【絶望の30代】仕事についていけない…もう限界…→対処法2選で【科学データをもとに解決】

【30代の苦悩】仕事についていけない

 

にゅー
にゅー

こんにちは!にゅーです。

 

仕事に悩む男性
仕事に悩む男性

もう30代も半ばなのに、仕事についていけなくてツラい…。

しっかりメモを取って、社内 研修も忘れず参加してるのに、結果が出ない。。

何でスキル不足を克服できないんだろう…みんなと同じように、仕事できないんだろう。。

部下もいるのに、毎日まいにち上司に怒られてばかりで、、こんな自分が情けない。。

実力 不足で恥ずかしい…どうしたらいいんだろう…。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

今回のまとめ
▶︎【科学で解決】仕事についていけない…→突破口は『問題点の見極め』⁉︎
▶︎科学的な「2つの改善策」で【完全に克服】※くわしくは記事の後半にて

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【絶望の30代】仕事についていけない…もう限界…→対処法2選で【科学データをもとに解決】

【科学で克服】気付けば30代。仕事についていけない→『問題点の見極め』で【突破せよ⁉︎】

 

【必読】当記事では、あなたの仕事の苦しみを解決すべく、科学的なデータにもとづいて、対処法を発信していきます。

 

だいじょうぶ
あなたのキャリアの悩みは、きっと解消できますよ

 

わたしと一緒に、対策していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「もう30代なのに…仕事についていけない…」を解決するカギは、『問題点の見極め』にアリ

 

じつは、心理学の研究によると、事実・データをもとに原因が分析できる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・不安感、イライラが改善
・問題 解決スキルがアップ…など
(参考 文献ー『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、仕事の懸念点を “客観的に” 把握できる人のほうが、ストレスに強く、問題に対処しやすくなるのですね!

 

そこで、↓以下を参考に「職務上の問題」にフォーカスし、仕事についていけない理由+改善策を探っていくのが吉。

 

▶︎過去のトラウマや大失敗を引きずり、じぶんに自信が持てない
→「小さな成功 体験」を手にすべく、かんたんな作業から取り組むのもアリ。

 

▶︎対人 関係での要領が悪く、他人からのサポートを受けられない
→謙虚な姿勢で「好意的な接し方」をモットーに、社内 関係を改善。

 

▶︎ものごとの優先 順位がつけられず、タスク管理に困っている
→つねに「この作業の目的は?」と自問 自答して、効率化&集中を意識する。

 

▶︎完璧 主義な傾向があり、ムリそうな課題でも100%を目指しがち
→「60%〜80%主義」を取り入れて、余裕を持つのも一手。

 

▶︎他人の話を聞けず、ほかの人と協同せず自己 判断を優先しがち
→「知っている」という思い込みを捨てて、まずは傾聴に徹するのも吉。

 

あなたの「もう30代なのに、仕事についていけなくて…」を解決する “さいしょの一歩” は、問題点の分析にアリですよ。

 

【大悲報】「スキル不足の社員」の特徴が “伝染る” ⁉︎

 

…ここで1つ、あなたの周りを見回してみてください。

 

仕事スキルが低いことで悩んでいる割には、社内のウワサ話や会社への不満に時間を費やす “ダメな社員” はいませんか?

 

あるいは、業務についていけてないことに気付かず、あっけらかんとしている “カン違い上司” がいないでしょうか?

 

じつは、心理学の研究によると、能力が低い人のほうが、かえって「じぶんのスキル不足に気付けない」のだそう。

 

専門的に『平均 以上バイアス』とか『ダニング=クルーガー効果』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

なので、あなたの職場に「仕事ができないという自覚がない社員」がいるなら、、要注意。

 

というのも、心理学の研究によると、悪い習慣を持つ同僚・上長がいるほど、↓以下の特徴が あなたに “感染” しがちなのだとか。

 

▶︎成功していない仲間がいる場合
・お金の問題で失敗する確率が “約3倍” も悪化
・高い地位を得られる可能性が “200%” もダウン

 

▶︎モチベーションが低い同僚がいる場合
・自制心が “37%” も悪化
・業務パフォーマンスが悪化
・感情コントロール力が悪化
・衝動的な言動を取りやすくなる

 

▶︎不幸せな知り合いがいる場合
・あなたの幸福度が “15〜26%” もダウン

 

▶︎肥満な上司がいる場合
・ダイエットに失敗する確率が “171〜300%” も悪化

 

▶︎メンタルが不安定な先輩や仲間がいる場合
・マイナス思考が悪化
・不安、恐怖感が悪化
・孤独、孤立感が悪化
・イライラしやすくなる…など

(参考 文献残:『幸せな選択、不幸な選択ー行動 科学で最高の人生をデザインする』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』『スタンフォードの自分を変える教室』『影響力の武器 なぜ、人は動かされるのか』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、会社にいる「平均 以下レベルのダメな社員の特徴」が、あなたにまで悪影響をおよぼす危険が。。

 

専門的に『社会的 感染(しゃかいてき かんせん)』とか『社会的 影響』などと呼ばれる心理 傾向ですね。

 

なので、社内に「仕事スピードが遅いのに、スキル不足を自覚できてない社員」がいるなら、積極的に距離を置くべき。

 

目標が設定できない「意識の低い人」の近くにいると、あなたまでモチベーションの低い労働者の一員になるリスクありですので。

 

【警告】頑張りすぎ・努力しすぎは “逆効果” ⁉︎

 

ただ一方で、↓以下のような意見もあるかもですね。

 

上司
上司

30代にして仕事についていけなくて悩んでるなら、初心に返って1つひとつコツコツ頑張るしかないんじゃないか? 残業してカバーするなり、勉強量を増やすなり…改善の努力をすべきだぞ!

 

たしかに、スキル不足で業務についていけていないなら、読書なり研修なりに参加して、努力量でカバーするのも一手。

 

…しかし、ご注意ください。

 

じつは、メンタルが追い込まれているときに頑張りすぎても、むしろ生産性が下がって “逆効果” になる恐れが。。

 

というのも、心理学の研究データによると、↓以下のことが実証されているのです。

 

「ストレスと仕事の負担量 or 難易度がアンバランスになるほど、業務パフォーマンスが低下する傾向にあると分かった」

 

にゅー
にゅー

つまり、ストレス過多な状態で無理に努力しすぎると、かえって成果が上がりにくくなることに。。

 

図解すると、↓以下のとおり。

 

ヤーキーズ・ドットソンの法則

 

なので、あなた自身を追い詰めてしまうような “過剰な努力” は、、科学的に見ても “NG” なのです。

 

【科学が実証】「合わない仕事」を続けるデメリットとは?

 

そこで、ここは1つ↓以下のイメージで「発想を180度 真逆に」するのがオススメ。

 

ビジネスマン①
ビジネスマン①

頑張っても作業についていけないなら、もしかしたら「会社が合っていない」「いまの仕事に向いてない」のどちらかかも…? あるいは「できない自分を追い込みすぎ」かもしれないぞ。。

 

断言できますが、、合わない環境で努力したところで、ぜったいに満足できる成果は上げられません。

 

たとえるなら、魚が空を飛ぶことに適していないように、わたしたち人間もまた「向いてない仕事」では本領 発揮できない。

 

その証拠に、組織 心理学の研究によると、会社・職務とのミスマッチを放置しがちな社員ほど、↓以下のデメリットを受ける傾向に。

 

・抑うつ感が悪化
・マイナス思考が悪化
・モチベーションが悪化
・人生への絶望感が悪化
・ストレス抵抗力がダウン
・業務パフォーマンスがダウン
・感情コントロール力がダウン
・他人のことを信じられなくなる…など

(参考 文献:『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、向いてない職場に居続けてしまうほど、メンタルが悪化し、仕事の成果も上げられなくなることに。。

 

…ここで1つ、冷静に考えてみてください。

 

現代は「寿命100年」とも言われる時代。

 

わたしたち20〜30代は、70、80才になってもなお、働きつづけることを “強制” される世代だと言われていますね。

 

…さぁ、想像してみましょう。

 

「仕事についていけなくて…」という苦しみに、このさき40年 以上も悩まされる “真っ暗な未来” を。

 

年下の若い部下たちにバカにされ、悲しみとともに職場で居場所を失くしていく “孤独な末路” を。

 

…そんな人生、ゼッタイに お断りだと思いませんか?

 

そこで、このさきでは「気付けば30代。仕事についていけなくて…」を解消すべく、科学的な「2つの改善策」を紹介

 

▶︎セルフ コンパッション
▶︎逃げの一手を確保

 

にゅー
にゅー

「仕事についていけなくて、働くのがツラい…」と苦しむときこそ、科学を味方に対策していきましょう!

 

【30代の苦悩】仕事についていけないのが、情けない…→科学的な2つの改善策で【完璧に克服】

 

さて、1つ目に紹介するのは『セルフ コンパッション』というテクニックについて。

 

直訳すると「じぶんへの思いやり」とか「みずからを受け入れるチカラ」といった意味ですね。

 

じつは、脳科学・心理学の研究によると、ありのままの自分に優しくできる人ほど、↓以下のメリットを受ける傾向に。

 

・自制心がアップ
・共感性がアップ
・抑うつ気分が減少
・衝動的な言動が減少
・モチベーションが改善
・ネガティブ思考が改善
・ストレス抵抗力が改善
・自己コントロール感が改善
・「成長に繋がる努力」ができるように
・自己 否定、自己 嫌悪にハマりにくくなる…など

(参考 文献:『insight(インサイト)ーいまの自分を正しく知り、仕事と人生を劇的に変える自己 認識の力』『残酷すぎる成功法則ー9割 間違える「その常識」を科学する』)

 

にゅー
にゅー

まとめると、自然体のじぶんを受け入れられる人のほうが、ストレス状態が改善し、メンタルが安定しやすくなるのですね!

 

逆に、自罰的に「業務についていけない自分は、ダメ人間で…」と責めがちな人ほど、かえって仕事・メンタルともに悪影響。

 

断言できます。

 

数多くの研究データがしめすように、激動の現代を生き残れるのは「自分に優しくできる人」。

 

自己 批判・自己 否定に陥ることなく「思いやりを向けられる人」こそが、さいごには勝つのだと。

 

くわしくは↓以下の記事で解説していますので、ぜひ ご参考くださいね。

 

 

【科学で改善】『逃げの一手』を確保すべし!

 

さて、さいごは『逃げの一手を確保』について解説です。

 

そして、ここから先が本番

 

あなただけに打ち明けますが、、「仕事についていけなくて…」を抜け出せない人の97〜99%には、1つの “共通点” が。。

 

それは、無料 支援サービスの活用という、 “具体的な回避ツール” を備えられていないこと。

 

いいかえると、いまの職場に留まることに囚われてしまい、ほかの解決策があることに目を向けられずにいる。

 

シンプルに、視野が狭まっているのですね。

 

…きびしい指摘で すみません。

しかし、事実です。

 

その証拠に、臨床 心理学の研究によると「強いストレス環境にある人ほど、問題 解決スキルが低下しやすい」のだそう。

 

専門的に『視野 狭窄(しや きょうさく)』と呼ばれる心理 傾向ですね。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

なので、キャリアに悩んでいるときほど、むしろ問題に対処できなくなるという「八方ふさがり」な状態に。。

 

反対に、べつの研究データによると「取れる選択肢が多いほど、問題 解決力がアップしやすくなる」のだそう。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

なので、あなたのキャリア選択を成功に導くには、まずなによりも打開策となる「逃げ道の確保」を最優先すべき。

 

その証拠に、年齢 問わず仕事のストレスを克服できるビジネス パーソンは みんな、じぶんだけの “退路” を備えているもの。

 

みんな口に出さないだけで、いつでも転職 or 退職できるような “脱出ツール” を準備しているものなのです。

 

その証拠に、生理 心理学の研究によると、↓以下のデータが確認されています。

 

回避できないストレス環境に置かれたマウス(実験 動物)ほど、↓以下のデメリットを受けやすいことが分かった」

 

▶︎メンタルの問題
・抑うつ感が悪化
・無気力感が悪化
・問題 解決力がダウン
・決断力、判断力が低下
・記憶力、思考力が低下
・ストレス抵抗力が低下…など

 

▶︎身体の問題
・免疫力がダウン
・細胞の老化が悪化
・短命になる傾向が悪化…など

(参考 文献:『ストレスに負けない脳 心と体を癒すしくみを探る』『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』『生理心理学 第2版 脳のはたらきから見た心の世界』)

 

にゅー
にゅー

かんたんいうと「もう、どこにも逃げ場がない…」と絶望するほど、メンタル・フィジカルともに悪影響が。。

 

専門的に『学習性 無力感(がくしゅうせい むりょくかん)』と呼ばれる心理 状態ですね。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

「仕事についていけない…このさきの将来、いったいどうすれば…」という不安や恐怖。

 

できるなら、すぐにでもストレスから解放されたい。

 

仕事の苦しみから逃れて、もっと気楽な日々を送りたい。

 

…そう思いませんか?

 

【0円で人生を変える!】転職サービスの活用法とは?

 

にゅー
にゅー

そこで、ここまで話を聞いてくれた あなたにだけ、特別 待遇で「科学データに基づいた “極意” 」を教授しちゃいます

 

わたし個人的にオススメなのは、無料の転職サービスに登録 “だけ” しておくというテクニックです。

 

じつは、臨床 心理学の研究によると「具体的な対処法を手にする “だけ” でも、ストレスに強くなる」のだとか。

(参考 文献:『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』)

 

たとえるなら、転職 支援サイト・エージェントを “メンタル安定剤” として活用するようなものでしょうか。

 

専門的には『コーピング レパートリー』と呼ばれ、認知行動療法という心理セラピーでも使われる手法の1つですね。
なので、効果は実証 済みですよ。

 

わたしが思うに、転職(退職)に踏み出せないのは、↓以下2つの「難点」があるからかと。

 

・良い転職先に出会えるかが不明瞭
・採用プロセスにコストがかかり過ぎる

 

そこで、一気に転職をすすめていくのでなく、まずは “小さな一歩” からスタートさせるのが、精神的な負担も最小限で吉。

 

とくに、大手の無料 転職サイトでは、↓以下のいずれもが0円で利用 可能なので、 “起死 回生の一手” になること確実

 

▶︎ブラック企業を除外した求人だけを紹介
▶︎書類 添削、相談サービスなどで迅速に対応
▶︎専門スタッフによる現実的なアドバイスあり
▶︎あなただけの “非” 公開求人を紹介してくれる
▶︎面接の日程 調整、労働 条件の交渉などを代行…など

 

ただ一方で「ゴリゴリ営業されそうで怖い…鬼メールで求人 紹介されるのもウザイし…」という懸念があるかもですね。

 

だいじょうぶ

まったく心配 無用

 

かりに、万が一にでもサービス内容に満足できなかったら、スマホを2〜3タップしてサクッと「利用 停止」でOKです。

 

わずか45秒で完了ですから、休憩の合間や通勤の車内でもチャチャッと済んじゃいますよ。

 

そして、登録プロセスは超イージー

 

本記事の終わりにリンクを貼っておきますので、アドレスや氏名などの必要 事項を入力する “だけ”

 

とってもシンプルですよね。

 

どうか、ご安心ください。

ぜったいに、あなたに「損」はさせません

 

そして、支援サービス8社 以上をテスト・検討した結果、、わたしの結論は “大手が最強”

 

…ここで1つ、考えてみてください。

 

↓以下の2つのいずれかを使うとき、どちらが「安心して利用できそうだな〜…」と感じるでしょうか?

 

▶︎実績もサービス内容も不明確な小会社
→求人数は数百〜数千 件くらいで極小
▶︎知名度、サービス満足度すべて保証された大手 企業
→ “非” 公開 求人を含め6万〜11万 件の求人数で超ボリューム

 

きっと、信頼性が保証された大手の会社のほうが、どこぞの知らん会社(ごめんなさい!)よりも安全に利用できるはず。

 

…そう思いませんか?

 

たとえるなら、大手サービスを利用することは、1,000名 以上もの専属アドバイザーを “味方” に付けるようなもの。

 

高度な教育を受けて試験をパスしたエージェントたちを、あなただけの ”頼れるサポーター“ として使い倒すのが吉ですよ。

 

とうぜんですが、、大手 無料サービスのメリットを体感できるのは、じっさいに登録を完了させた人 “だけ“

 

各種 支援サービスの信用+安定を実感できるのは、登録プロセスを終了させた “限られた人たちだけの特権” なのです。

 

ぜひ、ここまで話を聞いてくださった懸命な あなたには、大手サービスの信頼感+安心感を体験して欲しく思います

 

登録は たった3分でOKですから、カップ麺を沸かすのと同じくらい超イージー。

 

正直にいうと、以上のメリットをタダで受けられる “活路” を備えておかないなんて、、もったいなさ過ぎる

 

「大損」といっていレベルです。

 

にゅー
にゅー

「仕事についていけない…もう30代なのに…」と感じるいまこそ、科学データを参考に動いていきましょう!

 

【まとめ】仕事についていけない…→苦悩の30代を乗り切る対策とは?【あなた自身の選択しだい】

 

さて、今回は以上です。

 

ここまで話をきいてくれた あなたに、心から感謝を。

どうもありがとう。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「周囲の意見に合わせるデメリット」について。

 

研究 結果によると、周りの空気を読んでしまう「協調性の高い人」ほど、↓以下のデメリットを受けやすいのだそう。

 

・将来的な収入が低下
・昇進、昇給率が低下
・組織の重役になる確率が低下
・管理職、社長 職に就く確率が低下…など

(参考 文献:『パーソナリティーを科学する 特性5因子であなたがわかる』)

 

にゅー
にゅー

分かりやすくいうと、他人の顔色をうかがいがちな人のほうが、職業・経済的に失敗しやすく、将来の年収もダウンする傾向に。。

(参考 文献:『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』)

 

…さぁ、頭のなかでイメージしてみてください。

 

「もう30代なのに〜…」「社会人として〜…」といった他人の意見に振り回されるほど、あなたの将来の可能性が奪われる。

 

それでも、あなたは「世間の常識」や「社会のルール」などに従うのでしょうか?

 

それとも、キャリア選択で “明るい未来” を手に入れるべく、行動していきたいですか?

 

人生の決定権は、あなた自身の手にあります

 

このさきの未来を変えられるかどうかは、すべて今このときの『あなた自身の選択しだい』なのです。

 

だいじょうぶ。

 

きっと、ここまで私の話を聞くという「行動」を起こせた あなたなら、きっと人生を変えていけるはずですから。

 

にゅー
にゅー

わたしは、そう信じていますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました