【絶望】仕事についていけない。できない40代を脱却!対策2選で【科学データをもとに解決】

【40代】仕事についていけない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう、気付けば40代…仕事についていけないせいで、毎日がツラい。。

もうすぐ50代に突入するっていうのに、、的確な指示・判断もできないまま。。

作業ごとの目的も、きちんと明確化してるつもりなのに、、なに1つ上手くいかない。。

社内でのコミュニケーションも取れてない気がする…社長・上司に怒られっぱなしだし。。

このさきの将来が不安だ…どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【苦悩の40代】仕事についていけない…→『問題の分析』で解決⁉︎
▶︎科学的な「2つの突破口」で【完全に克服】記事の後半にて詳細を解説

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【絶望】仕事についていけない。できない40代を脱却!対策2選で【科学データをもとに解決】

【苦悩の40代】仕事についていけない…能力不足でツラい…→『問題点の分析』が解決の一手⁉︎

 

【注意】当記事では、あなたのキャリアの苦しみを解決すべく、科学データをもとに、改善策を発信していきます。

 

きっと、大丈夫
あなたの仕事の悩みは、かならず克服できますよ

 

わたしと共に、対処法を学んでいきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「気付けば40代。仕事についていけない…」を解決するカギは、『問題点の分析』にアリ

 

↓以下のようなイメージで「なぜ、周りと仕事のレベルが違うのか?」にフォーカスするのが、解決への “さいしょの一歩” 。

 

「会議についていけないのは、なにが原因なのか?」
「作業スピードが遅い理由は、どこにあるんだ?」

 

じつは、心理学の研究によると、懸念点を事実・データをもとに把握できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・問題 解決力がアップ
・ストレス抵抗力がアップ
・不安感、イライラ感が改善
・ネガティブ、マイナス思考が改善…など

(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、現状を “客観的に” 見きわめられる人のほうが、メンタルが安定し、問題に対処しやすくなるのですね!

 

そこで、↓以下7つを参考に「原因の把握」に目を向けて、仕事についていけない理由+対策を、具体的に探っていくのが吉。

 

▶︎社内でのコミュニケーションを通じて、信頼を勝ち取れていない
→仕事をすすめるに当たって、信用できる仲間を巻きこんで協同する

 

▶︎勉強 不足のせいで、記憶力や読解力が衰(おとろ)えて仕事に悪影響が
→自発的に読書したり、社内セミナーに参加するなどして意欲を高める

 

▶︎かんたんな作業ばかりを担当したせいで、経験 不足に陥っている
→仕事の全体像を見るため、20〜30代の若手の現場にも関わってみる

 

▶︎職場のデキる社員と比べてしまい、じぶんへの自信を失っている
→得意ジャンルに一点 集中して「求められる人材」になることを意識する

 

▶︎仕事が増えることをイヤがり、めんどうな職務を避けてしまっていた
→あえて「体力・頭を使う仕事」にチャレンジして、現状 打破にトライ

 

▶︎タスク管理がニガテで、作業ごとに優先 順位を付けられずにいる
→ひとつ1つの仕事に「想定 時間」を設定して、要領よく効率化を図る

 

▶︎完璧 主義なところがあり、それぞれの課題にコストをかけ過ぎ
→インドを見習って「60〜80点 主義」を取り入れ、作業スピードを早める

 

もちろん、↑上記のプロセスをメモやノートに書き出して、あなたが職務で気になっていることを「可視化」するのも一手。

 

「仕事についていけなくて…」を克服する “ファースト ステップ” は、まず状況を分析することにアリですよ。

 

【警告】「年齢」を言い訳にする末路とは…?

 

ご注意ください。

 

40代という年齢を「仕事ができない言い訳」にすると、さらに業務についていけなくなる “負のループ” にハマる危険が。。

 

…おどすような言い方で、すみません。

 

しかし、確かな事実です。

 

というのも、心理学の研究によると、じぶんにマイナス イメージを持ちやすい人ほど、仕事の成績がダウンしやすい傾向に。

 

にゅー
にゅー

つまり「どうせ、自分は作業が遅いダメ社員だから…」というネガティブなイメージが、あなたの業務 成果に悪影響を。。

 

専門的には『ステレオ タイプ脅威(きょうい)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

たとえば、研究データによると、↓以下のような先入観・思い込みを持つことで、じっさいのテストの成績が悪化したのだそう。

 

「女性=数字がニガテ」
「高齢者=記憶力が悪い」
「黒人=IQ(知能)が低い」…など

 

…そこで1つ、あなたに質問させてください。

 

仕事についていけないことを悩んでいるとき、同時に「もう40代なのに…」と “年齢” を引き合いに出していませんか?

 

40代にもなって、業務ができないなんて…」といったように、自己 卑下(ひげ)や自責の念に囚われていないでしょうか?

 

断言できます。

 

「仕事についていけない…」という悩みを払拭する方法の1つは、40代という年齢を自己 否定の理由にしないことにアリです。

 

【悲報】「向いてない仕事・会社」を続けると…⁉︎

 

そして、もう1点。

 

もしかしたら、あなたが「仕事についていけなくて…」と苦しむ原因は、いまの職場との “ミスマッチ” にありかもです。

 

というのも、組織 心理学の研究によると、職場との不一致を放置しがちな社員ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・無気力 傾向が悪化
・ネガティブ思考が悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン

 

・モチベーションがダウン
・他人を信じられなくなる
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、向いてない会社・仕事から目を背けがちな人のほうが、ストレスに弱く、成果も上げられなくなるのですね。。

 

ここで1つ、ご自身を振り返ってみてください。

 

あなたが担当している職務のなかで、本心では「不得意なタイプの仕事なんだけど…」と感じているものはありませんか?

 

あるいは「読解力が求められる仕事には、適性がないんだけど…」と、ニガテ意識があるものを強制されていないでしょうか?

 

そして、想像してみてください。

 

「定年が75才まで延びる」と言われる現代において、仕事についていけないという苦しみがもたらす “真っ暗な未来” を。

 

社内で「お荷物」として軽んじられ、年下の部下・女性の社員からバカにされてしまう “孤独で悲しい末路” を。

 

そんなキャリア人生、ぜったいにイヤだ。

 

現状から抜け出して、明るい未来を掴みたい。

 

…そう思いませんか?

 

そこで、このさきでは「もう40代なのに、仕事についていけない…」を打開すべく、科学的な「2つの突破口」を解説

 

▶︎セルフ  コンパッション
▶︎複数の解決策を持つ

 

にゅー
にゅー

「仕事についていけなくてツラい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対処していきましょう!

 

【科学で克服】仕事についていけない…→スキル不足の40代を脱出する【2つの突破口とは?】

 

さて、まず1つ目は『セルフ  コンパッション』について紹介です。

 

直訳すると「じぶんへの思いやり」とか「みずからを受け入れること」といったニュアンス(意味)ですね。

 

…ここで1つ、ご自身について思い返してみてください。

 

仕事ができない不安や焦りのせいで、かえってストレスを受けてミスを連発してしまった…という経験はなかったかと。

 

あるいは、作業スピードが遅い自分を責めてしまい、むしろモチベーションを下がってしまった…という体験をしなかったかと。

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意

 

じつは、脳科学・心理学の研究によると、ありのままの自分を受け入れられない人ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・自制心が悪化
・共感性が悪化
・衝動性が悪化
・抑うつ気分が悪化

 

・ネガティブ思考が悪化
・不安感や恐怖心が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・モチベーションがダウン

 

・学習(仕事)の成績がダウン
・自己コントロール感がダウン
・「成長に繋がる努力」を放棄しがちに
・自己 否定、自己 嫌悪に陥りやすくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、みずからに思いやり・優しさを向けられない人のほうが、かえってメンタルが悪化し、成果も上げにくいのですね。。

 

わが国には「困難に直面したときは、血ヘド吐く思いで努力すべき!」という根性論がありますが、、科学的には “NG” 。

 

断言できます。

 

数多くの研究データがしめすように、仕事キャリアの苦しい時期こそ、あなた自身を「思いやるべき」なのだと。

 

くわしい内容は↓以下の記事で解説していますので、ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学が保証】『複数の選択肢』を手に入れよ⁉︎

 

さて、さいごに解説するのは『複数の選択肢をもつ』について。

 

そして、ここからが本題です。

 

あなただけに暴露しますが、、「仕事についていけなくて…」を克服できない人の97〜99%には、ある “失敗パターン” が。

 

それは、「自分に選べる仕事は、たくさん世の中にある」という事実に気づいていないこと。

 

いいかえると「もう40代も半ばだし…」という思い込みが災(わざわ)いして、ほかの解決策に目を向けられずにいる。

 

シンプルに、視野が狭まっているのですね。

 

…きびしい指摘で、すみません。

しかし、事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると強いストレス状態にあるときほど、問題 解決力がダウンしやすい傾向」に。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的に『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス(悲観的な先入観)』などと呼ばれる現象ですね。

 

つまり、メンタル的に追い込まれているときこそ、かえって問題に対処できなくなるという “悪循環” に。。

 

反対に、べつの研究データによると、いくつもの選択肢を考慮できる人ほど、問題 解決スキルがアップするのだとか。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的には『クリティカル シンキング(批判的な思考)』と呼ばれるテクニックですね。

 

そこで、↓以下のような「ほかの考え方・捉え方」で、仕事の問題を捉えなおすのも一手。

 

「悩みつづけるのをやめて、まずは行動することにチカラ注ぐべきかも?」
「できないことにフォーカスするのは止めて、活躍できそうことに注力すべきかも?」
「合わない職場に留まるのをやめて、思い切って環境を変えてみるべきかも?」

 

にゅー
にゅー

「仕事についていけない…能力不足辛い…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動き出しましょう!

 

【まとめ】仕事についていけない…→40代のキャリアを成功させるには?【行動あるのみ】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生の5つの後悔」について。

 

研究データによると、わたしたちビジネス パーソンが人生を振り返るとき、↓以下「5つの後悔」をしがちなのだそう。

 

あんなに働きすぎなければ〜…」
お金のために、あんなに働き過ぎなければ〜…」
「家族・友だちとの関係を大切にしていたら〜…」
「もっと、じぶんが幸せになることを許しておけば〜…」
他人の期待に応えるのでなく、もっと正直に生きておけば〜…」

(参考 文献:『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱 教室』)

 

とくに、「仕事キャリアの悔やみ=人生レベルでの後悔」だと実証されています。

 

…ここで1つ、頭に思い浮かべてみてください。

 

いま、あなたは「人生の分岐点」に立っています。

 

片方の道は、このまま現状 維持に甘んじて、ゆるゆると絶望していく “真っ暗な未来”

 

もう一方には、行動したのちに掴める “希望ある未来” への道が。

 

あなたが欲しいのは、どちらの未来でしょうか?

 

あなたを苦境から救い出してくれるのは、『あなた自身の行動』だけ。

 

このさきの未来を変えられるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択しだい』なのです。

 

わたしは、あなたが「行動する人」だと信じます。

 

にゅー
にゅー

人生の決定権は、あなたの手の中にありますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました