【絶望の3年目】仕事についていけない…→辞めるが吉?対策2選で【科学データありで解決】

【3年目の苦悩】仕事についていけない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む女性
仕事に悩む女性

もうイヤだ…会社に行きたくない…。

仕事についていけないせいで、働くのがツラい…お荷物 扱いされるのが苦痛すぎて。。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

いつまで経ってもスキル アップできない…もしかしたら、いまの仕事に向いてない…?

できれば転職したい、けど…どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎仕事についていけない…→3年目の苦痛は『問題の明確化』で克服⁉︎
▶︎科学的な「2つの打開策」で【完璧に解決】詳細は記事の後半にて

 

…と、話に入るまえに1つだけ、↓以下の “残酷な事実” を覚えていただきたく思います。

 

「ついていけない仕事にガマンして幸せになれるほど、現代 社会は甘くない」。

(参考 文献:『言ってはいけない 残酷すぎる真実』『日本人の9割が知らない遺伝の真実』『繁栄 明日を切り拓くための人類10万年史』)

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【絶望の3年目】仕事についていけない…→辞めるが吉?対策2選で【科学データありで解決】

【辞めたい】仕事についていけない…→3年目の苦痛は『問題の明確化』で克服すべし⁉︎

 

【必読】当サイトでは、あなたの仕事の悩みを解決すべく、科学的なエビデンスをもとに、克服策を発信していきます。

 

だいじょうぶ。
あなたの苦しみは、きっと解消できますよ。

 

わたしと一緒に、対策していきましょうね。

 

 

さて、さきに結論ですが「もう3年目なのに、仕事についていけない…」を解決するポイントは、『問題の明確化』

 

↓以下のようなイメージで、あなたが直面する「職場の懸念点」に目を向けることが、最優先すべき課題の1つ。

 

ビジネスウーマン
ビジネスウーマン

毎日、仕事で上司に怒られるだけの日々。。

怒鳴られたくて働いてるんじゃないのに…もう、会社の人間 関係についていけないわ。。

 

というのも、心理学の研究によると、原因を “より具体的に” 分析できる人ほど、↓以下のメリットを受けやすいのだそう。

 

失業リスクが改善
・ストレス抵抗力が改善
・問題 解決スキルが改善
・仕事 or 人生の満足度がアップ
・良い対人 関係を築きやすくなる
・ネガティブ思考に陥りにくくなる…など

(参考 文献:『スタンフォードのストレスを力に変える教室』『ストレスの脳科学 予防のヒントが見えてくる』『マンガでやさしくわかる 認知行動療法』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、懸念点を深掘りできる人ほど、仕事の問題に対処しやすく、人間 関係やメンタルも好影響アリなのですね!

 

たとえるなら、ついていけない理由を明確化することは、あなたを苦しめる “幽霊” の存在を明らかにするようなもの。

 

↓以下の2点を分けられるようになるだけでも、心のモヤモヤの晴れ具合が変わりますよね。

 

「先輩のウザいノリについていけないのか?」
「仕事レベルが高すぎて、ついていけないのか?」

 

そこで、↓以下7つを参考にしつつ、あなたなりの「仕事の懸念点」にフォーカスするのが吉ですよ。

 

▶︎成長してる実感が得られず、いつまで経っても仕事が楽しくならない
▶︎デキる同僚や後輩との比較に苦しみ、自分の無力さに打ちひしがれている
▶︎責任の重い仕事がプレッシャーで、ミスを恐れて行動できなくなっている
▶︎物覚えが悪いせいか、上司から「要領が悪い」「仕事が遅い」と指摘される
▶︎周りの業務スピードについていけず、足手まといになっている現状がツラい
▶︎仕事ができないせいで社内 評価が上がらず、給料アップが見込めなくて不満
▶︎じぶんの仕事+後輩の指導も担当せねばならず、過重 労働でメンタル的に限界…など

 

とくに、仕事についていけない(=生産性が低い)ときほど、作業量を残業でカバーする羽目になりがち。

 

そして、会社に残る時間が増えるほど、プライベートが犠牲になり、スキル不足を補う勉強すらできなくなる傾向に。

 

…まさしく、悪循環ですね。。

 

なので、断言できます。

 

「仕事についていけない…もう3年目なのに…」を克服するファースト ステップは、『問題点の分析』にアリですよ。

 

【悲報】「向いてない仕事」に耐え続けると…⁉︎

 

とはいえ、↓以下のような意見もあるかもしれませんね。

 

上司
上司

たった3年で、仕事の向き・不向きが分かるわけないだろう! 根性が無さすぎる!

周りのレベルについていけないなら、ほかの人の倍 以上も努力するのが当然だぞ!

少なくとも、仕事のコツを掴むには5年は必要! 3年目なんて、まだまだヒヨッコだ!

 

かなり厳しめな反論ですが、、たしかに↑上記にあるとおり、仕事で上達するには「ある程度の年月」が必要なもの。

 

となれば、ここは1つ「いまの会社=キャリアの踏み台」と考えて、スキル アップに注力するのもアリかもですね。

 

…しかし、です。

 

ただ一方で、産業 心理学の研究によると、職場での問題 解決スキルは、勤続 年数に比例 “しない” と分かっています。

(参考 文献:『RANGE(レンジ) 知識の「幅」が最強の武器になる』)

 

にゅー
にゅー

つまり、このさき5〜8年目と年数を重ねても、現在の「仕事についていけなくて…」が解消される保証は無いのですね。。

 

さらに、組織 心理学の研究によると、向いてない仕事にガマンしがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすい傾向に。

 

・無気力さが悪化
・抑うつ感が悪化
・人生の絶望感が悪化
・ストレス レベルが悪化
・モチベーションが悪化
・仕事パフォーマンスが悪化
・感情コントロール力が悪化
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、会社のミスマッチを放置しがちな人ほど、かえって業務 成果が上がらず、メンタルも悪化しやすくなるのです。。

 

たとえるなら、合わない職場で働きつづけることは、サッカー選手が野球のグラウンドで試合するようなもの。

 

…ここで1つ、想像してみてください。

 

改善の見込みもないまま働きつづけ、キャリア アップの機会すら逃してしまう “悲惨すぎる将来” を。

 

第2新卒という「入社3年目まで使える特権」を手放し、このさきもツラい仕事に耐え続ける “苦痛の未来” を。

 

…そんなキャリア人生、あんまりだと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「入社3年目なのに、仕事についていけない…」を解消すべく、科学的な「2つの打開策」を解説

 

▶︎セルフ コンパッション
▶︎選択肢の幅を広げる

 

にゅー
にゅー

「要領が悪くてツラい…会社に行きたくない…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【科学で解決】仕事についていけない…→3年目の苦痛から逃れるには?【2つの打開策で克服!】

 

さて、1つ目に解説するのは『セルフ コンパッション』についてです。

 

意味としては、「じぶんを思いやる心」「ありのままを受け入れるチカラ」といった感じ。

かんたんにいうと、『自信』のことですね。

 

…ここで1つ、ご自身について振り返ってみてください。

 

仕事についていけないことを理由に、夜に眠れなくなるほど思い詰めたり、自責の念に囚われてはいませんか?

 

あるいは、上司や先輩に要領の悪さを指摘され、自信の喪失や自己 嫌悪で苦しんではいないでしょうか?

 

…もしも、答えが「Yes」なら、、要注意。

 

というのも、心理学の研究によると、自尊心(自信)を失いがちな人ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

▶︎職業的なデメリット
離職率が悪化
・職場内の生産性がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・キャリア選択に失敗しやすくなる
・社内で「無能」だと誤解されがちに
・昇進、昇給のチャンスを逃しやすくなる…など

 

▶︎心理的なデメリット
・抑うつ気分が悪化
・マイナス思考が悪化
・早死にリスクが悪化
・不安感、恐怖心が悪化
・ストレス レベルが悪化
・完璧 主義の傾向が悪化
・自暴 自棄になりやすくなる
・自己 否定、自己 嫌悪が悪化…など

 

▶︎対人 関係のデメリット
・恋人と破局しやすくなる
・家庭が崩壊しやすくなる
・友人 関係を壊しやすくなる
・他人を信じられなくなる(or 盲目的になる)…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、メンタル的に落ち込みやすい人ほど、対人 関係・キャリア選択・心身の健康すべてに悪影響アリなのですね。。

 

たとえるなら、自己 否定や自己 嫌悪に陥ることは、わが家を土足で踏み荒らすようなもの。

 

簡単にいうと、あなたの「仕事についていけなくて…」の原因は、自己 卑下や自信 喪失に原因アリかもしれないのです。

 

80万件 以上の研究データが示すとおり、ありのままの自分を受け入れることは、現代を生き抜くための “必須 条件” 。

 

そこで、です。

 

↓以下の記事では、心理カウンセリングでも利用される手法を参考に、セルフ コンパッションについて詳しく解説。

 

わずか3分で実践できる方法を紹介していますので、仕事のせいで自信を失っている今こそ、強くオススメできます。

 

ぜひ ご参照くださいね。

 

 

【科学が実証】『選択肢の幅』を広げよ!

 

さて、さいごは『選択の幅を広げる』について お話します。

 

そして、ここからが本題です。

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事についていけない…」を克服できない人の9割 以上には、1つの “共通点” が。

 

それは、「じぶんに選べる打開策は、世のなかに数多くある」という事実に気づいていないこと。

 

いいかえると、職場ストレスに追い込まれているせいで、ほかの選択肢に目を向けられなくなっている。

 

かんたんにいうと、視野が狭くなっているのですね。

 

…ストレートな言い方で、すみません。

けれど、確かな真実。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「ストレス状態にあるときほど、問題 解決力が下がりやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

専門的には『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

 

残念なことに、、ついていけない仕事で疲労しているときほど、かえって問題に対処できなくなってしまうのです。。

 

でも、だいじょうぶ。

どうか、ご安心ください。

 

じつは、べつの研究データによると「いくつもの対抗策を考えつける人ほど、問題 対処スキルが改善しやすい傾向」に。

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『無理なく限界を突破する心理学 突破力』)

 

専門的には『クリティカル シンキング(批判的な見方)』と呼ばれる思考法です。

 

たとえるなら、より多くの選択肢を手に入れることは、万が一に備えて “たくさんの逃げ道” を確保するようなもの。

 

そこで、↓以下のような方法で「選択の幅を広げる」のも一手ですね。

 

・キャリア関連の本を読む
・スキル アップの勉強を開始
・経験を活かして副業を始める
・興味ある職種、業界をリサーチ
・職業カウンセリングを試してみる
・無料の支援サービスを利用してみる…など

 

にゅー
にゅー

「いまの仕事についていけなくて…」と感じるときこそ、科学データを参考に動き出していきましょう!

 

【結論】仕事についていけない…→絶望の3年目から卒業する方法とは?【答:あなた自身の選択】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「人生の5つの後悔」について。

 

研究データによると、わたしたちが人生を振り返るとき、↓以下「5つの悔やみ」に苦しみがちなのだそうです。

 

「起業する自信を持っていたら〜…」
「もっと学校で勉強しておけば〜…」
もっと早く会社を辞めておけば〜…」
「お金なんかのために仕事しなければ〜…」
他人の期待に応えるのでなく、本心に正直に生きておけば〜…」

(参考 文献:『「幸せ」について知っておきたい5つのこと NHK「幸福学」白熱 教室』『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

とくに、「仕事キャリアの悔やみ=人生レベルでの後悔」だと証明されています。

 

にゅー
にゅー

分かりやすくいうと、わたしたち人間は「やりたいことを実行しなかったとき」に、強烈に後悔してしまうのです。。

 

…さぁ、ご自身の本音と向き合ってみてください。

 

あなたが欲しいのは、ついていけない仕事にガマンし、このさきも悩みつづける “苦しい未来” でしょうか?

 

それとも、思い切って3年目の今に決断し、みずから明るい人生を切り拓く “希望ある未来” を望みますか?

 

だいじょうぶ。

 

ここまで、わたしと一緒に対策を練ってきた聡明な あなたなら、きっと前向きな運命へと変えていけるはず

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう強く信じています!

 

未来を明るくできるかどうかは、いまこの時の『あなた自身の選択しだい』ですよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました