【ガチ後悔】転職先の仕事レベルについていけない…→対処法2選で【科学データをもとに解決】

【転職】仕事についていけない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

はぁ…まだ転職して2ヶ月目なのに、仕事のレベルについていけなくてツラい。。

未経験の異業種で再スタートしのは、失敗だったのかなぁ…あまりにも、いままでと違い過ぎる。。

毎日ミスを連発して、上司や先輩に怒られてばかりだし…職場にいるだけで、針のムシロ。。

ストレスのせいで、夜も寝付けないし…自分のスキル不足と考えの浅はかさが、情けないよ。。

どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【科学で対策】仕事についていけない…→『現状の分析』で解決せよ⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【すべて克服】くわしくは記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【ガチ後悔】転職先の仕事レベルについていけない…→対処法2選で【科学データをもとに解決】

【科学で対策】転職2ヶ月目。仕事についていけないのが辛い…→解決策は『現状の分析』⁉︎

 

【注意】当記事では、あなたの仕事の悩みを解消すべく、科学的なエビデンスをもとに、克服法を発信していきます。

 

だいじょうぶ
きっと、あなたの苦しみは解決できますよ

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「転職先の仕事についていけない…毎日がツラい」を解決するキーワードは、『現状の分析』

 

↓以下のようなイメージで、転職して間もなく「仕事に行くのが苦痛で…」と感じている理由を、シッカリ把握するのが吉。

 

ビジネスマン①
ビジネスマン①

転職して3ヶ月も経ってないのに、すでに会社に行くのが精神的にキツい。。前職では業務マニュアルがあったから、いまの職場の「背中を見て学べ」ってスタイルに馴染めない…これまでの環境と、ギャップがあり過ぎる。。

 

というのも、心理学の研究によると、問題点を “客観的に” 認識できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、懸念点をキチンと見きわめられる人のほうが、ストレス状態が改善し、問題に対処しやすくなるのですね!

 

そこで、↓以下8つを参考に「状況の分析」にフォーカスすることが、あなたの悩みを解決する “さいしょの一歩” になるはず。

 

・職場のスピード感についていけず、孤独さを感じている
・着任前のイメージや期待と異なり、ミスマッチが苦痛すぎる
・現職のフレキシブルさに圧倒され、ギャップに苦しんでいる
・上司が厳しい人で、分からないことを質問しづらい雰囲気がある

 

・柔軟な発想をする若い人が多く、うまくコミュニケーションできない
・即戦力として採用されたため、じゅうぶんな教育を受けられてない
・面接時に「デキる自分」をアピールしすぎて、過剰に期待されている
・業務レベルを甘くみていたせいで、会社の要求レベルについていけてない…など

 

「仕事についていけなくて…」を解決する “ファースト ステップ” は、まずは『問題の把握』にアリですよ。

 

【危険】「間違った思い込み」に囚われると…⁉︎

 

ご注意ください。

 

もっともダメなパターンの1つは、転職先の仕事についていけないことを理由に、 “間違った先入観” に囚われてしまうこと

 

回避すべきは、あなたの頭の中で「ネガティブなイメージ」を作りあげ、あたかも事実かのように信じ込んでしまうこと。

 

↓以下のイメージですね。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

転職先の業務レベルについていけてない。。周りから「使えない」「やる気がない」とか思われてそうで、ぜんぜん仕事に身が入らない。。陰口・悪口を言われてたらと考えると、、精神的に耐えられないわ。。

 

…ここで1つ、ご自身について思い返してみてください。

 

会社で上司に怒鳴られたのちに、家に帰って「もう完全に嫌われたよな…」と、 “ひとり反省会” を開いていないかと。

 

あるいは「みんなに笑われてる気がする…」「ダメなヤツだと思われてるかも…」などと、勝手に勘ぐっていないかと。

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意。

 

じつは、心理学の研究によると、ネガティブな思い込みに囚われやすい人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎心理面のデメリット
・幸福度がダウン
・問題 対処力がダウン
・決断、判断力がダウン
・ストレス抵抗力がダウン
・感情コントロール力がダウン
・自己コントロール力(自制心)がダウン

 

▶︎仕事面のデメリット
・労働 生産性がダウン
・仕事の満足度がダウン
・学習(仕事)成績がダウン
・好奇心を発揮できなくなる
・間違った選択をしやすくなる
・業務パフォーマンスがダウン…など

 

▶︎生活面のデメリット
・金銭 問題で悩みやすくなる
・対人 関係が悪化しやすくなる…など

(参考 文献:『無理なく限界を突破する心ための理学 突破力』(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)『ステレオ タイプの科学ー「社会の刷り込み」は成果にどう影響し、わたしたちは何ができるのか』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、間違ったマイナス イメージから離れられない人ほど、メンタルが悪化し、仕事・人生の両面で失敗しやすくなることに。。

 

専門的には『直観バイアス(先入観)』とか『ネガティブ バイアス』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

なので、ものごとを憶測・想像で判断せずに、仕事の問題には「事実」や「データ」でフォーカスするのが吉ですよ。

 

【見た目が大事】「明るい印象」を作るメリットとは?

 

そして、新しい職場に溶け込むには、↓以下のような方法で「明るいイメージ」や「ポジティブな印象」を作るのもオススメ。

 

・ハキハキと「朝と帰りのあいさつ」をする
・何か教えてもらったら「感謝」と「笑顔」で応える
・背筋を伸ばして「元気なイメージ」で明るく振る舞う…など

 

「はいはい、ありがちな仕事のアドバイスね…」と感じるかもなので、さらに詳しく解説です。

 

じつは、心理学の研究によると、見た目や雰囲気が「好印象」だと思われやすい人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

▶︎心理的なメリット
・「信頼できそう」と認識されやすい
・「立派な人格者」だと判断されやすい
・「やる気がありそう」と思われやすい
・「誠実で知性がある」と理解されやすい…など

 

▶︎職業的なメリット
・将来の年収がアップ
・訴訟されるリスクが低下
・良い仕事に就きやすくなる
・生涯 年収が “3〜4%” もアップ…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『悪について誰もが知るべき10の事実』『言ってはいけないー残酷すぎる真実ー』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、ほかの社員に「明るい印象」を抱いてもらうことで、人間的に良い人だと思われ、経済的にも成功しやすくなるのです!

 

専門的には『印象 形成(いんしょう けいせい)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

なので、うつむいて暗い感じで仕事するよりも、凹んでいるときこそ明るく振る舞うのが、科学的には “正解” ですよ。

 

【悲報】「合わない職場」にガマンし続けると…

 

ただ一方で、↓以下のような反論もあるかもですね。

 

上司
上司

転職して間もないのに、職場の良し悪しが理解できるわけないだろうに。。弱音を吐くくらいなら、まずは目の前の仕事に集中して取り組むべき! 職を変えて早々に音を上げてたら、どこの会社でも通用しないぞ!

 

たしかに、↑上記の意見にも一理アリ。

 

それに、いまだに日本では「転職者」への風当たりが強く、 “石の上にも3年” という考えが幅をきかせていまよね。

 

…しかし、です。

 

反対に、仕事についていけないという事実から目を逸(そ)らし、合わない職場でガマンするデメリットもあると思いませんか?

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、向いてない仕事を続ける社員ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・無気力さが悪化
・抑うつ感が悪化
・人生の絶望感が悪化
・ストレス レベルが悪化

 

・モチベーションが悪化
・仕事パフォーマンスが悪化
・感情コントロール力が悪化
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、合わない会社にズルズルと残り続けるほど、あなたのメンタルが悪化し、仕事の成果も上がりにくくなることに。。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

このさき40年 以上も「仕事についていけなくて…」と苦しみつづける “苦痛の未来” を。

 

年下の上司や女性 社員たちにもバカにされ、ひとりの人間として軽んじられる “悲痛な末路” を。

 

そんなキャリア人生、ぜったいにイヤだ。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「転職先の仕事についていけなくて…」を克服すべく、科学的な「2つの突破口」を解説です。

 

▶︎セルフ コンパッション
▶︎複数の解決策を検討

 

にゅー
にゅー

「仕事のレベルについていけなくてツラい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で克服】仕事についていけない…転職先のレベルが高すぎて…→2つの突破口で【すべて解決】

 

さて、1つ目に解説するのは『セルフ コンパッション』について。

 

意味としては、直訳すると「じぶんへの思いやり」といったですね。

 

じつは、現代の心理学の研究によると、ありのままの自分を受け入れられる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・自制心が改善
・共感性が改善
・衝動性が改善
・やる気がアップ

 

・抑うつ気分が改善
・ネガティブ思考が改善
・モチベーションが改善
・ストレス抵抗力がアップ

 

・仕事(学習)成績がアップ
・自己コントロール感がアップ
・「成長に繋がる努力」をしやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りにくくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自然体のじぶんを受け止められる人のほうが、ストレスを克服でき、業務 成果も上げやすくなるのですね!

 

反対に、デキる社員と比べて自己 批判・自己 卑下(ひげ)に陥りやすい人ほど、かえってメンタルが悪化しやすい傾向に。

 

たとえるなら、自分 自身に思いやりを向けることは、キレイな花を咲かせるべく、 “水やり” で世話してあげるようなもの。

 

せっかくの美しい花々を枯らしては、もったいない。

 

…そう思いませんか?

 

くわしくは↓以下の記事で解説していますので、自責の念に囚われがちなときこそ、ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学が実証】『複数の解決策』に目を向けよ⁉︎

 

さて、さいごに解説するのは『複数の解決策を検討』について。

 

そして、ここからさきが本題。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事についていけなくて…」を脱却できない人の9割 以上には、共通の “失敗パターン” が。

 

それは「自分に選べる解決策は、世のなかに数多くある」という事実に気づいていないこと。

 

分かりやすくいうと、仕事とのミスマッチを解消する方法は、転職だけが “たった1つの対処法” ではないということ。

 

にもかかわらず、ほかの選択肢に目を向けられず、視野が狭くなっているのですね。

 

…きびしい指摘で、すみません。

しかし、確たる事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス状態にあるときほど、問題 対処力がダウンしやすい」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

悪いことに、、キャリアの悩みを抱えているときほど、むしろ問題を解決しずらくなってしまうのですね。。

 

反対に、べつの研究データによると、複数の解決策を検討できる人ほど、問題 解決力がアップしやすくなる傾向に。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的には『クリティカル シンキング(批判的な思考)』と呼ばれるマインド セットですね。

 

そこで、↓以下のような方法で「対策の幅を広げる」のも一手です。

 

・友人、知人に相談してみる
・キャリア関連の読書をする
・職種や業界について研究する
・就職イベントに参加してみる
・職業カウンセリングを試してみる
・転職 支援サービスを活用してみる…など

 

にゅー
にゅー

「仕事についていけない…会社に行くのがツラい…」と感じる今こそ、科学データを参考に動いていきましょう!

 

【まとめ】仕事についていけない…転職先のレベルが高すぎ…→唯一の克服法は【あなた自身の行動】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださって、どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「5つの人生の後悔」について。

 

研究 結果によると、わたしたちが過去を振り返るとき、↓以下5つの「人生の悔やみ」を抱きがちなのだそう。

 

「起業する自信を持っていたら〜…」
「もっと学校で勉強しておけば〜…」
もっと早く会社を辞めておけば〜…」
お金なんかのために仕事しなければ〜…」
「直感にしたがって正直になっておけば〜…」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

とくに「キャリアの後悔=人生 全体での悔やみ」だと証明されています。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

現状 維持に甘んじることが “将来の後悔” につながっていないかと。

 

いまの環境に留まりつづけることが、あなたの人生を暗くする “ネガティブな未来” に影響していないかと。

 

あなたを苦境から助けてくれるのは、たった1つ『あなた自身の行動』だけ。

 

このさきの未来を明るくできるかどうかは、いまこの瞬間の『あなた自身の選択しだい』なのです。

 

でも、大丈夫。

 

こんなにも真摯(しんし)に、キャリアの悩みと向き合える あなたなら、きっと運命を変えていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じます!

 

未来を決めるのは、あなたです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました