の終わりにあるリンクからサイトに飛んで、氏名やアドレスなどの必要 事項を入力するだけ。

 

超かんたん&スピーディーに利用 開始できちゃいますよ。

 

ぶっちゃけいうと、以上のメリットをタダで活用できる “逃げ道” を備えておかないなんて、、もったいない

 

あまりにも、もったいない

 

そして、無料の支援エージェント8社 以上を比較・テストした結果、、わたしの結論は “大手が最強”

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2ついずれかを利用するとき、どちらが「安心して使えそうだな〜…」と感じますか?

 

▶︎実績・サービス内容ともに不明確で、小規模な会社
→求人数は数百〜数千 件くらいで少なめ
▶︎知名度、サービスの充実度すべて保証された大手 企業
→ “非” 公開 求人を含め6万〜11万 件の求人数で大ボリューム

 

きっと、信頼性が確保された大手サービスのほうが、どこぞの馬の骨(すみません!)よりも安全に利用できるはず。

 

…そう思いませんか?

 

たとえるなら、大手の転職サービスを利用することは、1,000名 以上もの専門アドバイザーを “味方” にするようなもの。

 

高度な教育を受けてテストをパスしたスタッフたちを、あなただけの ”頼れる同盟者“ として使い倒すのが吉ですよ。

 

いうまでもなく、大手 無料エージェントのメリットを実感できるのは、じっさいに登録してみた人だけの特権です。

 

なので ぜひ、ここまで話を聞いてくださった聡明な あなたには、大手 支援サイトの信用+安定を体験して欲しく思います

 

にゅー
にゅー

「仕事についていけない…辛い…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動いていきましょう!

 

【まとめ】仕事についていけない…理解できない自分が悔しい…→唯一の対策は【あなたの行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心からの感謝を。

本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「決断を先延ばしにするデメリット」について。

 

研究データによると、現状 維持に甘んじやすい人ほど、将来の収入がダウンし、キャリア選択に失敗する傾向にあるのだそう。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

振り返ると、わたしが「あのとき行動していて良かった…」と思うのは、すべてが「即断 即決で動いたこと」でした。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

やるべきことを先送りにすればするほど、このさきには “真っ暗な未来” が待ち受けることに。。

 

反対に、いますぐ動き出すことで得られるのは、行動できた自分への信頼感と “未来の可能性”

 

あなたが望むのは、どちらでしょうか?

 

このさきの人生を変えられるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択しだい』

 

でも、だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしの話を聞くという『行動』を起こせた あなたなら、きっと運命を変えていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じています!

 

未来を決めるのは、あなた自身です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました